シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『崖の上のポニョ』

<<   作成日時 : 2008/08/01 01:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 9

画像
海辺の小さな町

海に棲むさかなの子ポニョが、
人間の宗介と一緒に生きたいと我儘をつらぬき通す物語。
同時に、5歳の宗介が約束を守りぬく物語でもある。
アンデルセンの「人魚姫」を今日の日本に舞台を移し、
キリスト教色を払拭して、幼い子供達の愛と冒険を描く。
海辺の小さな町と崖の上の一軒家。
少ない登場人物。
いきもののような海。
魔法が平然と姿を現す世界。
誰もが意識下深くに持つ内なる海と、
波立つ外なる海洋が通じあう。
そのために、空間をデフォルメし、絵柄を大胆にデフォルメして、
海を背景ではなく主要な登場人物としてアニメートする。
少年と少女、愛と責任、海と生命、
これ等初源に属するものをためらわずに描いて、
神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。

宮崎 駿



Impressions...
5歳にでもわかるように作ったというこの作品。確かにそう言われればそうなのかも。ホントに?
すべて鉛筆で描くという原点にもどって絵を動かす手法は、一本一本の線が丁寧に描かれ優しさのようなもの感じてきます。マジで?
ではストーリーの方はどうでしょうか?5歳にもわかるということで、どちらかというと感覚で観る映画。モチーフは「人魚姫」。誰にでも単純なストーリーで構成されている。なんてね!

CGなどを使わずに原点に戻った手書きや描写などなど、宮崎監督のこだわりはすごくわかりますが、その分なのかどうか内容面ですごく中途半端な感じがしました。
町ひとつが水没した割にはみんな明るいし、お父さんはなんで半漁人みたいになってしまったかについても説明はないし、お母さんはいったい何者?って感じだし、いもうとたちとポニョはの違いは?海をテーマにしている割にはインパクトにもかける。宗介のお母さんとポニョのお母さんの会話も深刻そうだったがそれもちょっとなぜなのか?とまぁ5歳にも大人にも分かりづらい感じがしました。

この映画はたぶん賛否両論でしょうが、私的にはポニョよりもトトロの方が好きです。
Story...
海辺の小さな町。

崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、
ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。
アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、
宗介に助けてもらったのだ。

宗介のことを好きになるポニョ。
宗介もポニョを好きになる。
「ぼくが守ってあげるからね」


しかし、かつて人間を辞め、
海の住人となった父・フジモトによって、
ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。

人間になりたい!
ポニョは、いもうと達の力を借りて父の魔法を盗み出し、
再び宗介のいる人間の世界を目指す。

危険な力を持つ生命の水がまき散らされた。
海はふくれあがり、嵐が巻き起こり、
いもうと達は巨大な水魚に変身して、
宗介のいる崖へ、大津波となって押し寄せる。
海の世界の混乱は、
宗介たちが暮らす町をまるごと飲み込み、海の中へと沈めてしまう――。


少年と少女、愛と責任、海と生命。
神経症と不安の時代に、
宮崎駿がためらわすに描く、母と子の物語。





















【CAST...】
画像【ポニョ】
宗介に出会い、人間になりたいと願うさかなの子。
ポニョの本名“ブリュンヒルデ”が、ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」の空駆ける9人の乙女たちの長女の名前からきている。
<Voice Cast>
・Yuria Nara(奈良 柚莉愛)
1999年12月生まれ
00年にモデルデビュー。以後、多くの雑誌広告、チラシ、カタログに登場。07年にはブロードウェイミュージカル「ピーターパン」、08年には「葉っぱのフレディー〜いのちの旅〜」の舞台に立つ。
画像【宗介】
崖の上の一軒家に住む、ゆったりとまっすぐな5歳の男の子。
“宗介”の由来は、夏目漱石著「門」にでてくる“崖の下の家”に住む主人公“宗助”が元になっている。
<Voice Cast>
・Hiroki Doi(土井 洋輝)
1999年8月生まれ
NHK連続TV小説「芋たこなんきん」の徳永隆役をはじめ、「ジャッジ」「水戸黄門」「新・いのちの現場から」など多くのTVドラマに出演。08年秋公開の映画『ホームレス中学生』では主人公の子供時代を演じている。
画像【リサ】
宗介の母。デイケアーサービスセンター“ひまわりの家”の職員。テキパキとした女性。
<Voice Cast>
・Tomoko Yamaguchi(山口 智子)
1964年・栃木県生まれ
86年、東レ水着キャンペーンガールとしてデビュー。NHK連続TV小説「純ちゃんの応援歌主演以来、多くのTVドラマ、映画に出演。ドキュメンタリー番組の企画・出演、執筆など多方面で活躍。
『七人のおたく cult seven』『遠い海から来たCOO』『居酒屋ゆうれい』『undo』『大失恋。』『罠 THE TRAP』『ビリケン』『スワロウテイル』など
画像【耕一】
リサの夫。宗介の父。内航貨物船の船長。家を留守にすることが多い。
<Voice Cast>
・Kazusige Nagashima(長嶋 一茂)
1966年・東京都生まれ
読売巨人軍球団代表特別補佐、タレント、俳優、キャスター。08年の主演映画『ポストマン』では制作総指揮もつとめた。
『ミスター・ルーキー』『男たちの大和/YAMATO』『ポストマン』など
画像【フジモト】
ポニョの父。海中で潜水艦ウバザメ号を操る。
ジュール・ヴェルヌの小説「海底2万リーグ」に登場する潜水艦「ノーチラス号」の唯一のアジア人。少年だったフジモトはグランマンマーレに出会い、恋におちた。以来100年半分人間、半分海の男として生きてきた。
<Voice Cast>
・George Tokoro(所 ジョージ)
1955年・埼玉県生まれ
俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、ディスクジョッキー、作家、コピーライター、ゲームクリエイター、漫画家と多くの顔をもつ。77年にシンガーソングライターとしてデビュー。
『下落合焼とりムービー』『キッドナップ・ブルース』『ペエスケ ガタピシ物語』『まあだだよ』など
画像【グランマンマーレ】
ポニョの母であり、海なる母。
<Voice Cast>
・Yuuki Amami(天海 祐希)
1967年・東京都生まれ
宝塚歌劇団元月組男役トップスター。退団後は、女優として、多くのTVドラマ、映画、舞台、CMに出演し活躍している。
『クリスマス黙示録』『MISTY』『必殺! 三味線屋・勇次』『プリンス・オブ・エジプト』『黒の天使vol.2』『柔らかな頬』『千年の恋 ひかる源氏物語』『突入せよ! あさま山荘事件』『うつつ-UTUTU-』『ござまれじ』『世界の中心で、愛をさけぶ』『いぬのえいが』『バッテリー』『サウスバウンド』『ザ・マジックアワー』『ゼラチンシルバーLOVE』『旭山動物園物語』など
画像【トキ】
“ひまわりの家”の車椅子の老人。いつも憎まれ口を叩くが、根は優しい。
<Voice Cast>
・Kazuko Yoshiyuki(吉行 和子)
1935年東京都生まれ
女優、エッセイスト。劇団民藝付属水品研究所で演技を学び、舞台「アンネの日記」(57)でデビュー。
『この若さある限り』『修羅雪姫』『十階のモスキート』『菊次郎の夏』『御法度』『雪国』『ナースのお仕事』『釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?』『ウール100%』『佐賀のがばいばあちゃん』『地下鉄に乗って』『舞妓Haaaan!!!』『監督・ばんざい!』『おくりびと』『僕の彼女はサイボーグ』『20世紀少年』など
画像【カレン】
宗介が通う保育園「ひまわり園」の園児。いつもぼーっとしている。
<Voice Cast>
・Nozomi Oohashi(大橋 のぞみ)
1999年5月生まれ
TVドラマ「世にも奇妙な物語’05年春の特別編」、CM「コスモス石油」などに出演。本作の主題歌「崖の上のポニョ」も歌っている。
『いぬのえいが』『ルナハイツ』など
画像【ポニョのいもうと達】
稚魚の群れ。水球の中で育てられている。
<Voice Cast>
・Akiko Yano(矢野 顕子)
1955年東京都生まれ
シンガーソングライター&ピアニスト。NY在住。76年のアルバム「Japanese Girl」でデビュー。
『SUPER FOLK SONG 〜ピアノが愛した女〜』『ホーホケキョとなりの山田くん』『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』など
 FilmMakers
画像
監督
・Hayao Miyazaki(宮崎 駿)監督
1941年・東京都生まれ
1963年東映動画(現・東映アニメーション)入社。「太陽の王子 ホルスの大冒険」(68)の場面設計・原画等を手掛け、Aプロダクションに移籍し「パンダコパンダ」(72)の原案・脚本・画面設定・原画を担当。73年に高畑勲らとズイヨー映像へ。日本アニメーション、テレコムを経て、85年にスタジオジブリの設立に参加。その間、「アルプスの少女ハイジ」(74)の場面設定・画面構成、「未来少年コナン」(78)の演出などを手掛け、『ルパン三世 カリオストロの城』(79)では劇場作品を初監督。2001年に『千と千尋の神隠し』でベルリン国際映画祭金熊賞、ベネチア国際映画祭栄誉金獅子賞、アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞を受賞。
『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』 など






画像画像



崖の上のポニョ サウンドトラック
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2008-07-16
久石譲

ユーザレビュー:
感動!!ジブリ作品は ...
可愛いポニョは、明る ...
パノラマブックレット ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
崖の上のポニョ
宮崎駿監督の作品は大好き持っているDVDやビデオを観る機会も一番多いかもしれないなぁ〜『ハウルの動く城』以来4年ぶりの新作を家族で楽しみにしていた―【スタッフ・キャスト(声優)】*監督・原作・脚本 宮崎駿 *音楽 久石譲*宗介の母・リサ(山口智子)         *宗介の父(長嶋一茂)*ポニョのママ・グランマーレ(天海祐希)  *ポニョの父・フジモト(所ジョージ)*宗介(土井洋輝)    *ポニョ(奈良柚莉愛)    *ポニョの妹たち(矢野顕子)*トキさん(吉行和子)  *ヨシエ(奈良岡朋子)... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/08/01 23:38
崖の上のポニョ
 観てきました。まあ観客は満員。子供は騒ぐはでにぎやかです。でもたまにはこういう ...続きを見る
eclipse的な独り言
2008/08/02 04:57
崖の上のポニョ
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:宮崎 駿 声 :奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所 ジョージ、吉行和子、奈良岡朋子・・・ ...続きを見る
Lovely Cinema
2008/08/06 20:39
映画「崖の上のポニョ」(2008年、日)
   ★★★★☆  「さかなの子」と5歳の男の子の交流を描いた スタジオジブリ制作のアニメーション。 宮崎駿が監督、原作、脚本の3つを担当するのは 「千と千尋の神隠し」以来7年ぶり。 英題は「Ponyo on the Cliff by the Sea」。       ◇  港町に住む宗介(土井洋輝)は、 母親のリサ(山口智子)と暮らしている。 父親の耕一(長嶋一茂)は貨物船の船長で留守がちだ。 ある日、宗介は海岸でヒトの顔をもった「金魚」を見つける。 宗介がポニョと名付けた「金魚」は、 かつて人... ...続きを見る
富久亭日乗
2008/08/12 19:40
★「崖の上のポニョ」
今週はハッピーマンデー付きの3連休なので、二日連続オールナイト敢行のシネコンたち。 一日目は、前作「ゲド〜」でズッコケたスタジオジブリの反撃作。 やっぱり宮崎駿が監督しないと、ダメなのねーーー。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/08/21 00:10
崖の上のポニョ
大人に希望を。 子供に夢を。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2008/08/21 12:41
崖の上のポニョ 観てきました
 夏休みも終わりに近づいてきましたが、ようやく崖の上のポニョを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/08/31 18:25
崖の上のポニョ−(映画:2008年47本目)−
監督:宮崎駿 声の出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、奈良柚莉愛、土井洋輝、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/09/02 22:33
『崖の上のポニョ』('08初鑑賞95・劇場)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 7月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9 にて 16:55の回を鑑賞。{%夏webry%} ...続きを見る
みはいる・BのB
2008/09/03 18:23
Deep Ones
その者、赤き姿をして大海原に降り立つべし。 てなわけで、グランマンマーレと王蟲は似ている、か?ん? ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2008/09/06 00:23
崖の上のポニョ
生まれてきてよかった。 ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/07/02 18:18
『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか?
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。 ...続きを見る
映画のブログ
2010/02/07 19:00
崖の上のポニョ(鑑賞151作目)
...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/03/23 11:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ケビンさん、こんばんは!
トトロと比べたら、私もトトロの方が断然好きです♪
アチラはもう何十回も観ていますが(子どもって何回でも観たがるんですよ、特に小さい頃は。)、何度見てもジーンとして涙が零れそうになるんです。姉妹愛とか親子愛とかがさり気なく感動させてくれるの。
ポニョはそういう心に訴えてくるものがある作品ではなかった気がします。
ただただポニョと宗介が可愛くって、海が不思議に描かれていた、、、って感じかな。
でも!私はそれでも気に入ってしまいました〜
宮崎監督の意図とはズレているかもしれませんが、私は勝手に絵本のようでいいな♪って思ったんです。
子どもに数えきれない程の絵本を読み聞かせてきましたが、意外に意味不明のお話を大好きになったりするんですよ。それこそ感覚的なものなんでしょうけど。
だからそんなつもりで意味を考えないで楽しんじゃいました〜(笑)
由香
URL
2008/08/01 23:48
こんにちは!ケビンさん^^
ポニョのレビュー読ませていただきました♪
相変わらず、ケビンさんの記事は見ていてわくわくしてきますね!
トトロは確かに何度見ても、飽きないし、私も大好きな作品です^^
そして今作、なぞは多いですよね〜。
まず、半漁人の存在、町が水没したにも関わらず、みんな平気な顔。
フジモトがおばあちゃん達を海底に案内しても、誰も彼の存在を不思議がらなくて、何もかもありのまま受け入れられている所が不思議ですよね〜。
トトロも何となくそういう世界観は感じられますが(子供にしか見えない世界があってもいいじゃないかみたいな)、ポニョはそれ以上に皆に受けいられてしまう感覚がまた面白いなと思いましたね。。
それぞれの謎はご自分で考えてくださいね。。みたいな^^
現実の内容の中にこういう空想の世界を織り交ぜるのは難しいのかもしれませんが、融合させるなら、このくらいとことん融合させてもらったほうが潔い場合もあるかもしれませんね!
それでは、またお邪魔します☆
ぴーち
URL
2008/08/03 12:58
【由香さんへ】
こんばんは、由香さん。
コメント&TBありがとうございます。

由香さんもトトロの方がいいのですか?私はトトロというキャラクターに心を惹かれますね。何十回も観てるなんて、まさにトトロ通ですね。

絵本の様っていう発想が由香さんの感性を表してますね!
物語的には単純で考えないで観れるくらいの方が好きなんですが、ただ感覚的に観るっていうタイプではないようです。

由香さんは子供に絵本を読んでらっしゃることで、物語にすぅーっと溶け込んでゆくのでしょうね!そういう意味では宮崎監督の感覚にマッチしやすいのではないかと思います。

でも私も宮崎監督の作品はかなり好きな方なので、またこの作品を観る時はもっと違う観方をして、感覚的になってみたいと思います。
ケビン
2008/08/03 23:25
【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

>相変わらず、ケビンさんの記事は見ていてわくわくしてきますね!
わくわくしてもらってるんですね!ありがとうございます。

ぴーちさんのコメントを読ませて頂いて、
>それぞれの謎はご自分で考えてくださいね。。みたいな^^
ここに、あっ!と思ってしましました。
そうそうこういう風に、あとはご自分で、、みたいな感じって、逆に考え過ぎてしまい、ダメなんですよね〜〜

以前にもまったく違うジャンルの映画ですが、あとは想像してみてください感覚の映画に対して、苦手だな〜と感じたことがありました。
ぴーちさん、ありがとう!!何となくモヤっと感がとれた感じがしました。

そういえば、学生時代、国語よりも数学の方が好きだったな…
ケビン
2008/08/03 23:36
ケビンさーん、お久しぶりです♪
遅くなりましたが、その節はコメントをありがとうございました。
私は病院のベッドの上で泣きました(T T)
こうしてまた元気に遊びに来ることができて良かったです(^0^)

ぽにょ、待ちに待ったジブリ(宮崎駿)作品だったのですが観にいけず・・。だからこうしてレビューを読んでいろいろ想像している私です。
最近のジブリは、思想的というかなんか抽象的ですが、今回もそうみたいでちょっとがっかり・・。
ちなみに、うちのベビちゃんはポニョって呼んでます。かなり似ているので。いつか親子で見たいなあ。
みやぽー
2008/08/05 03:17
【みやぽーさんへ】

こんばんは、みやぽーさん。
そして、お帰りなさ〜い!
お待ちしていましたよ♪

元気になられて何よりです。

早速のコメントありがとうございます。
ポニョは親子で観られるといいと思いますよ!
子供は(まだ赤ちゃんですが)きっと喜んでくれると思います。

ジブリ(駿)作品は子供に親しまれる作品が多いですから、まずはポニョからそしてトトロ、それから魔女の宅急便や千と千尋、ラピュタ、ナウシカといった感じで成長するにつれて観ていく作品も変えていけるから、いつまでもみんなに親しまれ続けていくのではないのでしょうか…

みやぽーさん、またブログ始められたら、絶対に訪問しますね。
ではまた。
ケビン
2008/08/05 23:49
わたしはポニョよりも千尋が好きですね〜。

ポニョのしぐさはかわいかったけど、
後半、竜宮上にいっちゃったみたいで(苦笑)
?でしたね。

最近映画館でどんな作品を見ても、
見終わった後にポニョ♪ポニョ〜♪と流れるので、
調子狂っちゃいます(汗)
えふ
URL
2008/08/06 20:38
【えふさんへ】
こんにちは、えふさん。
コメント&TB有難うございます。

私も『千と千尋〜』は大好きです。

確かに竜宮城みたいですね。ひまわりのおばあさんたちの中でもトキさんが意外とまともな反応を示していたよう泣きがします。
他の人は平然と受けいれっちゃっているところが?でした。

>最近映画館でどんな作品を見ても、
>見終わった後にポニョ♪ポニョ〜♪と流れるので、
>調子狂っちゃいます(汗)
この歌はすごく耳に残りますね。
子供にとっても口ずさみ易いので、あちこちで聞こえてきそうですね(笑;
すべてがファンタジーな映画でした。
ケビン
2008/08/18 12:19
私はそれでも気に入ってしまいました
崖の上のポニョ 動画
URL
2012/06/26 14:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『崖の上のポニョ』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる