シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』

<<   作成日時 : 2007/10/27 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

画像 「スパイダーマン」より長い歴史を誇り、「X-MEN」よりも早く集団ヒーローの歴史に名を刻んだマーベル・コミックスの最高峰「ファンタスティック・フォー」。2005年、待ち望まれていたその映画版『ファンタスティック・フォー[超能カユニット]』は原作のファンを熱狂させるのみならず、コミックに馴染みのない観客をも魅了してファン層を拡大した。そして2007年、ファンタスティックな4人組が帰ってきた。自在に体を変型させる天才的科学者“Mr.ファンタスティックことリード・リチャーズ、体を透明化し防護シールドを張ることも可能な美女“インビジブル・ウーマン”ことスーザン(スー)・ストーム、その弟で火の玉のごとく空を飛ぶ“ヒューマン・トーチことジョニー・ストーム、岩石のようなボディに強大なパワーを秘めだザ・シング”ことベン・グリム。宇宙放射線を全身に浴びたことで超人と化した、彼ら4人=ファンタスティック・フォーは、同じく宇宙放射線によって超人化した、かつての研究仲間“Dr.ドゥーム”ことビクター・バン・ドウームの野望を打ち砕き、ニューヨークの英雄となった。そんな彼らの新たな活躍を描く第2章、それが『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』だ。

画像 強い仲間意識で結ばれ、チームワークを武器にして困難に立ち向かうファンタスティック・フォー。長きにわたって愛され続けている理由でもある、そんな陽性の魅力もそのままに、今回は本拠地ニューヨークを舞台にした前作から一転、日本、ロンドン、ドイツ、上海と舞台を変えるワールドワイドな展開。もはや危機は一都市のレベルに止まらず、地球的な規模で進行しているのだ。これに立ち向かうファンタスティック・フォーの活躍もスケールアップ。それぞれの特殊能力を操ることに器用になった彼らは抜群のチームワークを披露しながら、それぞれの能力を遺憾なく発揮。リードとスーの結婚、独身貴族を満喫するものの孤独を味わうジョニー、ロマンスに支えられて勇敢に立ち向かうペン。彼らの膨らみを増した人間ドラマも見どころといえるだろう。しかし、何より注目すべきはマーベル・コミック・ワールドの中でも一、二を争う人気キャラクター、“シルバーサーファー”の登場だ。サーフィンのごとく弾丸の波を乗りこなしてかわし、大空を切るように疾走して、未知のパワーを発揮する謎の男。クールでハードボイルドな雰囲気を漂わせた、このCGIによる新キャラクターは、多くの観客を魅了するに違いない・・・・・

Impressions...
前作は観てませんが、『スパイダーマン』と同じマーベル・コミックスということでそれなりの期待と、予告を観る限りの”新キャラ”にも注目したい映画だと思い観にいって来ました。「銀河の危機」ということでいきなりその予兆をあらわす物体が地球に飛来してこれからどうなるんだろうという期待でワクワクして観てました。もちろんこの飛来した物体というのは新キャラの”シルバーサーファー”です。シルバーサーファーってまた安直なネーミングでアメリカ的発想といえばそれまでですが、でも単純でわかりやすいのは私にとっては非常に観やすいのでOKです。そのシルバーサーファー、見るからに強そうな感じでこの難敵と「ファンタスティック・フォー」の面々がどんな戦いを繰り広げるのか楽しみ楽しみ・・・ってなんかあっさり決着がついちゃうの?そしてクライマックスもあっという間という感じでもう終わりですか?えっ?まだ1時間半くらいしか経っていないんですが、早くないっすか?
原作ありきなんである程度のストーリーは固まっているのでしょうが、なんか全体的にこじんまりとまとまった感がありました。「スパイダーマン」を観ているからでしょうか?ヒーローとしての苦悩や葛藤、また精神的な弱さや成長をうまく表現したスパイダーマンと4人のそれぞれ個性的なキャラクターを揃え、さらに個々の特殊な能力とチームワークをいかして活躍していくファンタスティック・フォーを比べてみてると愛されるヒーローはスパイダーマンの方なんでしょうか?同じ超能力といえば”X−MEN”のほうが多彩な感じもありますし、何かがやはり足りないような気がします。ヒロインでみてとるとキルスティン・ダンストジェシカ・アルバではジェシカ・アルバの完封勝ち(すみません個人的な意見なんで・・)ですが、メリー・ジェーンとスーだとメリー・ジェーンの方が魅力的なキャラだと思えます。
ふと思ったのですが、4人のヒーローものといえば日本でも4人や5人、あるいはそれ以上の人数でチームを組むヒーローたくさんいますよね!ストーリーも子供向けではあるものの内容がしっかりしたものを作るのは日本人のほうがお得意なのでは・・・!?日本人監督版『ファンタスティック・フォー』、なんてのはいかがでしょうか(笑;
Story...
画像 広大な宇宙にある一つの星を破壊した強大なエネルギーが、彗星のような閃光となって地球へ飛来した。それは日本の駿河湾を凍結させ、エジプトには雪を降らせ、ロサンゼルスで大停電を引き起こした・・・。
そんな怪現象以上に全米のメディアを賑わせているのが、今や国中の有名人となった”ファンタスティック・フォー”のメンバー、リード(ヨアン・グリフィズ)とスー(ジェシカ・アルバ)の結婚のニュース。

画像リードは科学者として、世界で起こっている謎の現象に興味を惹かれながらも、挙式を楽しみにしているスーの手前探究心を抑えており、ヘイガー将軍(アンドレ・ブラウアー)からの調査の依頼も断る。チームの他の2人、岩石のような体を持つ怪力男ペン(マイケル・チクリス)は目の不自由な恋人アリシア(ケリー・ワシントン)とのロマンスを楽しみ、スーの弟ジョニー(クリス・エヴァンス)は相変わらずセレブ生活を楽しんでいた。

画像 しかし挙式の日、ニューヨークにも異変が起こる。突然の突風が起こり、あの閃光が空を駆け抜ける。これによって式場の上空を飛んでいたヘリコプターが墜落して式は中断。ジョニーは火の玉となって閃光を追い、その姿をはっきりと目撃する。

銀色のボードを操る未知の生命体−シルバーサーファー(声:口ーレンス・フィッシュバーン)と名づけた、この生命体にリードは強い興味を示す。その頃、ジョニーはチェイス時にシルバーサーファーに触れて以来、体に異変をきたしていた。それは、彼がチームの他の人間に触れると互いの特殊能力が入れ替わるという、不思議な事象となって現れる。

画像 ヘイガー将軍の要請を受け、シルバーサーファーの研究を続けるリードは、恐ろしい事実に気づく。シルバーサーファーが訪れた星は8日以内に、すべて滅びているのだ。急がないと大変なことになる。シルバーサーファーの次なる出現場所を経緯度の法則性から見抜いた4人はロンドンヘ飛んだ。しかしチームワークの乱れから、彼らはシルバーサーファーを逃してしまう。業を煮やしたヘイガー将軍は、驚くべき人物を助っ人として連れてくる。それは、かつてファンタスティック・フォーに捕らえられたはずの宿敵ビクター(ジュリアン・マクマホン)。彼はグリーンランドでシルバーサーファ−に接触を試みていたのだ。かつては優秀な科学者でもあったビクターと、4人は渋々手を組むことになる。

 研究の末に捕獲装置が完成し、彼らは、シルバーサーファーの次の出現予想地であるドイツヘ飛んだ。そして、シルバーサーファーとボードを切離すことで見事捕獲に成功。しかしビクターはその時、隠していた本性をあらわにする。地球滅亡のタイムリミットは残りわずか。シルバーサファーの秘密とは!?彼を背後で動かす未知の存在”ギャラクタス”の目的とは?地球の運命を背負い、ファンタスティック・フォーの命を懸けた戦いが今始まる!
画像

◆SILVER SURFER
画像1966年「ファンタスティック・フォー」第48号にギャラクタスとともに初登場。ギャラクタスの使いであったシルバーサーファーは、人の心に触れ地球とその人類のために主人を裏切る。ファンタスティック・フォーの活躍でギャラクタスを追い払うことに成功するが、シルバーサーファーは裏切りの代償として地球に閉じ込められ、二度と宇宙へと戻ることができなくなる。
その後もシルバーサーファーは何度もコミックに登場することになるが、映画でもすでに何度も登場している。

  • 1983年−リチャード・ギア主演の『ブレスレス』で主人公がリスペクトしているヒーローが「シルバーサーファー」だった。
  • 1991年−タランティーノ監督の『レザボアドッグス』では、登場人物の部屋にシルバーサーファーのポスターが貼ってある。
  • 1995年−潜水艦映画『クリムゾン・タイド』で、副艦長のデンゼル・ワシントンが部下と  「シルバーサーファー」について議論を交わすシーンがある。
  • ニコラス・ケイジ出演の『ゴーストライダー』。これもマーベルコミック原作映画だが、ゴーストライダーの宿敵メフィストはもともとシルバーサーファーのコミックでデビューし、シルバーサーファーの敵役として登場している。








画像・Ioan Gruffudd(ヨアン・グリフィズ)

14歳の時にTVシリーズに出演し、18歳の時にロンドンのロイヤル演劇美術アカデミーに入学して演劇を学び、卒業後イギリスのTVや映画で活躍。97年『オスカー・ワイルド』で映画デビュー。98年から始まったTVシリーズ「ホーンブロワー 海の勇者」で有名になる。現在も英米を股にかけて活躍を続け、演技派アクターとしての評価を高めている。
『オスカー・ワイルド』『タイタニック』『102』『ブラックホーク・ダウン』『ギャザリング』『キング・アーサー』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『アメージング・ゲレース』『ファイアーフライズ・イン・ザ・ガーデン』など
1973年・英・ウェールズ・カーディフ生まれ
画像・Jessica Alba(ジェシカ・アルバ)

父親からはネイティブ・アメリカンの、母親からはオランダやイギリス等のヨーロッパ系のルーツを受け継ぐ。3歳から子役を始め、12歳の頃からプロの女優に憧れ、LAの演技コーチの下で勉強をスタート、俳優ウィリアム・H・メイシーが創設したアトランティック・シアター・カンパニーで演技を学ぶ。『ビバリーヒルズ青春白書』等のTVドラマへの端役出演を経て、00年から始まったジェームズ・キャメロン制作のTVシリーズ『ダーク・エンジェル』でヒロインを務め、一躍人気者となる。
『25年目のキス』『スリーピング・ディクショナリー』『ダンス・レボリューション』『イントゥ・ザ・ブルー』『シン・シティ』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『アウェイク』『グッドラック・チャック』『アイ』『テン』など
1981年・米・カリフォルニア生まれ
画像・Chris Evans(クリス・エヴァンス)

歯科医とダンス教師の息子として、ボストン近郊で育つ。高校生の夏休み、役者になると心に決めてNYに赴き、演劇を学びつつ芸能プロに売り込みを繰り返す。高校卒業後、00年「ボストン・パブリック」等のTVや映画での端役出演を経て、”明日のスーパースター賞”に選ばれるなど脚光を浴びるようになる。
『ペーパー・ボーイ』『セルラー』『オーファン・キング』『フィアース・ピープル』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『サンシャイン2057』『ナニー・ダイアリーズ』など
1981年・米・マサチューセッツ州生まれ
画像・Michael Chiklis(マイケル・チクリス)

ボストン演劇大学に学び、卒業後すぐに89年『ベルーシ/ブルースの夜』のオーディションを受け、ジョン・ベルーシ役を射止めた。その後は主にTVの分野で活動し、『マイアミ・バイス』『L.A.ロー 七人の弁護士』『TVキャスター マーフィー・ブラウン』『となりのサインフェルド』やアニメ『ファミリー・ガイ』の声など、数多くのドラマにゲスト出演している。また、宮崎駿作品のアニメ『千と千尋の神隠し』の英語版で千尋の父の声を担当した。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞など数々の賞に輝いている。
『ソルジャー』『小さな目撃者』『ボディ&ソウル/栄光のリング』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『ブラッド』など
1963年・米・マサチューセッツ州生まれ
画像・Julian McMahon(ジュリアン・マクマホン)

オーストラリアの舞台やTVシリーズに出演した後、92年「Another World」で米国のTVドラマに進出した。その後はフランシス・F・コッポラ制作指揮の「Another Day」等のTVドラマに出演した。出世作は03年に開始された「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」で、この第2シーズンの演技によってゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞のノミネートされた。
『青い目撃者』『REM レム』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『Premonition』など
1968年・豪・シドニー生まれ
画像・Laurence Fishburne(ローレンス・フィッシュバーン)

12歳よりソープ・オペラに出演し、オフ・ブロードウェイの舞台にも立つ。75年『コーンブレッド・アール・アンド・ミー』で映画デビュー。91年『ボーイズ’ン・ザ・フッド』で注目され、『TINA/ティナ』では93年度アカデミー賞主演男優賞候補に。
『ランブルフィッシュ』『コットンクラブ』『カラーパープル』『友よ、風に抱かれて』『レッドブル』『ディープ・カバー』『ボビー・フィッシャーを探して』『オセロ』『マトリックス』『マトリックス/リローデッド』『マトリックス/レボリューションズ』『ミスティック・リバー』『M:i:V』『ボビー』など
1961年・米・ジョージア州生まれ
【Director...】
画像・Tim Story(ティム・ストーリー)

12歳のときに8ミリを手にしたことから、カメラの後ろに立つ面白さに目立つ。その後、ラップ・グループの一員としてレコード・デビューが決まりかけていたが、メンバーが撃たれたことで挫折。USC映画学校に進んで映画制作の道を選ぶ。
『One of Us Tripped』『The Firing Squad』『バーバーショップ』『TAXY NY』『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』など
1970年・米・カリフォルニア州生まれ。


↓↓↓ランキングにご協力下さい↓↓↓
画像画像画像



ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <新生アルティメット・エディション>
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <新生アルティメット・エディション> [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファンタスティック・?★☆銀河の危機
   何とマーベル・コミックスの最高峰。 &nbsp; 「スパイダーマン」より長い歴史を誇り、「X−MEN」よりも早く集団ヒーローの歴史に名を刻み込んだという「ファンタスティック・?」。2005年、待ち望まれていたその映画版ファンタスティック・?「超能力ユニット」は原作のファンはもちろんの事、コミックに馴染みのない観客をも魅了したファンも増大したらしい。残念ながら、第一作目は未見ですが・・・・。 &nbsp; そして2007年、再びファンタスティック4人組は帰ってきました &nbsp... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2007/10/28 23:54
ファンタスティック・フォー/銀河の危機
少しくらい内容が薄かろうが何だろうが(限度はある・笑)アメコミ映画は大〜好き子どもを連れて字幕版を鑑賞―【story】宇宙線を浴びたことによる遺伝子の変化で、地上最強の超能力を持った《ファンタスティック・フォー》が活躍する第2弾―突如地球上空に現れた謎の銀色飛行物体!それは全身銀色に輝く宇宙からの使者〈シルバーサーファー〉であった。各地に異常現象を起こし、彼が現れた惑星は8日間で滅亡してしまうという。米国政府からのミッションを受けて、リード=伸縮自在の肉体を持つ天才科学者(ヨアン・グリフィズ)、... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/11/18 13:38
ファンタスティック・フォー/銀河の危機:映画
今回紹介する映画は、「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」です。 ファンタスティック・フォー/銀河の危機:ストーリー突如、地球上空に現れた謎の銀色飛行物体! それは、全身銀色に輝く宇宙からの使者であった。各地に異常現象を起こし、彼が現れた惑星は8日間で滅亡してしまうという。彼の本当の目的はいったい何なのか?米国政府からのミッションを受けて、リード、スー、ジョニー、ベンの4人メンバーからなるファンタスティック・フォーは、この謎の解明、そして地球最大の危機から人類を救うために、今立ち上がっ... ...続きを見る
ジフルブログは映画・音楽・札幌のグルメ紹...
2008/01/30 00:43
ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (4: Rise of the Silver Surfer)
監督 ティム・ストーリー 主演 ヨアン・グリフィズ 2007年 アメリカ映画 92分 アクション 採点★★ ギターが上手いとか、それこそペン回しが出来るとか、なんかしら特技がある人ってのは羨ましいですよねぇ。場を盛り上げられますし。私なんて、薬指を曲げないで小指を曲げ.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2008/02/17 00:54
【映画】ファンタスティック・フォー/銀河の危機…ヨアンは端っこが好きなのだね
ブログの記事を書いていて一番苦しくて辛いのは映画記事のサブタイトルを書くときなピロEKです{/face_ase2/} 面白くなくても思い切って書きます。躊躇うと負けです。 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/03/17 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ケビンさん
コメント&TBありがとうございました!
スーパーマンとも関係ありですか。
繋がりはさまざまなところにあるのですね。
1960年代のコミックとは思えない
斬新さを感じます。他のヒーローものも
そうですが・・・・。また宜しくです(^_-)-☆
mezzotint
URL
2007/10/29 00:04
【mezzotintさんへ】

こんばんは、mezzotintさん。
コメント&TBありがとうございます。

そうなんです。スーパーマンの故郷クリプトン星を破壊したのが、実はシルバーサーファーを操っていたギャラクタスだという話です(笑;

日本のコミックではあまりコラボしているコミックってききませんが、まあ知っている話で言うと松本零士の「銀河鉄道999」と「宇宙海賊キャプテンハーロック」のコラボとか実は「宇宙戦艦ヤマト」の古代進とキャプテンハーロックが同一人物であるとか・・・なんてのはありますが(笑;

こちらこそ、今後とも宜しくです(^^)v
ケビン
2007/10/30 00:22
私のブログにコメントありがとう ございました。
非常に詳しくいろんなことをご存知で
ただただ感心しています。
シルバーの声が ローレンス・フィッシュバーン
だったのですね!前に 俳優との相性を占うサイトで
彼とピッタリという結果になったんですよ。
映画ファン
2007/11/08 10:21
【映画ファンさんへ】

こんばんは、映画ファンさん、コメントありがとうございます。
感心頂いて光栄です。
ローレンス・フィッシュバーンと相性がいいだなんて、もしかして黒いコートと黒いグラサンが似合うのでは・・・(笑;
ちなみにシルバー・サーファーを演じている人と『パンズ・ラビリンス』のパンとペイルマンはすべてダグ・ジョーンズです。
3者3様で多彩な役を演じているのですごいですね。
ケビン
2007/11/09 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる