シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レオン』〜その出会い

  作成日時 : 2007/02/06 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

初めまして、ケビンです。
ブログもネットに関する知識も(日本語も)まだまだですが
頑張っていきたいと思います

第一章ということで好きな映画の話から・・・
つまらな〜い話ですが、まあ長ーーーーーいお目々で見てやって下さい<(_ _)>

画像

それは1994年の話です。
その頃は年間約10回くらいのペースで映画館に足を運んでいました。
なんとなく「この映画観たいな」と思って同じ映画好きの友達M氏と
観に行ったのです。
観ている間にどんどんこの映画に惹きこまれていく感じになったのを
今でも覚えています。

そもそも何故「この映画観たいな」と思ったのか、それはさらに6年遡る
1988年の事でした。
同級生のH氏に誘われて朝早くに観に行った映画でした。
『グラン・ブルー』。正直この映画、最初観たとき(?_?)?難しすぎて
よくわからなかったのですが、ただ出演している俳優に魅力を感じて、
それから数年後に主演で同じ監督ということで観に行きたいという思いに至ったのです。

この映画を観て以来私自身の映画Life(大した事はありませんが(^^; )で
未だにBEST1の座を譲った事はありません!
今後、このblogを介して少しずつ『レオン』の魅力も紹介していきたいと思ってます。

画像

-Introduction-
レオン 完璧に仕事を遂行するニューヨーク一番の殺し屋。
あらゆる感情を排し、一日2パックの牛乳とトレーニングを欠かさず、自分と同じ様に
根を張る事のない鉢植えの観葉植物に水を与えることだけを唯一の楽しみとし、
”女と子供は殺らない”というルールを守り続ける男。
この寡黙な男の元に悪徳警官に家族を虐殺された12歳の少女マチルダが助けを
求めて逃げ込んでくる。復讐を誓う少女と、彼女を守ろうとするレオン。父娘のような
優しさといたわりが激情の愛に変わった時、二人の前には宿命の闘いが待ち受けていた…。

<CAST>
・Jean Reno(ジャン・レノ)
・Natalie Portman(ナタリー・ポートマン)
・Gary Oldman(ゲイリー・オールドマン)
・Danny Aiello(ダニー・アイエロ)
<DIRECTOR>
・Luc Besson(リュック・ベッソン)
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ニキータ』
『レオン』より以前に凶暴な純愛がここにあった! フランスで一大センセーションを巻き起こし、イギリスでは公開されるやいなや10日間で外国映画の興行記録を塗り替え、そしてアメリカでは待ちに待たれクリスマス公開となった。 ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2007/03/24 18:42
「レオン 完全版」ふたたび
いっとき、バイオレンス・ハードがハードゆえ、見られませんでしたが、久しぶりに観たら、やはり、良くて大いに感動。エンディングの、スティングが歌う『シェープ・オブ・マイ・ハート』なぞ、ほとんど反則です (;_;)そして、過去レビューを観たら、あまりにも言いたいことまんまで、( ̄Д ̄;) ガーンしかも「だけど、想像の余地がある、オリジナル版の方が好き」に、ヨロヨロ… となって、しまいました。だけど、偶然とは、いえ、ここまで駒が揃うこと… リュック・ベッソン監督がハリウッド・デビュー用として、公私共の友... ...続きを見る
のほほん便り
2014/07/24 15:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パッチです♪
マイブログおめでとうございます♪
そして最初の記事が「レオン」ですねっ♪
やっぱりケビンさんといえば「レオン」ですもんねっ♪

しかも私が最初の頃に書いた記事なんかと比べようにならないぐらいすばらしいです♪
私の最初の頃の記事なんてめちゃくちゃでしたよ…。
今ではかなり後悔しています(>_<)
なので時間があるときなどは、過去の記事を内容のある紹介をしようと編集したりしています♪

しかも今回の「レオン」の記事はまだまだ序章って感じですねっ♪
ケビンさんからしたら、いくら語っても語りきれないぐらいの作品だと思いますので、この先の「レオン」の紹介も楽しみにしていきたいと思います♪

お忙しいと思いますけど、ゆっくりがんばってくださいねっ(^^)
パッチ
URL
2007/02/14 14:28
バッチさんへ
早速のコメントありがとうございます。
正直あまりまめに更新できそうにないですが、ネタはいーっぱいあるので
徐々に増やしていきたいと思います(まぁーマイペースですから・・・^^;)

もちろん「レオン」ネタはまだまだ序章です。
これからどんどん書いていきます。

コンセプトしては作品に限らず、映画にまつわる色んなことを記事にしていきますので、その辺も良かったら見てください。

ケビン
2007/02/15 12:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『レオン』〜その出会い シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる