シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『幸せのちから』

<<   作成日時 : 2007/03/18 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

この話は実話です。サクセスストーリーです。
画像
こういうパターンは映画にすると結構面白くなくなりがちになります。
まず実話という観点から、なかなか脚色しにくいものになり、映画としての幅が決まってしまうという点。
また、ネタバレもしやすいところ!
サクセスストーリーだから、必ずハッピーエンドということ等々・・・


でもこの映画は、予告編を観たときから、「観たい!」と思いました。


で観た感想ですが、ウィル・スミスがなかなか良いですね。
医療機器を大量に買い込んでそれを売り歩くのですが、これが高いからなかなか売れない。しかもでかくて重そう・・・・
でもこの重い機械を持って、ウィルが何度も走る走る・・・これにはすごい!見てるだけで腰が抜けそう(笑

この映画には実の息子も出演。実の親子だから息もぴったりですね。
家賃の支払いもままならいくらいの貧乏だけど、彼の明るさだけが唯一の救い。
そしてサクセスストーリーの第一段階が始まる。証券会社の面接そして養成コースを受けるんだけど、なんと半年間無給!しかも20名中正社員採用は一人。
ぎょえー、なんかつらいですね!家賃も払うのも必死なのに半年も無給で受かるかどうかもわからないなんて絶対無理(≧∞≦)
そう思いませんか?まあ絶対の自信がおありなら、いいんですが・・・

時代背景がちょうどルービック・キューブが出始めた頃。
日本ではまあ景気のいい頃合ですね!
そんな時代に奥さんに愛想つかされ、アパートは追い出され、財産は21ドルとなかなか売れない医療機器だけ。それを盗まれたり、落としたりともう散々な目にあって、
おまけに引っ越した仮住まいのモーテルもおん出されてホームレスに・・・
まあどこまで貧乏になるのかな〜と思うんだけど、意外となんか惨めさが伝わってこない部分も〜役者が良すぎるのか?妙に明るいキャラが・・・

画像
見所は父子愛!息子だけは手放したくないという信念が、彼をここまで支えているのかな〜と思わせる。これこそ「幸せのちから」なんでしょうか!?
走っている姿を見ていると思わず「がんばれ!がんばれ!」とい云ってしまうような映画です。随分ネタバレしてしまったかも知れませんが、一度は観てみては。










-Introduction-
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。
幸運の女神に見離され、すべてを失いかけたクリス・ガードナーが唯一断固として手離す事を拒んだのは、愛する一人息子だった。これはサンフランシスコの片隅でホームレス暮らしにまで追い詰められた父子が、どんな困難や逆境にもめげることなく、しっかり心を寄せ合い、夢と真の幸せをつかもうと全力疾走する姿を描く、愛と希望に満ちた真実の物語である。

どん底の状況から脱するために父が選んだ最後の道−−−−
父は数字に強い。数学の教科書の問題はたった1週間でクリア。その才能を信じて一流証券会社へ入社することを誓う。
しかし、6ヶ月無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。こうして父と僕の奮闘の日々が始まった。
朝は託児所に僕を預け、昼は顧客を獲得する研修タイム、夕方には教会に並んで無料ベッドを確保、運悪く出遅れれば駅のベンチが今夜のベッド。
それでも父には知力・体力・精神力のすべてを使って6ヶ月間戦い続けた。
そして遂に、未来を決める日がやってきた・・・・。




<CAST>
・Will Smith(ウィル・スミス)
画像 友人のジェフ・タウンズと共にDJジャージー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
 としてデビュー。
 2度のグラミー賞など多くの賞を受賞。アカデミー賞及びゴールデン・グローブ賞の
 主演男優賞にノミネートされるなど、演技力も高く評価されている。
 『バッドボーイズ』『インデペンデンス・デイ』『メン・イン・ブラック』『エネミー・オブ・アメリカ』
 『ワイルド・ワイルド・ウエスト』『アイ,ロボット』『最後の恋のはじめ方』『アイ・アム・レジェンド』
 『ハンコック』『7つの贈り物』など
 1968年アメリカ生まれ。
・Thandie Newton(タンディ・ニュートン)
画像 母親はジンバブエのショーナ族の王女で、父親は英国人アーティスト。
 『ニコール・キッドマンの恋愛天国』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『愛されし者』
 『MI:2』『クラッシュ』など
 1972年ザンビア生まれ。
・Jaden Christopher Syre Smith(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)
画像 ウィル・スミスと女優ジェイダ・ビンケット・スミスの間に生まれる。
 03年TVシリーズ「All of Us」準レギュラー出演し、俳優デビュー。
 本作が初の映画出演作となる。。

<DIRECTOR>
・Gabriele Muccino(ガブリエレ・ムッチーノ)
画像 監督第5作目の本作が初の英語作品。
 01年に監督した『L' Ultimo bacio』では、イタリアのアカデミー賞であるデヴィッド・
 ディ・ドナテッロ賞10部門にノミネートされ、監督賞を含め5部門で受賞を果たす。
 『Ricordati di me』(英題)『Remember Me,My Love』『ラストキス』
 『7つの贈り物』など
 1967年・伊・ローマ生まれ。





『幸せのちから』(公式サイト)幸せのちからオフィシャルサイト


<ASIN:B000MGBS4O>幸せのちから (出演 ウィル・スミス)</ASIN>



幸せのちから コレクターズ・エディション/ウィル・スミス
IKEYA
発売日:2007.7/25全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた大ヒット感動作!! 全

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸せのちから
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック〜【story】サンフランシスコで医療機器のセールスマンをしていたクリス・ガードナー(ウイル・スミス)は、努力家で知能指数が高い上に、誰からも好かれる性格だった。だが不景気の為に収入が減り、税金や家賃が払えなくなってしまう。そしてついに家を追い出され、妻(タンディ・ニ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/03/26 00:29
幸せのちから
子連れホームレスから、億万長者へ。全米が泣いた奇跡の実話!の原作本「幸せのちから」のほんの一部分を映画化。 ...続きを見る
映画や本を淡々と語る
2007/04/12 19:13
幸せのちからを観たよ(^^♪
原題:the PURSUIT of HAPPYNESS 製作年度: 2006年 キャスト: ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ、ジェームズ・カレン ...続きを見る
ほのぼのブログ
2008/05/04 16:11
「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness)
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米国を舞台に、父子愛のドラマとして描いており、実のウイル・スミス親子が主演した。父子を描いた作品では、イタリアン・ネオ・レアリスモの傑作「自転車泥棒」(1948年、ヴィットリオ・デ・シーカ監督)が有名だが、本作はこれに匹敵するくらいの名作映画に仕... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/04/04 22:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
パッチです♪

この映画観られたんですねっ♪
まだ観ていないんですけど、きっと感動するすばらしい作品なんだろうなぁって思ってましたっ♪
そして実話ということで、より感情移入しやすいかもしれませんねっ♪
ウィル・スミスは息子との共演ということで自然な演技はできたみたいですねっ♪
もちろんサクセス・ストーリーということでハッピーエンドというのは予想は付きますけど、タイトルである「幸せのちから」というものを感じてみたいです♪
ぜひ観たいです(^^)
パッチ
URL
2007/03/20 16:02
【パッチさんへ】

はい、観てきました。
予告編を観てからずっとチェックしてました。
本来はノンフィクションて聞くと避けてしまうのですが、
これはなんとなく良さげやなぁー、ウィル・スミスやし期待できそうと思い観に行ってきました。
もちろん観る前から少しネタバレ気味だったので大きな期待はせず、でも
小さな期待しつつ観てましたね。
キーワードはやはり父子愛!
子供だけは手離したくないという思いがヒシヒシと伝わる映画でした。
あと全体的に印象的だったのが、ウィルの走る姿!
もうすごい走ってます。「太陽にほえろ!」ばりです(わかる人にだけわかるくらい^^;)
パッチさんもまた観たら感想を教えてくださいね。
ケビン
2007/03/20 21:40
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
これからもヨロシクお願い致します。
この映画は、ウイル・スミス親子が好演していましたね。
実生活でも、仲の良い親子なんだろうなぁ〜と想像しちゃいました。
肝心な内容ですが、クリスさんの頑張りには頭が下がりましたが、私は彼が『お金持ちに憧れた人』に見えて、ちょっとシックリきませんでした。
それから、父親のいなかった寂しさを知っていたクリスさんなら、母親のいない寂しさも分かって欲しかったと思います。
あそこまでドン底になる前に、何か手を打てたかも。。。とも感じました。
何だか文句が多くなりましたが、クリスさんは、成功後にボランティアをされているそうなので、そういう人で良かった。。。とも思っています。
またお邪魔させて下さいね♪
由香
URL
2007/03/26 00:41
【由香さんへ】
コメントありがとうございます。
そうですね、クリスが『お金持ちに憧れた人』に見えてしまったら
しっくりこないかも知れませんが、男なら上を目指したいとか稼ぎたいとかあると思いますね。
ただ「金持ちになりたい」と思う人なら、ギャンブルに走るとかそれこそ
犯罪に手を染める様なことをすると思いますよ。
クリスは高級車を乗ってる人を見て、こんな暮らしをしてみたいと思ったかも知れませんが、無給で6ヶ月も研修をと聞いて一度はあきらめかけもしたし、やはりそれは一人じゃないし家族あってのことを思ってだと思いますよ。
まあ実際の話と映画では多少ずれもあるかもしれないし、本当のクリスとリンダがどう思ってたかなんては、映画でしか知らない私達にはわからないですからね・・・

由香さん、また遊びに来て下さい、TB歓迎しますので、あんまり更新が遅いかも知れませんけど(笑
またそちらにもお伺いしますね。
ケビン
2007/03/26 13:18
おもしろそいうですが 給料がないのは お金もないのに 恐ろしい賭けですね
映画の世界ですよね。お金があっても そういう会社 考え物ですよね。
ストーリー展開の仕方は 感動作のようですね。
21ドルというと 1ドル100円として2100円 無理な展開すぎると思います。
風俗とか 行くのかなぁ。ジャニーズ寮なら どうかなぁ?
どう耐える映画なのか 見たいですね。
映画同好会(名前検討中
村石太マン
2011/04/01 14:07
【村石太マンさんへ】
こんばんは、村石太マンさん。
コメントありがとうございます。

確かに恐ろしい賭けですね!
実際自分には出ないことだと思います。

>映画の世界ですよね。
これは実話を元にした映画なので、実際にあった話なんですよ。
ただ時代は今からかなり前の時代、たぶん日本でも今よりもかなり景気が良かった時代だと思います。

2100円で風俗はいかがなものかと?まずは食べることでしょうね。
どう耐えるというよりも、どう乗り越えるのか、という映画だと思います。
捉え方は人それぞれ意見の分かれるのではないでしょうか?
ケビン
2011/04/10 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『幸せのちから』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる