シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』

<<   作成日時 : 2008/09/12 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

画像興行収益10億ドル突破メガ・ヒットシリーズ第3弾!!
 胸躍るアドベンチャー、スリリングなアクション、目を見張るVFXに、パンチの効いたユーモア。まさに映画ならではの楽しさをたっぷり詰め込んだ『ハムナプトラ』シリーズが、エジプトから中国へ舞台を移し、いちだんとスケール・アップして帰ってきた!

 古代の世界から蘇った皇帝の馬車が、上海の町中を爆走する奇想天外なチェイス・シーン。ヒマラヤ山脈の断崖絶壁で繰り広げられる、ダイナマイトvs.バズーカ砲のド派手なバトル・シーン。そして、兵馬俑から変身した数万の皇帝軍と亡霊の姿から蘇った反皇帝軍が、万里の長城でぶつかりあう超スペクタルな合戦シーン。アジアのエキゾチックなロケーションを最大限に生かしたアクション・シーンは、このシリーズならではのアイデアを凝らした見せ場の連続。

 2008年、オリンピックの歴史が刻まれる中国を舞台に、新たなスタートを切る『ハムナプトラ』シリーズ。世界中の映画ファンが待ち望んでいたドキドキ・ハラハラの冒険が、いま再び始まる!!

Impressions...
7年振りのシリーズ第3弾ということで、前作の舞台エジプトから今回は今が旬の中国に舞台を移し、キャスティングももちろん中国といえばジャッキーかこの人というくらい人気を二分するアクション俳優ジェット・リー、そして香港映画でも有名なミシェル・ヨーとシリーズの中でも豪華なキャスティング。そして主役はもちろん、このシリーズで一躍有名になったブレンダン・フレイザーと妻のエヴリンには、前2作のレイチェル・ワイズに変わり、演技派女優のマリア・ベロが抜擢、とまぁ今回かなり気の入った感じの最新作です。

1作目を劇場で2作目はTVにて鑑賞しましたが、正直1作目を観たときさほど面白みを感じていませんでした。なので2作目はTVでそして、3作目も見送る気持ちだったのですが、ジェット・リーがでるときいてこれは観るべきかなと思い、劇場まで足を運びました。

画像それなりに面白かった。前2作と比べて、上海でのカーチェイスや、ヒマラヤでの戦闘シーンにイェティまで登場するなどいろいろと趣向を凝らすなど面白さはシリーズの中でも一番面白いと思います。そしてもちろんお馴染みのミイラの軍団に加え、えっ?キングギドラまで、ゴジラも登場するのかと思いきや単なるドラゴンでしたが・・・(笑;
オコーネル夫妻の絶妙なコンビネーション、くわえて成長した息子アレックス(ルーク・フォード)もあいまって家族総出の活躍は見事でした!

ただ冷静に観ちゃうと、折角のジェット・リーが出てきてもカンフー・シーンも殆どなく、アドベンチャーとしては今年同じようにシリーズ復活した『インディ・ジョーンズ』と比べると面白さも半減してしまいます。個人的にもひとつ、エヴリン役がレイチェル・ワイズでないのが残念です!今回マリア・ベロもなかなかブレンダンと良いコンビで良かったのですが、やっぱりレイチェルの方が雰囲気も良く、この映画にマッチしているような気がします。

Highlight
オコーネル・ファミリーの絶妙な連携・コンビネーションが魅力です。リック、エヴリン夫妻と成長したアレックス、そしてエヴリンの兄ジョナサンとまずは上海でのバトル・カーチェイス!対するミイラの皇帝とヤン将軍が馬車で上海の夜の街を派手に爆走
そして舞台をヒマラヤへと移し、軍隊との銃撃戦にくわえ、イェティまで交えたバトルはなかなか面白い♪この中盤から後半へと続くシーンが特にロケーションも含めての見所なのでは!

また前作ではまだ子供だったアレックスも立派に成人し、父親バリに冒険を好むのは、インディ親子と同じよう感じです。そのアレックス演じるのがオーストラリア出身のルーク・フォード。本作がハリウッド・デビューとなったようですが、ブレンダン同様このシリーズで活躍していきそうな、あるいはスピンオフ的なものも展開される予感がぷんぷんしますね。
そのアレックスと恋に落ちるのがリン役のイザベラ・リョン。香港では人気のある歌手でもあり、女優としても香港映画賞で新人賞にノミネートされるなど今後の活躍が期待されます。ちなみに現在20歳離れた香港の大富豪と交際しているそうです。

Story...
いの兵馬俑
 戦争の暗雲がたちこめる古代の中国。自然界を操る魔力を持った皇帝(ジェット・リー)は、強大な武力を行使して、全土制圧の野望の達成に向けて邁進。その目的を達成する為に不死の力を求めて、妖術師の女ツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)を、部下のミン・グオ将軍(ラッセル・ウォン)と共にシルクロードの彼方に旅立たせた。そこでツイ・ユアンは不死の魔術を発見。だが、彼女がミン・グオと愛し合う仲になったことを知った皇帝は、都に戻ってきた2人に卑劣な罠を仕掛けた。愛するミン・グオが処刑される姿を目の当たりにして、皇帝と臣下全員に呪いをかけるツイ・ユアン。修羅場を生き延びた彼女は、燃えさかる炎に包まれた皇帝たちが陶器に姿を変えていくのを尻目に、広大な大陸へと姿を消した……。

退屈は冒険のはじまり
 それから約2000年後の1946年。リック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)のオコーネル夫妻は、第二次世界大戦終結から1年を経たロンドンで幸せに暮らしていた。エヴリンは、エジプトのミイラと戦った過去2回の冒険をネタに小説を出版し、作家として大成功。いっぽう、戦時中の諜報活動で数々の手柄をあげたリックは、いまは魚釣り以外にやることのない退屈な日々を過ごしていた。そんな彼の元に、外務省から新たな任務が舞い込んでくる。それは、持ち主を不死の泉へ導くという伝説が宿るブルーダイヤ<ジャングリラの眼>を、上海の博物館へ戻しに行く仕事だった。当の博物館の館長が友人のロジャー・ウィルソンであり、上海にはエヴリンの兄のジョナサン(ジョン・ハナ)もいることから、ダイヤ移送の仕事を引き受けるオコーネル夫妻。だが、2人は知らなかった。ハーバード大学に留学しているはずの息子のアレックス(ルーク・フォード)も実は中国にいて、2000年前の皇帝陵を発掘するという、考古学史上の偉業を達成したことを。

 上海に飛んだオコーネル夫妻は、さっそく、ジョナサンが経営するナイトクラブ、イム・ホテップを訪問した。そこでアレックスと鉢合わせし、2人はびっくり仰天。しかし真の驚きは、その後に待ち受けていた。翌日アレックスが発見した皇帝のミイラを見るために上海博物館を訪れたオコーネル夫妻は、館長のウィルソンが、中国を世界の最強国にするために皇帝を復活させようと目論むヤン将軍(アンソニー・ウォン)と組んでいたことを知る。夫妻がイギリスから運んできた<シャングリラの眼>を使い、ヤンは復活の儀式を決行。それを阻止しようと、リックとエヴリンは激しい抵抗を繰り広げるが、ヤンは、陶器の姿のまま息を吹き返した皇帝を連れ、ブロンズの馬が率いる馬車で逃走をはかった。

恋と秘宝
 その騒動の最中、アレックスは、リン(イザベラ・リョン)と名乗る若い中国女性と出会う。2000年に渡って皇帝の墓を見張ってきた一族の末裔だという彼女は、<シャングリラの眼>を手に入れた皇帝がシャングリラにたどりつき、不死の泉の霊水を飲めば、軍隊を呼び覚ます力を得てしまうことを、オコーネル一家に話す。さらに、シャングリラへのゲートがヒマラヤにあることをリンに教えられたオコーネル一家は、リックの外人部隊の仲間だったマッド・ドッグ=マグワイア(リアム・カニンガム)の飛行機に乗り込み、一路ヒマラヤをめざした。
 無事ヒマラヤの地に到着したリックたちは、シャングリラヘのゲー卜がある黄金の仏舎利塔に罠を仕掛け、皇帝とヤンの軍団を待ち伏せする作戦をとった。が、火・水・木・土・金の5つのエレメントを操る力を持った皇帝は予想以上に手強く、皇帝の投げた剣からアレックスをかばおうとしたリックは瀕死の重傷を負ってしまう。そのリックの傷を癒すため、シャングリラへ急行した一行は、不死の泉の力で2000年の時を生き延びたツイ・ユアンと出会い、リンが彼女の娘であることを知る。幸いにもリックは泉の力で九死に一生を得るが、直後にシャングリラへを足を踏み入れた皇帝もまた、同じ霊水の力で完全に蘇ってしまう。


 復活後、皇帝は3つの頭を持つ龍に変身。皇帝陵をめざして飛んでいった彼の目的が、自分の軍隊を2000年の眠りから呼び覚ますことだと気づいたツイ・ユアンは、皇帝によって万里の長城の下に埋められた兵士たちの魂を解き放ち、皇帝軍と戦わせることを提案する。
 かくしてツイ・ユアンに呪いを解かれる反皇帝軍の兵士たち。万里の長城の地下から蘇った彼らは、皇帝に息を吹き込まれた兵馬俑の軍隊を相手に、激烈な戦いを繰り広げる。果たしてその勝利の行方は?
 そして、ツイ・ユアンから引き継いだ魔法の龍剣を手にしたリックとアレックスは、皇帝の息の根を止めることができるのか!?






















【CAST...】
画像
・Brendan Fraser(ブレンダン・フレイザー)
1968年・米・インディアナ州生まれ
父の仕事の関係で、ヨーロッパ各地とカナダを転々としながら育つ。トロントのプレップス・クールを卒業後、シアトルの演劇学校に入学。舞台、TVを経て、リバー・フェニックス主演の『恋のドッグファイト』(91)で映画デビュー。本シリーズのようなアクションからアカデミー受賞作『クラッシュ』(04)のようなシリアスなドラマ、そして大ヒット作『ジャングル・ジョージ』(97)に代表されるコメディまで、多彩なフィルモグラフィーを誇る演技派スターとして知られている。
リック・オコーネル役
1920年代の初めにフランス外人部隊に参加したアメリカ人。サハラ砂漠での戦闘中、死者の都ハムナプトラを発見。探検を通じてエヴリンと出会い結婚。勇敢だが大雑把な性格の持ち主。
『青春の輝き』『グローリーデイズ/夢見る頃はいつも』『きっと忘れない』『スカウト/涙の81球』『Dearフレンズ』『いつかあなたに逢う夢』『ザ・シンプソンズ』『タイムトラベラー/きのうから来た恋人』『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『ダドリーの大冒険』『悪いことしましョ!』『モンキーボーン』『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』『愛の落日』『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』『キング・オブ・ザ・ヒル』『センター・オブ・ジ・アース』『インクハート』など
画像
・Maria Bello(マリア・ベロ)
1967年・米・ペンシルヴァニア州生まれ
ビラノバ大学政治学科で弁護士を目指して学んでいたが、4年生の時に女優への転身を決意。すぐさまオフ・ブロードウェイの舞台に立ち活躍。96年、TVドラマ「ER/緊急救命室」の第3シーズンで演じた小児科医役が評判を呼び、第4シーズンのレギュラーに抜擢された。04年、『シークレット・ウィンドウ』でハリウッド女優の仲間入りを果たす。
エヴリン・オコーネル役
古代エジプトの研究家。ハムナプトラの探検隊を組織し、ガイド役を務めたリックと共に、復活したミイラと2度にわたる戦いを繰り広げた。その体験を基に小説を執筆し、作家として成功を収めている。
『ペイバック』『コヨーテ・アグリー』『デュエット』『The Cooler』『アサルト13 要塞警察』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『サンキュー・スモーキング』『ワールド・トレード・センター』『ジェイン・オースティンの読書会』など
画像
・Jet Li(ジェット・リー[李 連杰])

皇帝シー・ホワンディ役
天下統一の野望のため。永遠の命を追い求めた中国の皇帝。火・水・土・木・金の5つのエレメントを操る魔法の使い手。ツイ・ユアンの呪いにによって陶器に姿を変えたが、200年後、より強大なパワーを持つドラゴン・エンペラーとして蘇る。

画像
・Michelle Yeoh(ミシェル・ヨー[楊 紫瓊])
1962年・ マレーシア・ペラ州生まれ
84年ミス・マレーシアに選ばれ、それを機に香港映画界へ。サモ・ハンキーポーの目にとまり『デブゴンの怪盗紳士録』(84)で映画デビュー。87年、第1回主演作『レディ・ハード/香港大捜査線』以来、女性アクション・スターのトップに。結婚のため一時引退したが、離婚後、『ポリス・ストーリー3』(92)で復帰。大河ドラマ『宋家の三姉妹』(97)で香港映画賞助演女優賞にノミネートされる。同年『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』でハリウッド・デビュー。
ツイ・ユアン役
皇帝が、永遠の生命を得るために探し出した妖術師の女。恋人のミン・グオ将軍を処刑した皇帝に呪いをかけ、シャングリラに逃れ、2000年の時を生き延びてきた。
『七福星』『皇家戦士』『中華戦士』『新流星胡蝶剣/秘術VS妖術』『プロジェクトS』『ワンダーガールズ 東方三侠』『ファントム・セブン/香港機動警察』『レディー・ファイター/詠春拳伝説』『スタントウーマン/夢の破片』『グリーン・デスティニー』『レジェンド 三蔵法師の秘宝』『シルバーホーク』『SAYURI』『SPIRIT』『サンシャイン2057』『チルドレン・オブ・フアン・シ』『バビロンA.D.』など
画像アレックス・オコーネル役
リックとエヴリン夫妻の息子。アメリカで留学生活を送っていたが、内緒で退学。中国で考古学の現地調査に参加し、2000年前の皇帝陵を発掘する。
・Luke Ford(ルーク・フォード)
1981年・オーストラリア生まれ
ベルリン国際映画祭でクリスタル熊賞を受賞した『ザ・ブラック・バルーン』(08)などに出演。その後、ロブ・コーエン監督に見出され、本作でハリウッド・デビューを飾る。
『男たちの戦場』『ザ・ブラック・バルーン』など
画像リン役
謎の生い立ちを持つ美少女。皇帝陵を見張っていたことがきっかけでアレックスと出会い、彼と冒険を共にする過程で恋に落ちる。
・Isabella Leong(イザベラ・リョン[梁洛施])
1988年・中・マカオ生まれ
香港の人気歌手&女優、モデルでもある。エンペラー・エンターテインメント・グループ/ミュージック・プラス所属。歌手としては、04年に初の広東語アルバム「Isabella」でソロデビュー。『the EYE 3』(05)で映画デビュー。
『バグ・ミー・テンダー 〜恋と友情の物語〜』『ドラゴン・スクワッド』『西遊記 リローデッド』『イザベラ』『妄想 diary』『Tattoo-刺青』『戲王之王』『深海尋人 missing』など
 FilmMakers
画像ジョナサン・カーナハン役
エヴリンの兄。根っからの遊び人で、リックとの出会いも、彼がリックの、持ち物をすったことがきっかけだった。現在は、上海でクラブ・イムホテップを経営している。
・John Hannah(ジョン・ハナ)
1962年・英・スコットランド生まれ
故郷で電気技師として4年間働いた後、グラスコーのロイヤル・スコティッシュ・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマに入学。3年間の演技修行と舞台出演を経て、『ヤクザ刑事/シドニー・コネクションを潰せ!』(90)で映画デビュー。1996年に女優のジョアンナ・ロスと結婚。
『フォー・ウェディング』『ファイナル・カット』『スライディング・ドア』『ザ・ハリケーン』『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』『ジキル博士とハイド氏』『幸せになる彼氏の選び方 〜負け犬な私の恋愛日記〜』『告発者』など
画像ヤン将軍役
中国を世界の最強国とするべく、皇帝の復活をたくらむ。私設軍隊を率いて皇帝に仕える。
・Anthony Wong(アンソニー・ウォン[黄秋生])
1961年・香港生まれ
父親がイギリス人で母親は中国系。出生作はジョン・ウー監督の『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』(92)。実話を基にしたスプラッター『八仙飯店之人肉饅頭』(98)の出演で注目を浴び、香港アカデミー賞の主演男優賞を受賞した。実は大の香港嫌いである。
『ワンダーガールズ東方三侠』『ブラック・マスク』『エボラ・シンドローム〜悪魔の殺人ウイルス〜』『アンディ・ラウ アルマゲドン』『炎の大捜査線2』『風雲 ストームライダーズ』『八仙飯店之人肉饅頭2』『愛は波の彼方に』『ドリフト』『スー・チーin ヴィジブル・シークレット』『インファナル・アフェア』『インファナル・アフェア 無間序曲』『インファナル・アフェアIII 終極無間』『メダリオン』『マジック・キッチン』『愛と死の間で』『ドラゴン・プロジェクト』『頭文字D』『言えない秘密』など
画像マグワイア役
その昔、孫悟空に呪いをかけて石に変え、帝国の実権を握った不死の将軍。槍などの武器以外に手から出される火の玉やサイコキネシスなど魔術的な能力を持つ。
・Liam Cunningham(リアム・カニンガム)
1961年・アイルランド・ダブリン生まれ
元電気技師。俳優学校の広告を見て演技に挑戦しようと思い立ち、『Into the West』(92)の警官役で映画デビュー。以降、映画、舞台、TVで幅広く活躍。
『リトル・プリンセス』『草原とボタン』『トゥルーナイト』『日蔭のふたり』『ザ・ディレクター [市民ケーン]の真実』『ゴッド・クローン』『ドッグ・ソルジャー』『デス・サイト』『麦の穂をゆらす風』など
 FilmMakers
画像
監督
・Rob Cohen(ロブ・コーエン)監督
1949年・米・ニューヨーク州生まれ
ハーバード大学卒業後、インターナショナル・フェイマス・エージェンシー、20世紀フォックス・テレヴィジョンを経て、映画部門の上級副社長としてモータウンに入社。『マホガニー物語』(75)、『ウィズ』『イッツ・フライデー』(78)など話題作の製作を手がけた。『A Small Circle of Friends』(80)で監督に進出。TVシリーズの「マイアミ・バイス」や「プライベート・アイ」(87)を手掛け、脚本も担当した『ドラゴン/ブルース・リー物語』(93)で高い評価を得る。
『ドラゴンハート』『デイライト』『ザ・スカルズ 髑髏(ドクロ)の誓い』『ワイルド・スピード』『トリプルX』『ステルス』など




画像画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
今週の平日休みは、平日駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズで2本。 その1本目。 このシリーズって、前作2本とも観てるけど、 「インディ〜」シリーズっぽかったり、 プロレスラーのザ・ロックが出てた・・・くらいのイマイチ一流っぽくないシリーズってイメージ。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/10/10 03:23
『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』
□作品オフィシャルサイト 「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」□監督 ロブ・コーエン □脚本 アルフレッド・ガフ、マイルズ・ミラー □キャスト ブレンダン・フレイザー、マリア・ベロ、ジョン・ハナー、ルーク・フォード、ジェット・リー、ミシェル・ヨー、イザベラ・リョン■鑑賞日 8月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いよいよシリーズ第3作。 でもさぁ、レイチェル・ワイズが出てないのには不満たらたら(笑) ま、マリア・ベロが悪いわけではないん... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/10/10 08:28
『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』
【THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR】 2008年/東宝東和/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ロブ・コーエン 出演:ブレンダン・フレイザー、マリア・ベロ、ルーク・フォード、イザベラ・リョン、ジェット・リー、ミシェル・ヨー ...続きを見る
kuemama。の<ウェブリブログのへや...
2008/10/10 09:47
【映画】ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝…映画としては冒険していない
数日間、更新もコメント返信もしなかった私。 今月からお仕事が急に忙しくなっちゃったために、私生活も後ろにずれ込んでブログに割く時間が取れなかったというのがその理由{/face_hekomu/}でして、昨日も家の用事とか色々やってたら0時をまわっていました{/ase/} 0時過ぎると急にブログ更新へのやる気が削がれる…ってのが私のパターンでして{/face_ase2/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2009/02/10 16:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ケビンさん、おはようございます!
私もケビンさんと全く同感なんでした。
ジェット・リーといえば、カンフー。何もわざわざあんなドラゴンに変身させたりしなくても、彼なら肉弾戦でやって欲しかったです。
それにレイチェル、どうしちゃったのでしょう・。
女優生命を脅かすくらい激太りしちゃったとか??
ケビンさん、何かご存じですか?
本当に残念でしたね・・。
それでは、またお邪魔します★
ぴーち
URL
2008/09/12 08:24
【ぴーちさんへ】
こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

そうですよね、ジェット・リーが龍になる必要なんてないですね。
レイチェルについては、私もどうして降板したのかわかりません。
どうしてもスケジュールが調整できなかったのか?それとも激太り?(笑;
(昨年観た映画はまだ太ってませんでしたけど…)
ケビン
2008/09/15 01:45
ケビンさん♪こんにちわ〜(^ー^)
冬眠からおかえりなさーい!
いつもながら、素晴らしい内容と凝った記事ですね!
詳しい情報ありがとうござました☆
素晴らしい映像とVFXで楽しめましたね。
でも私も、ケビンさんやぴーちさんと同感です〜。
エヴリンはやっぱり、レイチェルでないとぉ〜!!!
マリア・ベロの演技は良かったとは思うのですが、
エヴリンの雰囲気ではないですよ〜。
それに、失礼ですけれど、お年の割りに老けて見えちゃって、
ブレンダン君と釣り合いがとれない感じがしましたヨ。
アルア・ベロが出てくるたびに、レイチェルだったら良いのにと思ってしまいました。( ̄□ ̄ );
それに、あぁ、ジェット・リー。
馬に乗っているシーンばっかりで、肝心のアクションシーンがほんのちょっとしかなくて、この映画にはジェットリ・リーはもったいないなって思っちゃいました。
ジョナサンのオトボケぶりは相変わらずで良かったです♪
ブレンダン君のユーモアも健在で嬉しかったですね。

また来ますネ(^^)ノ
応援ぽち!!!!
tess
URL
2008/09/21 05:54
文字数の制限で全部書けなかったので、上の続きです。

レイチェルが降板したわけ、アメリカのニュースで調べてみました。
当初は、レイチェルが出る予定で、彼女は脚本まで見ているんです。
でも当初脚本がひどくて問題があったようですヨ。
修正したと言った後も、たいして変わっていなかったらしいです。
あと、21歳の息子の母親という設定は、イヤだと言っています。
レイチェルは、現在37歳かな?でもチャーミングで若く見えますから、
確かにそんな大きな子供の母親にはムリがあるかなとは思いますネ。
それと、撮影が中国で5ヶ月間の予定でしたが、レイチェルは2歳の息子を残して5ヶ月も留守にすることは出来ないと言ったようです。
なんかいろいろな要因があったんですね。残念〜〜。
でもね、レイチェルは新しい映画にでていますよ。
イギリスとかではもう今月公開になっていて、「The Brothers Bloom」という犯罪アドベンチャー・コメディです。
写真見ましたけど、相変わらず可愛くて綺麗ですよ☆彡
長々とすみませーん!^^;
また来まーす(^ー^)
tess
URL
2008/09/21 05:56
【tessさんへ】
tessさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

tessさんもやはりレイチェルだと思ったのですね。
そう私も失礼ながらマリア・ベロは老けてみえるな〜と思ってました。逆にレイチェルは若く見えるほうなのでしょうね!

だから21歳の息子がいる設定に嫌気がさしたのでしょうね!
まだ2歳の子を残してまで遠く離れた中国に行くのも抵抗があってもしかたないでしょう。

ジェット・リーも馬上の人では華麗なアクションが死んでしまいますもんね。まぁいろいろなマイナス要素もあったけれど、続編はまた新たなる展開で面白くしてくれることを期待しましょう。

tessさん、貴重な情報をありがとうございました。
ケビン
2008/09/28 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる