シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『テラビシアにかける橋』

<<   作成日時 : 2008/02/19 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 10

画像『ナルニア国物語』のスタッフが再び集結し、児童文学の最高傑作を完全映画化!
『テラビシアにかける橋』は、子どもたちが抱える葛藤や喜び、かけがえのない友情、想像力のすはらしさと勇気、そして生命の尊さを謳った、心を揺さぶる真の珠玉作だ。原作は、「子どもの本のノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞など数々の賞を受賞したキャサリン・パターソンによる、児童文字の金字塔「テラビシアにかける橋」(偕成社刊)。作者が息子に降りかかった悲劇的な出来事にインスピレーションを受け、書いた作品だ。出版以来、30年にわたり「親が子どもに必ず読ませたい本」として世界中で愛読されてきたこの名作を、『ナルニア国物語』(05)のウォルデン・メディアがついに完全映画化。ディズニーの配給で公開されたアメリカでは作品のクオリティが幅広い世代に支持され、2月公開作の記録(2007年2月時点)を塗替えるヒットとなった。


ようやく観に行けました、『テラビシアにかける橋』ですが、最初に感想をいうとなかなか良かった映画でした。
大好きなファンタジー系の映画といってもこれは空想のファンタジーです。現実世界と空想の世界が交差する、そう物語の主人公が現実の世界とは別に空想上の世界を作り出し、現実世界と空想世界が交互に織り成す物語。昨年観た映画『パンズ・ラビリンス』も空想系ファンタジーでしたが、こちらはダーク・ファンタジーで今回の『テラビシアにかける橋』とはどちらかというと真逆のイメージでした。『パンズ・ラビリンス』の主役を演じるイバナ・バケロも名子役を匂わす演技でしたが、今回の主役を演じるふたりジョシュ・ハッチャーソンアナソフィア・ロブも実にいい演技をしていました。特に今後の活躍も期待大なのが>『チャーリーとチョコレート工場』>『リーピング』で熱演したアナソフィア・ロブ。本作でも若干12歳にして光る演技を魅せてくれます。今後の活躍でも公開間近の『ジャンパー』やモーガン・フリーマンやアンソニー・ホプキンスといったベテランとの共演予定もあるそうなので楽しみです。

さてさて物語の方ですが、家ではのけ者扱い、学校ではいじめられっ子なジェスと転校生のちょっと風変わりな女の子レスリーのお互いが心惹かれ、心温まる友情物語にふたりだけの想い描く空想世界「テラビシア」でのファンタジーを加えた一粒で二度美味しいようなお話。
ジェスの通う学校にはいじめっ子や厳しい先生や憧れの先生などといった学園ドラマにはありがちな面々たちが出てきます。そしてそこに現れる転校生レスリー。風変わりだけど屈託のない笑顔が魅力なレスリーに次第に心を開いていくジェス。ちょっと『小さな恋のメロディ』『リトル・ロマンス』のような淡い初恋物語みたいな(ちょっと古いですか(爆;))。
ファンタジーの世界は巨人やいろんな変わった生き物、風景やお城などなど夢があるような世界です。テラビシアとはそのファンタジーの世界の国の名前です。
でもクライマックスにあんな結末が待っていようとは思いもしませんでした。久々に目がウルウルくる映画でした。タイトルの『テラビシアにかける橋』なんですがラストにはその題名の意味することがわかった時、なるほどと思いました。

Story...

空想の王国(テレビシア)で、僕たちはかけがえのない時間を過ごした

画像 田舎町の貧しい家庭で育った小学5年生の少年、ジェス・アーロンズ(ジョシュ・ハッチャーソン)にとって、人生は厳しいものだった。女ばかりのきょうだいの中で、両親からは顧みられない。ボロボロになったスニーカーも新しく買ってもらえず、姉のお下がりを履かされるありさまだ。学校でもイジメられ、彼はどこにも居場所を見出せない。自分を慕ってちょこまかついてくる幼い妹、メイベル・アーロンズ(ベイリー・マディソン)さえ、うっとうしいと感じてしまう。唯一のなぐさめは、奇妙な生き物を空想し、それをスケッチブックに描くことだけだった。

 ある日、校内の短距離走レースでトップをねらっていたジェスは、思わぬライバルの出現で負けを喫してしまう。1等賞を奪ったのは、風変わりな転校生の女の子、レスリー・バーク(アナソフィア・ロブ)。裕福な芸術家夫妻のひとり娘であるレスリーは、ジェスの家の隣に引っ越してきたばかりだ。なけなしのプライドを傷つけられ、第一印象は最悪だった。しかし、田舎町では浮いて見える個性的なファッションに身を包み、誰に対しても偏見を持たず、自由な発想をするレスリーに、ジェスは次第に心を許していく。

画像やがてふたりは古いロープにぶら下がり、小川を越えた森の中に、素敵なツリー・ハウスを発見。その時、レスリーがジェスに言った。「目を閉じて、心の目は大きく開いて」。レスリーの導きで、ふたりはそこに、美しい空想上の王国「テラビシア」を創り上げていく。不思議な生き物とお城、美しい自然に囲まれた秘密の王国で不安を乗り越え、やがてふたりは王と女王として君臨するようになる。


画像「テラビシア」での冒険を通して、友情を育むジェスとレスリー。この冒険は灰色だったジェスの人生を虹色に彩り、彼を生き生きとした少年に変えていく。密かに憧れていた音楽教師のエトマンズ先生(ズーイー・デシャネル)も、ジェスの芸術的才能に気づいて目をかけるようになっていた。しかし、そんなある日、突然の悲劇がジェスとレスリーを襲う……。















【CAST...】
画像・Josh Hutcherson(ジョシュ・ハッチャーソン)
1992年・米・ケンタッキー州生まれ
10歳の時に子役デビューし、TV「ER 緊急救命室」(02)、「ワイルダー・デイズ」(03)などに出演した後、『アメリカン・スプレンダー』(03)で映画デビュー。
ジェス・アーロンズ役
足の速さだけが自慢のいじめられっ子。「パパもママもわかってくれない」と思いこみ、自分の空想をスケッチブックに描くことで心を満たしているが、レスリーと出会い、男らしい強さと自信を身につけていく。
『小さな恋のものがたり』『ザスーラ』『RV』『ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険』『Winged Creatures』『Journey 3−D』など
画像・Annasophia Robb(アナソフィア・ロブ)
1993年・米・コロラド州生まれ
8歳の時にラジオや地元TVへの出演を果たし、9歳で本格的に女優を目指してロサンゼルスへ。CMモデルやTV作品を経て、ミア・ファロー共演のTV映画「アメリカン・ガール サマンサの休日」(04)で主演デビュー。
レスリー・バーク役
あふれる冒険心と、動物や下級生に対する深い思いやりがある女の子。曲がったことが大嫌いで、いじめに遭ってもひるまないタフな一面を持ち、逆にいじめっ子たちの良いところをきちんと見つめようとするフェアな心の持ち主。
『きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏』『チャーリーとチョコレート工場』『リーピング』『Have Dreams,Will Travel』『Doubting Thomas』『Sleepwalking』『ジャンパー』『Picasso』『The White Giraffe』など
画像・Robert Patrick(ロバート・パトリック)
1959年・米・ジョージア州生まれ
5人兄弟の長男として生まれる。大学時代はフットボール選手として活躍するが、演劇の授業がきっかけで俳優志望に。84年ロジャー・コーマンのキャスティング・ディレクターに見出されてB級映画に出演。
ジャック・アーロンズ(ジェスの父)役
工具店で働く一方、家計を助けるため野菜を育ててる。「夢を見てるな!」とジェスを叱るが、唯一の息子にはもっとしっかりしてほしいと心の中で思っている。
『ダイ・ハード2』『ターミネーター2』『ボディ・ランゲージ』『コップランド』『パラサイト』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』『父親たちの星条旗』など
画像・Zooey Deschanel(ズーイー・デシャネル)
1980年・米・カリフォルニア州生まれ
父親は撮影監督のキャレブ・デシャネル。母のメアリー・ジョー、姉のエミリーも女優。名前はサリンジャーの小説「フラニーとゾーイー」から。2歳で女優になると決意、16歳の時に北ハリウッドの劇場でミュージカル「Into the Woods」の赤ずきん役を演じてキャリアをスタート。
エドマンズ先生役
ジェスが密かに憧れている美人の先生。生徒たちに人気があり、ギターと歌が上手で楽しい授業をする。
『マムフォード先生』『あの頃ペニー・レインと』『グッド・ガール』『ケイティ』『ニュー・ガイ』『ビッグ・トラブル』『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』『銀河ヒッチハイク・ガイド』『恋するレシピ〜理想のオトコの作り方〜』『サーフズ・アップ』『ジェシー・ジェームスの暗殺』『The Happening』『Gospel According to Janis』など
画像・Bailee Madison(ベイリー・マディソン)
1999年・米・フロリダ州生まれ
生後2週間でオフィス・デポのCMに出演し、初めて役がついた『ロンリー・ハート』(06)でサルマ・ハエックやジョン・トラヴォルタらと共演。以来、天性の魅力と鋭い知性、明るい性格で、会う人みんなに忘れられない印象与えている。
メイベル・アーロンズ(妹)役
バービー人形が大好きな女の子。パパの手伝いをよくする働き者で、好奇心もいっぱい。仲間に加わり自分もテラビシアに行こうとするが、ジェスに拒否される。
『ロンリーハート』『コラムニスト:サラの選択』『テラビシアにかける橋』『マイ・ブラザー』『An Invisible Sign of My Own』『Betty Anne Waters』『Don't Be Afraid of The Dark』など
画像・Lauren Clinton(ローレン・クリントン)
本作で長編映画デビューを飾る新人女優。
ジャニス・エイブリー(上級生)役
学校をしきっているスケバン?の8年生。下級生たちからトイレの使用料をたかったり、いじめたりするが、内側は片思いのカレに胸を痛めるピュアな乙女。レスリーに家庭の悩みを打ち明け、友達になる。
【DIRECTOR...】
画像・Gabor Csupo(ガボア・クスポ)
1952年・ハンガリー・ブダペスト生まれ
88年、ジェームズ・L・ブルックスにTV番組「トレイシー・ウルマン・ショー」の中で放映されるアニメ「ザ・シンプソンズ」(90〜92)の製作を依頼され、これが爆発的な大ヒット。単独シリーズとして独立し、今も絶大な人気を保ち続けているこのアニメの初期3年間を手がけ、2度のエミー賞に輝いた。91年からはやんちゃな赤ちゃんたちを主人公にしたアニメシリーズ「ラグラッツ」を製作。
『ラグラッツ・ムービー』『ラグラッツのパリ探検隊』『ラグラッツのGOGOアドベンチャー』『ワイルド・ソーンベリーズ ムービー』『The Moon Princess』『The White Giraffe』『How the Dead Love』など



↓↓↓ランキングにご協力下さい↓↓↓
画像画像画像




テラビシアにかける橋 オリジナル・サウンドトラック
テラビシアにかける橋 オリジナル・サウンドトラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
テラビシアにかける橋
子どもを連れて鑑賞―【story】女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った10才のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る―  〜国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名児童小説を映画化〜  監督 : ガボア・クスポ【comment】 (*ネタばれしています)ダメ・・・立ち直れない―前知識を全く持たず... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/02/19 23:24
テラビシアにかける橋
貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の&... ...続きを見る
ピアニッシモ・ストーリー
2008/02/22 00:53
テラビシアにかける橋
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン(ジェス)    アナソフィア・ロブ(レスリー)    ズーイー・デシャネル(エドマンズ先生)    ロバート・パトリック(ジャック・アーロンズ)    ベイリー・マディソン(メイベル・アーロンズ)   昔、子供の頃に秘密基地を作って遊んでいた大人は共感できる作品。 ...続きを見る
Lovely Cinema
2008/02/22 22:04
『テラビシアにかける橋』
□作品オフィシャルサイト 「テラビシアにかける橋」□監督 ガボア・クスポ□脚本 ジェフ・ストックウェル、 デヴィッド・パターソン □原作 キャサリン・パターソン 「テラビシアにかける橋(偕成社刊)」□キャスト ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ズーイー・ディシャネル、ロバート・パトリック&nbsp;■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 遅ればせながら観て来ました。 本当はもっと早く観たかったのに(笑) こういうテイス... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/02/26 17:33
『テラビシアにかける橋』'07・米
あらすじ貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動力を持つレ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/10/10 07:06
★「テラビシアにかける橋」
今週の平日休みは、地味に「ファンタジー特集」やってる関係上、 観損なってて、劇場公開終了間近の「テラビシア〜」を観る事に。 予告編は何度も観てて、 主人公の負け犬系小学男子が女子転校生と仲良くなってく・・・ しかし、突然の不幸が・・・みたいな話だっつう事までは知ってるよ。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/01/05 01:18
mini review 08322「テラビシアにかける橋」★★★★★★☆☆☆☆
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。監督はアニメ界出身のガボア・クスポ。主人公の少年少女を『ザスーラ』のジョシュ・ハッチャーソンと『チャーリーとチョコレート工場』のアナソフィア・ロブが演じる。CG技術を駆使して描いた子どもたちの空想世界と、涙を誘う感動のストーリーが見どころ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/01/24 18:53
『テラビシアにかける橋』を観たぞ〜!
『テラビシアにかける橋』を観ましたキャサリン・パターソンの同名ロングセラー児童文学を映画化した感動ファンタジー・ドラマです>>『テラビシアにかける橋』関連原題: BRIDGETOTERABITHIAジャンル: ファンタジー/アドベンチャー/青春上映時間: 95分製作国: 20... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/03/05 21:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
これは何故か予告を1回も観ずに鑑賞しましたので、レスリーがあんな事になって凄くショックを受けました。
で・・・冷静な感想を持てずに記事を書いてしまいました(汗)
レスリーとジェスが、現実からの逃避ではなくて、空想世界で勇気を培っていく過程はとても良かったのですが・・・
ああいう悲劇は・・・どうしても辛いです。
最後の方で、ジェスが元気になっていったのは嬉しかったのですが、ちょっとレスリーが脇に追いやられた気がして・・・寂しくも思いました。
由香
URL
2008/02/20 15:49
こんばんは!
この映画、ほとんど予備知識なしに見に行ったのですが、ヤラレました・・・。後半は涙腺ゆるみっぱなしでしたぁ〜。
先生やお父さんの言葉やジェスの行動に、もういちいち涙があふれて、大変でした!
親が子供に読ませたいってわかる気がします。この映画、ぜひぜひいろいろな人に見てもらいたいわ〜!
とろ♪
2008/02/20 20:19
こんばんは!ケビンさん^^
コメントありがとうございました!
ジェスとレスリー、たまたまお隣同士の家になり、同じように足が速く、
同姓同士の友情物語ではなかったけれど、意気投合して遊んでいた様子、本当に楽しそうで、生き生きしてましたね!そこへあの悲劇が・・。ジェスは心を痛めていた所へ父親の思わぬ優しい愛情に触れて、感激しました。。。
ジェニスが最後、巨人になって表れたのには、笑っちゃいましたけどね^^
とても秀作だと思います!
では、またお邪魔させてくださいね^^
ぴーち
URL
2008/02/22 00:52
子供たちのくったくのない遊び心が良かったですね!
それゆえ、あの悲しい出来事はよきしてたとはいえ、
悲しかったですね。。。
私の頃は、昔というか・・・
あ〜いうふうに外で想像を膨らましながら遊んだもんなんですけどね〜。
それゆえ懐かしく見てしまいました。

えふ
URL
2008/02/22 22:02
由香さん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。

悲劇だけが残ってしまうと悲しいばかりですが、レスリーと出会えたことでジェスが変わっていく様が感じ取れました。妹を招き入れたことはレスリーならきっと喜んで歓迎したとジェスはそう思ったんじゃないでしょうか?
あのまま悲劇を引きずってテラビシアに行かなくなるより、新たに妹と一緒にテラビシアの物語の続きを描いていく方が素敵なのではないでしょうか?
ケビン
2008/02/24 13:51
とろさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

お父さん役のロバート・パトリックも無骨な頑固親父そうな感じがしましたが、最後のジェスを抱きしめるシーンがすごく良かったですね。感情があふれ出てきて、すっかり感情移入してしまいました!
ホントにいい映画だったと思います。
ケビン
2008/02/24 13:59
こんにちは、ぴーちさん。
コメント&TBありがとうございます。

こういう出会いってあるようでないようで、でもここまで意気投合する相手に出会えるのは幸せでしょうね。だからこそこの悲劇はジェスにとって大きな衝撃になったでしょうね。自責の念にかられるジェスをぐっと抱きしめてくれる父親の場面は本当にこっちもぐっとくるものがありました。

>とても秀作だと思います!
同感です!
ケビン
2008/02/24 14:17
こんにちは、えふさん。
コメント&TBありがとうございます。

昔はというか自身の子供時代は想像力豊かで、自分たちでつくったオリジナルの遊びがいっぱいありました。今の子供にはそういうのが乏しいのでしょうね。
例えば、じゃんけんひとつについてもいろんなやり方があったりしたものですが、特に面白かったのが「ピラニア」という遊び。鬼ごっこの反対バージョンで一人が逃げてその他全員が鬼になる遊びです。これがけっこう怖いんですよね(笑;

想像力を養うにもいい映画じゃないでしょうか。
ケビン
2008/02/24 14:38
とにかく、レスリー役のアンナソフィアが、可愛かった。死んじゃったところは、悲しかった。最後まで、テラビシアにいてほしかった。
ロブ大好きb
2008/12/09 19:30
【ロブ大好きさんへ】
初めまして、ロブ大好きさん。
コメントありがとうございます。

アナソフィア・ロブはすごく魅力的でしたね!
私も死んでしまってすごく残念だと思いました。
でもきっといつでも「テラビシア」には現れてくれそうな気がしました。

またいつでも遊びに来てくださいね。
ケビン
2008/12/15 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『テラビシアにかける橋』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる