シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニュームービークラシック・トップ25」

<<   作成日時 : 2008/07/22 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

米エンターテインメント・ウィークリー誌が、ここ25年間に公開された映画の中から新たな“クラシック映画”を選定する「ニュームービークラシック・トップ25」を発表しました。
クラシックというにはまだ早いような作品もありますが、みなさんはどう思いますか?
またジャンル問わずのこのランキングの基準もよくわかりませんが、まずは25年間をちょっと振り返ってみてはいかがでしょうか・・・

ニュームービークラシック・トップ25


1位 パルプ・フィクション  (1994)

画像タランティーノ監督の2作目にして、94年カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、世界にその名を知らしめた傑作である。また俳優として落ち目だったジョン・トラボルタを主演に抜てきし、完全復活させたことでも話題になった。
題名の「パルプ・フィクション」とは三文雑誌、大衆犯罪小説誌のこと。3つの犯罪ドラマが交錯し、全体で1つの円を描くようなユニークな構成で、衝撃のクライマックスへと向かう。

出演: ブルース・ウィリス, ジョン・トラボルタ, ユマ・サーマン, ハーベイ・カイテル
監督: クエンティン・タランティーノ


2位 ロード・オブ・ザ・リング 3部作  (2001〜2003)

画像世界を滅ぼす邪悪な指輪。それを手にしたホビット族のフロドは、指輪を滅びの山に捨てに行こうとするが、道中、指輪を狙うサウロンなどの悪と戦うことに。命懸けで滅びの山へ向かうフロド、サポートするサム&旅の仲間たち。そして、フロドを助けつつ、国と国との闘いに身を投じるアラゴルン、そんな彼を愛するアルウェン…。友情、愛情、家族愛など、さまざまな愛を内包し、なおかつ国捕り物語のアクション、魔物と戦う悪夢のようなファンタジーと、エンタティメントのあらゆる要素をつめこんで、壮大なスケールで描かれる『指輪物語』の映画化『ロード・オブ・ザ・リング』三部作。

出演: イライジャ・ウッド, イアン・マッケラン, オーランド・ブルーム, ヴィゴ・モーテンセン, ショーン・アスティン
監督: ピーター・ジャクソン


3位 タイタニック  (1997)

画像1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる……。

出演: レオナルド・ディカプリオ, ケイト・ウィンスレット
監督: ジェームズ・キャメロン


4位 ブルー・ベルベット  (1986)

画像赤いバラ、白いフェンス、青い空──。絵葉書のようなアメリカの典型的な田舎町ランバートン。病院に父を見舞った帰り道、大学生のジェフリーは、野原で切り落とされた人間の片耳をみつけた。その耳の真相を追い求めていくうちに、謎めいたキャバレーの女性歌手ドロシーの存在を知り、次第に犯罪と暴力、SEXとSMのアブノーマルな世界に足を踏み込んでいく……。
鬼才デイヴィッド・リンチの衝撃の問題作!

出演: カイル・マクラクラン, イザベラ・ロッセリーニ, デニス・ホッパー, ローラ・ダーン, ホープ・ラング
監督: デイヴィッド・リンチ


5位 トイ・ストーリー  (1995)

画像 あやつり人形のウッディは、アンディ少年の大親友だった。しかし、最新型ロボットのバス・ライトイヤーがやってきて、アンディのお気に入りになってしまった。ションボリするウッディ。そしてある日、ひょんなことから外にとび出してしまい…。

出演: ディズニー, トム・ハンクス, ティム・アレン, ドン・リックルス, ジム・バーニー
監督: ジョン・ラセッター


6位 プライベート・ライアン  (1998)

画像激烈を極めたノルマンディ上陸作戦で、3人の兄を亡くしたライアン2等兵。彼を無事に故郷に送り届けるため、8人の特命隊が組まれた。軍上層部のこの命令に疑問をもちながらも、8人は過酷な戦況をくぐり抜けてライアンを探す。
「1人の新兵の救出に、8人が命を賭ける価値があるのだろうか?」この重圧なテーマに、スティーヴン・スピルバーグ監督とオスカー俳優トム・ハンクスがのり、アカデミー賞5部門を始めとする各賞を独占した。

出演: トム・ハンクス, トム・サイズモア, エドワード・バーンズ, マット・デイモン, バリー・ペッパー
監督: スティーブン・スピルバーグ


7位 ハンナとその姉妹  (1986)

画像大都会を舞台に、三姉妹をめぐる人々の人生を、詩、音楽、演劇、絵画、建築、哲学、宗教などをモチーフに、シニカルにユーモラスに描くウディ・アレン作品中でも最高傑作の声も高い秀作。1986年度アカデミー脚本賞、助演男優賞(マイケル・ケイン)、助演女優賞(ダイアン・ウィースト)の3部門を受賞している。

出演: ウディ・アレン, マイケル・ケイン, ミア・ファロー, キャリー・フィッシャー
監督: ウディ・アレン


8位 羊たちの沈黙  (1991)

画像女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?

出演: ジョディ・フォスター, アンソニー・ホプキンス, スコット・グレン, テッド・レビン
監督: ジョナサン・デミ


9位 ダイ・ハード  (1988)

画像クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った! 彼らの要求を拒んだ重役達は即座に射殺。なすすべも無く怯える人質たち。ビルの中にいた非番警官ジョン・マクレーンは外部との連絡が一切遮断された中、ただ一人命をかけた闘いを挑んだ!

出演: ブルース・ウィリス, ボニー・ベデリア, レジナルド・ベルジョンソン
監督: ジョン・マクティアナン


10位 ムーラン・ルージュ  (2001)

画像『ロミオ&ジュリエット』のバズ・ラーマン監督が、独特のパワフルでキッチュな演出をさらに極めたのがこの『ムーラン・ルージュ』。舞台は1899年、ボヘミアン・ムーブメント吹き荒れるパリ。毎夜、絢爛豪華なレビューが行われるナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」で、高級娼婦サティーン(ニコール・キッドマン)と貧乏な青年詩人クリスチャン(ユアン・マクレガー)が出会った。2人の悲恋が、華麗かつポップなナンバーで彩られる、アヴァンギャルドなミュージカル・ムービーだ。

出演: ニコール・キッドマン, ユアン・マクレガー, ジョン・レグイザモ
監督: バズ・ラーマン


11位 スパイナルタップ  (1984)

画像架空のロックバンド“スパイナル・タップ”の全米ツアーをドキュメントした作品。架空バンドを題材としながら、メンバー間の摩擦、時流にのって変化するバンド・サウンド、音楽性に介入したがるガールフレンドなど、演奏シーンも含め、本物以上にリアルなエピソードが満載。

出演: クリストファー・ゲスト.ロブ・ライナー.マイケル・マッキーン.ハリー・シェアラー.トニー・ヘンダラ
監督: ロブ・ライナー


12位 マトリックス  (1999)

画像凄腕ハッカーのネオは、正体不明の美女トリニティに導かれ、モーフィアスという男と出会った。モーフィアスはネオが、マトリックスと呼ばれる仮想現実から人類を救いだす「救世主」だと告げた。
監督は『バウンド』で話術の巧みさを認識させた、ウォシャウスキー兄弟。『スピード』のキアヌ・リーヴスは、この作品で再び最高のスターの地位についた。本作は『2001年宇宙の旅』よりも新しく複雑で、21世紀の映画を先取りした傑作だ。

出演: キアヌ・リーブス, ローレンス・フィッシュバーン, キャリー=アン・モス, ヒューゴ・ウィーヴィング, ジャダ・ピンケット・スミス
監督: ウォシャウスキー兄弟


13位 グッドフェローズ  (1990)

画像監督マーティン・スコセッシが、実在の人物ヘンリー・ヒルを描いたマフィアもの。組織の抗争劇ではなく、一青年のファミリー内での30年にわたる生き方に焦点を当てている。元マフィアのヘンリーは栄華を極めるが、麻薬売買に手を出して追い詰められていく。自分の命を守るため、兄貴分のジミーをFBIに売り渡して証人保護制度を受け、今では名前も住む場所も変え、ひっそりと生きているという興味深い実話がベース。

出演: ロバート・デ・ニーロ, レイ・リオッタ, ジョー・ペシ
監督: マーティン・スコセッシ


14位 クラム  (1995)

画像アングラアニメ「フリッツ・ザ・キャット」で知られるロバート・クラムが、家族や自身のことなどを語ったドキュメンタリー作品。暴力的な父、薬物中毒の母、精神を病んだ兄弟…。膨大なインタビューを積み上げ、クラムの才能を解く鍵を浮き彫りにする。

出演: ロバート・クラム, アリン・カミンスキー, ドン・ドナヒュー
監督: テリー・ツワイゴフ


15位 シザーハンズ  (1990)

画像丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。彼はたった一人で人造人間エドワードを作っていたが、完成間近に急死。エドワードはハサミの手のまま取り残されてしまった。化粧品のセールスで屋敷を訪れたペグは気の毒に思い彼を家に連れて帰る。エドワードはそこでペグの娘キムに恋してしまうが……。

出演: ジョニー・デップ, ウィノナ・ライダー, ダイアン・ウィースト
監督: ティム・バートン


16位 ブギー・ナイツ  (1997)

『マグノリア』のポール・トーマス・アンダーソンが、マーク・ウォールバーグを主演に、70年代を駆け抜けたポルノキングの栄光と挫折を描いたドラマ。ディスコの皿洗い・エディは、ある日、ポルノ映画の巨匠と知り合う。

出演: マーク・ワールバーグ, バート・レイノルズ, ジュリアン・ムーア, ヘザー・グラハム
監督: P・T・アンダーソン


17位 ザ・エージェント  (1996)

仕事の理想に燃えるスポーツ専門のエージェントをトム・クルーズが好演した、ロマンティックなヒューマン・エンタテインメント。提言書を出したばかりにエージェント会社をクビになったジェリージは、彼に賛同するドロシーとともに独自のエージェント活動を開始しようとする。しかし、そもそも彼が抱えていたスポーツ選手はほとんど元の同僚に奪われ、残ったのは落ち目のアメフト選手ロッドだけだった…。

出演: トム・クルーズ, キューバ・グッディング・Jr., レニー・ゼルウィガー, ケリー・プレストン
監督: キャメロン・クロウ


18位 ドゥ・ザ・ライト・シング  (1989)

ブルックリンの黒人街スタイヴァサント。その日は、この夏一番暑い日であり、その下でさまざまな人々のドラマが繰り広げられていく。そして、やがて暑さに刺激されたかのように暴動が起き、いつしか街中を巻き込んでの騒動と化していく…。

出演: サミュエル・L.ジャクソン, ダニー・アイエロ, ロージー・ペレス, ジョン・タトゥーロ
監督: スパイク・リー


19位 007/カジノ・ロワイヤル  (2006)

J・ボンド誕生45周年を迎えた「007」シリーズ第21作!ジェームズ・ボンドが誕生するまでの物語を描いた、ノンストップ・スタイリッシュ・アクション!暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で世界中のテロリストの資金源となっている“死の商人”ル・シッフルの存在を突き止める。彼と勝負するためにモンテネグロに向かおうとするが…。

出演: ダニエル・クレイグ, エヴァ・グリーン, マッツ・ミケルセン, カテリーナ・ムリーノ, ジュディ・デンチ
監督: マーティン・キャンベル


20位 ライオン・キング  (1994)

アフリカの大平原を舞台にしたディズニー長編アニメーション映画で、ライオンなどジャングルの動物たちが繰り広げる愛と勇気の物語。ジャングルの王者として君臨していたライオンのムファサは、王座を狙う弟スカーによって殺害。ムファサの子供シンバは故郷を追われるが、やがて成長し、父のかたきを討つ。

出演: マシュー・ブロデリック, ジョナサン・テイラー・トーマス, ジェレミー・アイアンズ, ジェイムズ・アール・ジョーンズ, ローワン・アトキンソン
監督: ロジャー・アラーズ, ロブ・ミンコフ


以下の順位は・・・

21位 シンドラーのリスト  (1993)
22位 天才マックスの世界  (1998)
23位 メメント  (2001)
24位 眺めのいい部屋  (1986)
25位 シュレック  (2001)

全体的に見ると25年間ということで90年代がやはり多いですね。ただつい最近のものもあるので“クラシック”っていう感じが全然しなように思えます。
1位については結構意外な感じがしないでもありますが、けっこうマニアックなというかカルト的な作品もチラホラしていたり、オスカー作品も混ざっていたりといろいろですね。結局基準がはっきりしませんが、皆さんの知っている作品などはありましたでしょうか?


画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ケビンさん、こんにちわ(^ー^)
お元気ですか?お仕事、お忙しそうですね。
夏バテに気をつけて頑張ってくださいね!
新たな“クラシック映画”の仲間入りですね。
いろいろなジャンルの作品が入っていて
順位が、なんとも微妙で興味深いですね〜。
結構納得の作品ばかりですが、
「ハンナとその姉妹」が上位に入っているというのは、
どんな基準なんでしょうかね?(^ー^)
「ロード・オブ・ザ・リング」もクラシックの
仲間入りですね。
とっても興味深いリストをありがとうございました♪
応援してかえりまーす!
tess
URL
2008/07/26 07:05
【tessさんへ】

こんばんは、tessさん。
コメントありがとうございます。

まずまず夏バテせずに生きながらえています^^;
仕事、というよりも転職をしました。なので少しバタバタ気味でしたが、ようやく少し落ち着きました。

“クラシック映画”とういことですが、順位は微妙でしたね(笑;
ノンジャンルなのでいろんな映画がランクインしていますが、だいたいは聞き知った作品が多いようですね。

『ハンナとその姉妹』は知らないのですが、tessさんはいろいろご存じのようで、私などは観たかどうかは別にしても、まったく知らない作品も結構あります。

興味をもってもらってうれしいです。
ありがとうございます。
ケビン
2008/08/03 23:04
転職おめでとうございます♪
落ち着くまで大変ですよね。
新しいお仕事頑張ってくださいね!(^^)
私も、観たことのない映画ありますよ〜。
スパイナルタップもクラムも未見ですし。
応援してかえりまーす!
tess
URL
2008/08/10 09:18
【tessさんへ】
こんにちは、tessさん。
ありがとうございます。

いろいろありましたが、今は落ち着いています。
私もスパイナルタップ、クラムは未見ですね。
これを機に観てみたいですが、なかなか古い映画をレンタルする暇がないのでTV放送したら観たいと思っています。

応援有難うございます。
ケビン
2008/08/18 12:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ニュームービークラシック・トップ25」 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる