シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『紀元前1万年』

<<   作成日時 : 2008/05/05 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 8

画像『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が、ついにその照準を過去に向けた!
アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、20世紀最高裁大の傑作とも称された大ヒット作『インデペンデンス・デイ』、そして21世紀の今まさに起こりうる近未来を描き、全世界を凍りつかせた『デイ・アフター・トゥモロー』
その視線は常に一歩先に向けられ、脅威の未体験映像は、観る者の目を釘付けにしてきた。
そのエメリッヒ監督をして「まだ誰も見たことがない」と言わせしめた世界――
それは「未来」ではなく、「過去」。それも、紀元前1万年。
構想に15年、圧倒的なスケールと最先端の技術、そのすべてがはるかな過去へと注がれた時、
そこにはとてつもない世界が出現する!
どこへ行っても決して見ることができない未体験ワールドと、息を呑む冒険のストーリー。
壮大な過去への旅が待ち受ける!

Impressions...
昨年観た映画『アポカリプト』を少し思い出しましたが、内容はいたってこちらがの方がソフトなイメージ!メル・ギブソン監督はどうも血の気が多いようで、そのためもあってインパクトがかなりありました。

今回の映画『紀元前1万年』も、村を襲われ、奴隷として捕まり、ピラミッドのような建造物を建築するために働かされたりと、正直『アポカリプト』とかなり似通ったシーンが出てきます。圧倒的な力をもつ支配者たちも、その頂点にたつ者も何から何まで似ているといえば似た作品でした。製作に2年、そのうちの1年はマンモスのCGの基礎にかけただけあって、動きや毛の先までを再現して本物感がすごく出ていました。でも全体の流れを考えると、クライマックスが少々盛り上がりに欠けたような気がします。
反対に『アポカリプト』では、支配者側の本拠地に着いてからが、物語の折り返し地点。そこから躍動感ある逃走劇が始まるわけですが、追うものと追われるものの互いに必死の形相が手に汗を握るシーンでどんどんクライマックスへとかきたてられていきます。

もし『アポカリプト』よりも『紀元前1万年』が先に公開されていたら、また感じが変わったかも知れませんが、“血の気の多さ”を差し引いても今回は『アポカリプト』に軍配を上げてしまいますね。

さてキャスティングの方ですが、ほとんど無名の二人を主役に起用というエメリッヒならではの斬新なキャスティング!過去にもウィル・スミスやヒース・レジャーといった俳優たちを一躍有名にしたのもエメリッヒ監督の斬新なキャスティングによるものです。
ヒーロー(デレー)役のスティーブン・ストレイト。なかなか趣きのある男前。役柄そのままに成長する姿がうかがえるような感じがします。ヒロイン(エバレット)役のカミーラ・ベル。エキゾチックで青い目(実際には“カラコン”ですが)がすごく印象的・・・かなり美人かと!ともにモデル出身!!なるほど。。次世代を担う俳優になるかも知れませんね!

Story...
画像紀元前1万年――
気候の変化によりマンモスの数が激減、彼らを食料とする狩猟部族は大きな存続の危機を迎えていた。部族のリーダーである少年デレーの父親は、新たな食料を探すためにたった一人で危険な旅に出て、そして二度と村へは帰って来なかった。そんなある日、部族に傷だらけの少女が逃げ込んできた。四本足の悪魔に一族を皆殺しにされたのだという。エバレットという名前の少女は青い目をしていた。その瞳に一目で心を奪われたデレー。
 月日がたち、デレー(スティーブン・ストレイト)はたくましい若者になっていた。部族の新しいリーダー決める日、デレーは巨大なマンモスを見事に仕留め、勇者の証である白い槍と美しく成長したエバレット(カミーラ・ベル)を手に入れる。だが、父の旧友だったティクティク(クリフ・カーティス)は、デレーが己の力でマンモスを倒したわけではないことに気づいていた。エバレットを得たいがために嘘をついた自分を恥じるデレー。その時、馬に乗り武器を手にした兵士の一団が村を襲撃してくる。彼らは殺戮を繰り広げる一方、奴隷として使えそうな若者たちを捕えて連れ去っていった。その中にはエバレットの姿もあった。
画像 デレーはエバレットや仲間を救い出すため、ティクティクらと共に兵士たちの跡を追う。山を越え高原を渡り旅を続けるデレーら。そんな彼らの前に、さまざまな危険が襲いかかる。鋭いくちばしを持つ獰猛な巨大鳥、森林の王者サーベルタイガー・・・・・・過酷な旅の末、デレーらは農業を営む部族と出会う。彼らもまた、馬に乗った兵士たちに子供や仲間を奪われていた。そして彼らは、ずっと前にやはり山の向こうから一人の勇者がやってきた話をする。その男こそデレーの父親だった。デレーは彼らと共に敵と闘うことを決意する。
 彼らの呼びかけで周囲の部族が集結した。一行は広大な砂漠を抜け、ついに敵の本拠地へとたどり着く。大神と呼ばれる支配者のもと、何万という奴隷により建造された天空に届くほどの巨大なピラミッド。だがデレーは決してひるまなかった。皆で力を合わせれば必ず勝てる! デレーの声に励まされ奴隷たちが一斉に蜂起した瞬間、大神が姿を現わす。神は死なない。神は倒せない。人々が再び恐怖の前に屈しようとしたその時、デレーの放った勇者の白い槍が大神の体を貫く・・・・









【CAST...】
画像・Steven Strait(スティーブン・ストレイト)
1986年・米・ニューヨーク生まれ
ステラ・アドラーやブラック・ネクサスなどを輩出している名門演劇スタジオで学び、舞台で経験を積む。オーディションに合格し、カート・ラッセルと共演したアクション・コメディ『スカイ・ハイ』で映画デビュー。
デレー役
ヤガル族の若きハンター。愛を誓い合ったエバレットが“四本足の悪魔”にさらわれてしまい、彼女を取り戻すため、そして部族を救うため、地の果てへと旅立つ。
『スカイ・ハイ』『レニー・ハーリン コベナント幻魔降臨』『ストップ・ロス』など
画像・Camilla Belle(カミーラ・ベル)
1986年・米・カリフォルニア州生まれ
ソングライターの父と、ブラジル出身の母をもち、スペイン語、ポルトガル語など数か国語が堪能。生後わずか9か月で広告モデルとしてデビュー。93年TV映画「パニック・イン・ザ・ビルディング」へ出演。その後多数のTV映画を経て、『リトル・プリンセス』(95)で長編映画デビュー。
エバレット役
青い瞳をもつ美しい少女。かつて“四本足の悪魔”によって滅ぼされた部族の唯一の生き残り。予言の少女であり、彼女と彼女の夫となるハンターが民を救うという。
『ボディヒート2/挑発』『マーシャル・ロウ』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『プラクティカル・マジック』『沈黙の陰謀』『姉のいた夏、いない夏』『ストレンジャー・コール』『ドット』『プッシュ』など
画像・Cliff Curtis(クリフ・カーティス)


ティクティク役
デレーの父親の親友であり、彼から白い槍を受け継ぎ、ヤガル族を率いるリーダーとなった。思慮深く、知恵と勇気がある彼は、エバレットを追うデレーと共に、地の果てへ旅立つ。
次回作は『クロッシング・オーバー』『プッシュ』など
【DIRECTOR...】
画像・Roland Emmerich(ローランド・エメリッヒ)
1955年・独・シュツットガルト生まれ
ミュンヘンの映画TVアカデミーで監督術を学ぶ。83年に同校の卒業製作として『スペースノア』を監督、84年のベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品され、世界20か国以上で買い手がつくという成功を収めた。その後、製作会社セントロポリス・フィルム・プロダクションズを設立。99年『MOON44』が本国で大ヒットしたのを機にハリウッドに進出、96年『インデペンンデンス・デイ』でブレークし、ハリウッドの一流監督の仲間入りを果たした。次回作として『ミクロの決死圏』のリメークを構想中。
『デビル・ドール』『ゴースト・チェイス』『ユニバーサル・ソルジャー』『スターゲイト』『インデペンデンス・デイ』『GODZILLA/ゴジラ』『パトリオット』『デイ・アフター・トゥモロー』など。



↓ランキングにご協力下さい
画像画像画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『紀元前1万年』
【10,000 B.C.】 2008年/米・ニュージーランド/ワーナー/109分 【オフィシャルサイト】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、オマー・シャリフ、クリフ・カーティス ...続きを見る
kuemama。の<ウェブリブログのへや...
2008/05/05 10:59
紀元前1万年
 映画ファンの皆さまも拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中! ...続きを見る
eclipse的な独り言
2008/05/05 17:33
紀元前1万年
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーブン・ストレイト    カミーラ・ベル    オマー・シャリフ    クリフ・カーティス ...続きを見る
Lovely Cinema
2008/05/05 18:18
紀元前1万年
GW突入ですねぇ〜 ・・・特に予定はないけれどブヒッ【story】紀元前1万年。幼い頃から惹かれ合うデレー(スティーヴン・ストレイト)とエバレット(カミーラ・ベル)の村を、ある日正体不明の一団が襲う。デレーは、さらわれたエバレットを救い出したい一心で、わずかな仲間たちとともに一団の後を追う。長く危険な旅の途中、一行に襲いかかる獰猛な恐鳥やサーベルタイガー・・・苦難の果てにようやく辿り着いたのは想像を絶する文明の地だった!天を突くほどのピラミッド、『神』を名乗る権力者、奴隷として酷使される囚われの... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/05/06 00:31
★「紀元前1万年」
今週の週末レイトショウ鑑賞は悩んだーーー。 公開週の目玉は、フジテレビでバンバン番宣してる「少林少女」。 関連作の「カンフー・ハッスル」まで放送してるしー。 他には「ぜア・ウィル・ビー・ブラッド」に「アイム・ノット・ゼア」のカタカナ英語タイトルもの。 先週までに見逃してる「フィクサー」や「クローバー・フィールド」を観るって手もあったし・・・。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2008/05/06 03:59
【2008-111】紀元前1万年
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/05/14 22:59
「紀元前1万年」マンモスが群れで走り出す壮大な夢物語
「紀元前1万年」★★★ スティーヴン・ストレイト 主演 ローランド・エメリッヒ 監督、2007年、アメリカ、 ニュージーランド 、109分 ...続きを見る
soramove
2008/05/18 00:00
紀元前1万年 観てきました。
 仕事のピークがとりあえず過ぎ、そうは言ってもやらなくてはいけないことが山のように溜まっていますが、とりあえず一段落。と言うわけで今回は紀元前1万年を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/05/26 00:30
【映画】紀元前1万年…豹柄グラマー美女が出てこないだけ損な気が…
一昨日(2008年10月3日・金曜日){/kaeru_fine/}は職場の健康診断(成人病検診)がありました。 昨年と比較して、体重は100グラム単位で微増{/m_0156/}。 ウエストは1センチほど微減{/m_0145/}。 …で、測定した人が「体重増えてるのにお腹周りは減ってますけど、何でですかねぇ{/eq_1/}」なる質問を私に…測定誤差の範疇に決まってるじゃないですかねぇ{/face_ase1/}、馬鹿な質問です{/face_ase2/} バリウム飲んだ時に通じがナカナカ来なかったので... ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/10/13 20:40
『紀元前1万年』を観たぞ〜!
『紀元前1万年』を観ました「インデペンデンス・デイ」、「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が、先史時代の世界を舞台に、囚われの身となった愛する女性を救うべく壮大な冒険を繰り広げる若者の姿を描いたスペクタクル・アドベンチャーです>>『... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2008/10/13 22:12
紀元前1万年−(映画:2008年67本目)−
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーブン・ストレイト、カミーラ・ベル、クリフ・カーティス ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/12/29 23:18
『紀元前1万年』から不幸になった?
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2009/11/27 00:33
映画を観るなら インデペンデンス・デイ
大な敵が宇宙からやってきて地球を征服しようとしてきた。地球はほぼ壊滅状態になっちゃったけど生き残りの人類が一致団結して敵を倒して一件落着。話の中身を言ってしまうと身も蓋もないんだけど、王道ストーリーが好きな私から見ると最高の映画だった。旋回能力が全て.. ...続きを見る
映画を観るなら
2010/12/19 23:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
紀元前1万年ってどんな世界だろう?
ておもったけど、
想像以上にマンモスの迫力があって見入ってしまいました〜。
でも原始人の世界にあのピラミッドでの神や、
神のとりまきたちの衣装はどうだか?
とおもいましたが(苦笑)
大神の姿にはちょっと笑ってしまいました(笑)
えふ
URL
2008/05/05 18:17
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。

物語は『アポカリプト』に似ているところが多かったですね〜
ケビンさんは『アポ〜』の方に軍配をあげられますか〜
確かにアチラの方がしっかり作ってあったと思いますが、個人的には残酷過ぎるシーンが苦手だったので、一万年の方が楽しめました。
ただ、物語の薄さは感じました。ちょっと強引だったし(笑)

デレー役の方はとても素敵だったのですが、素顔だとイメージが違いますね。
彼の他の作品も観てみたくなりました。
由香
URL
2008/05/06 00:37
こんにちわ!
私はまだ「アポカリプト」を見ていないので。比べようが無いのですが。
こちらの記事を読んで、「アポカリプト」が見たくなりました(>_<)!
マキサ
URL
2008/05/06 09:38
私も「アポカリプト」に軍配を上げます。

スティーブン・ストレイト君 素敵!
これから期待できますね。私も ぞっこんです。
みいな
2008/05/08 17:42
【えふさんへ】
こんばんは、えふさん。
コメント&TBありがとうございます。

紀元前1万年という世界から多少違和感はあったようですが、単なる原始人の生活を映画いた映画だったら面白みに欠けたのでしょうね。
ということでピラミッドも登場してしてみたのでは。
無言でマンモスを獲って食っているだけでは絵になりませんから(笑;

大神も少しお粗末で、やるからにはもっと派手にしたらばとは思いました。
ケビン
2008/05/10 00:45
【由香さんへ】
こんばんは、由香さん。
コメント&TBありがとうございました。

かなり『アポカリプト』と似通っていましたね。
圧倒的な力をもった部族やピラミッドを作っているところ。
神的な存在がいたり、奴隷や生け贄などなど・・・
ただ監督のこだわりの差が出た感じがします。

デレー役のスティーブン、現代の役だったらどうなんでしょうね!
全然雰囲気の違う感じになるんでしょうかね!?
ケビン
2008/05/10 00:54
【マキサさんへ】
こんばんは、マキサさん。
コメントありがとうございます。

『アポカリプト』はマヤ文明のお話ですが、時代背景はそっくりです。
いろんな要素が似通っていますが、鑑賞してみればお分かりになると思います。
ただし、多少血の気が多いのでお気をつけあそばせ( ̄ー ̄)

また感想を聞かせてくださいね。
ケビン
2008/05/10 01:00
【みいなさんへ】
こんばんは、みいなさん。
コメントありがとうございます。

『アポカリプト』軍配ですか!そうですよね。
メル・ギブソン監督のこだわり感と申しましょうか、それがスクリーンからひしひしと伝わってきました。映像的に目を背けるような場面が多かった人もいると思いますが、最後までハラハラドキドキと逆に目が離せませんでした。

方や『紀元前1万年』はラストはあっさりと終わってしまった感じがして、後に引きませんでしたね。

スティーブン・ストレイトは今回ぴたりとはまった感がありましたね。現代劇よりも時代劇が合いそうな気がします。中世の騎士役など・・・
ケビン
2008/05/10 01:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『紀元前1万年』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる