シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『第67回ゴールデングローブ賞』ノミネート発表

<<   作成日時 : 2009/12/30 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 先日、「第67回ゴールデングローブ賞」のノミネートが発表されました。
さて、アカデミー賞の前哨戦とも呼ばれるこの映画賞、気になる作品はありますでしょうか?

昨今、日本人の活躍も目立つようになり、この賞に限っては、記憶に新しいのが2007年の渡辺謙、二宮和也などが出演したクリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』が外国語映画賞を受賞しています。また同年には菊地凛子が『バベル』で助演女優賞にノミネートされるなど話題となりました。今回どうでしょうか・・・主要部門のノミネートは以下の通りです。

 作品賞(ドラマ部門)

  • 『Avatar/アバター』
    監督:ジェームズ・キャメロン
    出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー
  • 『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
    監督:キャスリン・ビグロー
    出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ
  • 『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
    監督:クエンティン・タランティーノ
    出演:ブラッド・ピット、イーライ・ロス、ティル・シュヴァイガー
  • 『Precious: Based On The Novel Push By Sapphire/プレシャス』
    監督:リー・ダニエルズ
    出演:モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー
  • 『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
    監督:ジェイソン・ライトマン
    出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック

 作品賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • 『(500) Days Of Summer/(500)日のサマー』
    監督:マーク・ウェブ
    出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル、クラーク・グレッグ
  • 『The Hangover』
    監督:トッド・フィリップス
    出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス
  • 『It's Complicated/恋するベーカリー』
    監督:ナンシー・マイヤーズ
    出演:メリル・ストリープ、スティーヴ・マーティン、アレック・ボールドウィン
  • 『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』
    監督:ノーラ・エフロン
    出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ
  • 『Nine/NINE/ナイン』
    監督:ロブ・マーシャル
    出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス

 監督賞

  • キャスリン・ビグロー
    『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
  • ジェームズ・キャメロン
    『Avatar/アバター』
  • クリント・イーストウッド
    『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
  • ジェイソン・ライトマン
    『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
  • クエンティン・タランティーノ
    『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』

 主演男優賞(ドラマ部門)

  • ジェフ・ブリッジス
    『Crazy Heart』
  • ジョージ・クルーニー
    『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
  • コリン・ファース
    『A Single Man』
  • モーガン・フリーマン
    『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
  • トビー・マグワイア
    『Brothers』

 主演女優賞(ドラマ部門)

  • エミリー・ブラント
    『The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛』
  • サンドラ・ブロック
    『The Blind Side』
  • ヘレン・ミレン
    『The Last Station』
  • キャリー・マリガン
    『An Education』
  • ガボレイ・シディビー
    『Precious: Based On The Novel Push By Sapphire/プレシャス』

 主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • マット・デイモン
    『The Informant!/インフォーマント!』
  • ダニエル・デイ=ルイス
    『Nine/NINE/ナイン』
  • ロバート・ダウニーJr.
    『Sherlock Holmes/シャーロック・ホームズ』
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    『(500) Days Of Summer/(500)日のサマー』
  • マイケル・スタールバーグ
    『A Serious Man』

 主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • サンドラ・ブロック
    『The Proposal/あなたは私の婿になる』
  • マリオン・コティヤール
    『Nine/NINE/ナイン』
  • ジュリア・ロバーツ
    『Duplicity/デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』
  • メリル・ストリープ
    『It's Complicated/恋するベーカリー』
  • メリル・ストリープ
    『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』

 助演男優賞

  • マット・デイモン
    『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
  • ウディ・ハレルソン
    『The Messenger』
  • クリストファー・プラマー
    『The Last Station』
  • スタンリー・トゥッチ
    『The Lovely Bones/ラブリーボーン』
  • クリストフ・ヴァルツ
    『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』

 助演女優賞

  • ペネロペ・クルス
    『Nine/NINE/ナイン』
  • ヴェラ・ファミーガ
    『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
  • アナ・ケンドリック
    『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
  • モニーク
    『Precious: Based On The Novel Push By Sapphire/プレシャス』
  • ジュリアン・ムーア
    『A Single Man』

 外国語作品賞

  • 『Baaria』(イタリア)
  • 『Broken Embraces/抱擁のかけら』(スペイン)
  • 『The Maid (La Nana)』(チリ)
  • 『A Prophet (Un Prophete)』(フランス)
  • 『The White Ribbon (Das Weisse Band - Eine Deutsche Kindergeschichte)』(ドイツ)

 アニメ作品賞

  • 『Cloudy With A Chance Of Meatballs/くもりときどきミートボール』
  • 『Coraline/コララインとボタンの魔女』
  • 『Fantastic Mr. Fox』
  • 『The Princess And The Frog/プリンセスと魔法のキス』
  • 『Up/カールじいさんの空飛ぶ家』

 脚本賞

  • 『District 9/第9地区』
  • 『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
  • 『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
  • 『It's Complicated/恋するベーカリー』
  • 『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』

 作曲賞

  • 『Up/カールじいさんの空飛ぶ家』
  • 『The Informant!/インフォーマント!』
  • 『Avatar/アバター』
  • 『A Single Man』
  • 『Where The Wild Things Are/かいじゅうたちのいるところ』

 主題歌賞

  • "Cinema Italiano"『Nine/NINE/ナイン』
  • "I See You"『Avatar/アバター』
  • "I Want To Come Home"『Everybody's Fine』
  • "The Weary Kind (Theme From Crazy Heart)"『Crazy Heart』
  • "Winter"『Brothers』



最も多くノミネートされたのが、6部門のジェイソン・ライトマン監督の『マイレージ、マイライフ』でした。次いで『NINE』が5部門、すでに日本でも公開されている『アバター』と『イングロリアス・バスターズ』が4部門で候補になるというやや混戦模様ですね。私はやっぱり先日観に行った『アバター』に期待してみたいです。
監督賞ではキャスリン・ビグローとジェームズ・キャメロンの元夫婦対決が見物ですね。
また各俳優賞では、映画賞の常連のメリル・ストリープが主演女優賞部門でWノミネート、マット・デイモンが主演・助演男優賞で2部門にノミネートなど注目すべきところですね!

尚、授賞式は2010年1月17日に開催されます。

関連記事


画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パッチです。
記事アップされたんですねっ。
ほんとに画像も綺麗に整理されていますし、
とても見やすいです。

ほとんど作品の情報はわからなかったのですが、
こうやって画像を見てみると
やっぱり作品の雰囲気などもわかっていいもんですねっ。

とにかく今は個人的に「アバター」が見てみたいです。
世界ですごい興行成績を上げてますもんねっ。
このヒットもあって、続編なども作られるのかもしれませんねっ。
今からとっても楽しみです(^^)
パッチ
URL
2010/01/02 00:34
【パッチさんへ】
こんばんは、パッチさん。
コメントありがとうございます。

「GG賞」のノミネートから記事を載せたのは今回が初めてだったので、下準備に時間がかかってしまいました。画像をUPするのは自分自身が確認するためもあるので、パッチさんにも雰囲気がわかって頂いてうれしいです。

「アバター」は本当に画期的な映画でしたので、是非劇場鑑賞することをお薦めしますよ!ただ続編の雰囲気はなかったですね!
「ターミネーター」もそうでしたが、キャメロンはスパッと切るとこは切って、次の新作に取り組むみたいな感じが多いので、いつまでもひとつの作品にこだわらないかもしれませんね。
でもまたこんなワクワクさせられる作品を作ってくれると思いますよ、きっと。

ケビン
2010/01/03 17:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『第67回ゴールデングローブ賞』ノミネート発表 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる