シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『2009 Best of CINEMA』

<<   作成日時 : 2010/01/03 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

画像2009年、昨年もたくさんの映画を劇場鑑賞することができました。33本とまたまた年間鑑賞数の更新となり充実した一年でした。ただ記事(レビュー)の方は思うようにUPできない年でもありました。
昨年は3D元年でしたが、2本だけ3Dにて鑑賞し、新たなる楽しみ方も増えたかなと思いますが、ちょっとお高いのであまりたくさん観ることは躊躇してしまいますね。その分観たい映画を数多く鑑賞したいという気持ちの方がやはり強くなってしまいます。

では2009年のシネウダ的ベスト・シネマを発表したいと思います。
10位から順に発表していきたいと思います、とその前に今回は本数も多くなりましたので15位〜11位も発表したいと思います。
15位〜11位

  1. 「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」
    【出演】 ヒュー・ジャックマン, リーヴ・シュレイバー
    【監督】 ギャヴィン・フッド
  2. 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
    【出演】 ダニエル・ラドクリフ, エマ・ワトソン,マイケル・ガンボン
    【監督】 デヴィッド・イェーツ
  3. 「カールじいさんの空飛ぶ家」
    【出演】 エドワード・アズナー, ジョーダン・ナガイ,クリストファー・プラマー
    【監督】 ピート・ドクター
  4. 「天使と悪魔」
    【出演】 トム・ハンクス, ユアン・マクレガー
    【監督】 ロン・ハワード
  5. 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
    【出演】 ロン・パールマン, セルマ・ブレア
    【監督】 ギレルモ・デル・トロ

 10位以内に入らなかったとはいえ、5作品とも結構楽しめたものばかりでした。「X-MEN」からのスピンオフ「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」は“ウルヴァリン”一人にスポットをあてたためシリーズ作品より物語に感情移入しやすくなった気がします。また、最終話も近い「ハリポタ」シリーズの6作目は衝撃の悲劇が待ちうけた作品で目が離せませんでした。ピクサーの10作品目は3Dで鑑賞しなかったものの、その細かな描写は見事といえる仕上がりをみせていました。前作を上回る面白さをみせたのはトム・ハンクスの「天使と悪魔」。スリル感たっぷり味わうことができました。そしてパート1は未見ながらもデル・トロ・ワールドにどっぷり引き込まれてしまった「ヘルボーイ」は次回作もすごく楽しみなシリーズ作品になりそうです。
10位 スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞受賞作品として多くの人が鑑賞したと思いますが、私もその一人として鑑賞できて良かったです。
無名俳優ばかりの作品ですが、ひとつひとつが目を見張る演技ばかりでした。またカメラワークも躍動感あふれ観る者をスクリーンの虜にしてくれる映画でした。子役たちが非常にかわいかったです。

【出演】 デーヴ・パテール, フリーダ・ピントー
【監督】 ダニー・ボイル

9位 トランスフォーマー: リベンジ

前作から2年後での続編でさらにスケールアップ!トランスフォーマーの数もかなり増え、面白さ倍増でした。さらにパート3を匂わせる終わり方でシリーズ作品としても楽しみな映画になりそう・・・ミーガンは相変わらずのセクシーさで目を奪われてしまいました(笑;


【出演】 シャイア・ラブーフ, ミーガン・フォックス
【監督】 マイケル・ベイ


とても静かな映画でしたが、観ていて心地いい時間が流れてくるような気がしました。ブラッド・ピットがどんどん若返る様は実に見事な変化でメイクの技術だけでなく演技にも魅了される思いでした。


【出演】 ブラッド・ピット, ケイト・ブランシェット
【監督】 デヴィッド・フィンチャー

7位 レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-

前篇から間をおかずに公開され、高揚する気持ちが持続する感覚で観ることができました。
ジョン・ウーの巧みなアクション劇はやはり圧巻!終始スクリーンから目が離せませんでした。できればもう少し続きが観たかった!!!


【出演】 トニー・レオン, 金城武, リン・チーリン
【監督】 ジョン・ウー

6位 ターミネーター4

新たなキャスティングで臨んだシリーズ4作目は前作のモヤっと感を十分に払拭してくれました。
クリスチャン・ベールのジョン・コナーはなかなかいい感じ♪


【出演】 クリスチャン・ベール, サム・ワーシントン, アントン・イェルチン
【監督】 マックG

5位 グラン・トリノ

監督クリント・イーストウッドは実にすばらしい作品を手掛けてきます。この作品もそのひとつです。


【出演】 クリント・イーストウッド, ビー・ヴァン
【監督】 クリント・イーストウッド

4位 アバター

タイタニック以来久しぶりのメガホンをとった監督ジェームズ・キャメロンの作品。期待以上の仕上がりでした。いつも夢と感動を与えてくれるキャメロンは常に前進を試みているのでしょう!
この「アバター」はその象徴的作品だと思います。


【出演】 サム・ワーシントン, シガニー・ウィーバー, ゾーイ・サルダナ
【監督】 ジェームズ・キャメロン


正直クリント・イーストウッド監督作品でこんなにハマるとは思ってみませんでした。
実話を元にしているだけに期待はしてませんでしたが、見事に裏切られた気持ちになりました!
アンジーの迫真の演技にも注目です。



【出演】アンジェリーナ・ジョリー, ジョン・マルコヴィッチ
【監督】 クリント・イーストウッド


最初観に行こうか行くまいか迷っていたのですが、本当に観に行ってよかった。ニュー・シネマ・パラダイスを思い出させるその情景とストーリー。今でも心に残るその歌声が忘れられません。



【出演】ジェラール・ジュニョ, クロヴィス・コルニアック, ノラ・アルネゼデール
【監督】 クリストフ・バラティエ


「M:i:III」、「クローバーフィールド」とJ・J・エイブラムス監督の作品を観てきましたが、全然私的にはしっくりきた作品には出会えてませんでした。でもこの「スタートレック」という映画は実に面白く私的にもすごく見応がえありました。
続編にも期待せずにはおれません。



【出演】クリス・パイン, ザカリー・クイント, カール・アーバン
【監督】 J・J・エイブラムス



本当に昨年は楽しめた年でした。1位が2作品になったのは違うジャンルながらこの2つに差をつける理由が見つからなかったので同順位となりました。

そして今回も印象に残った俳優賞とそれに加え監督賞も選んでみたいと思います。

ベスト主演男優賞
 ブラッド・ピット(ベンジャミン・バトン 数奇な人生)

 ブラッド・ピットの幅のある演技に魅了されました。

ベスト主演女優賞
 アンジェリーナ・ジョリー(チェンジリング)

 迫真の演技、観ている方も思わず手に汗握る思いがしました。

ベスト助演男優賞
 アントン・イェルチン(ターミネーター4、スタートレック)

 2つの作品でまったく雰囲気の違うキャラクターを演じていました。これからもっと活躍してくれると思います。

ベスト助演女優賞
 ヴィッキー・チャオ(レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-)

 大勢のキャスティングの中でもつい注目してしまうそんな女優でした。

ベスト監督賞
 クリント・イーストウッド(チェンジリング、グラン・トリノ)

 この2つの作品に出会わせてくれて感謝の一言です。


という結果になりました。夢の夫婦受賞がここに実現です(笑;
いつか本当にオスカーを獲って欲しいですね!
さて2010年はどんな作品があるのかまた楽しみです。

おまけ・・・
ワースト作品賞
「DRAGONBALL EVOLUTION」
「ノウイング」

やっぱり数多く観るとどうしても失敗したかなと思う映画もありますね!

【関連記事】
『2008 Best of CINEMA』
『2007年 BEST』



画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★
   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを送って下さった皆さまのおかげです。   どうもありがとうございました          これからもどうぞヨロシクお願いします それでは今年劇場鑑賞した作品からマイベスト10を―    1.『GOEMON』           2.... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/01/05 10:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
やはり、スタートレックは、男性には人気があるようですね^^
私も映画館で鑑賞しましたが、面白かったのを覚えています♪
今年もまた、楽しい作品が登場してくれることを期待しています^^
ぴーち
2010/01/03 08:11
助演男優賞にアントン君! これがすごくうれしいです。
私も選ぶとしたら彼にしたい。
彼の声が大好きです。
私のベストにも入れた作品がたくさん入っていて
これまた うれしい〜
「スタートレック」入れ忘れていました・・。
「ドラゴンボール」がワーストって なんか分かる気がします。
みいな
2010/01/03 16:04
【ぴーちさんへ】
こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

そうですね、SFものは特に男性に人気がありますね、私も好きなジャンルです。特に「スタートレック」のOLDファンてわけでもないのですが、TVでは観ていました。なので非常にすんなり感情移入ができました。

ぴーちさんも観て面白かったということで共感できうれしく思います。
今年も昨年を上回る楽しい作品に出会いたいですね!
ケビン
2010/01/03 17:42
【みいなさんへ】
こんばんは、みいなさん。
コメントありがとうございます。

アントン・イェルチン、味のある役者だと思いました。
これからも注目したいと思い、助演賞にしてみました。
みいなさんの好きな俳優なんですね。良かったです。

みいなさんのベストと結構被っている作品があるんですね!
私もうれしいです。また訪問したいと思います。

「ドラゴンボール」は仕方ないかな…(笑;
ケビン
2010/01/03 17:48
あけましておめでとうございます。

去年はイーストウッドの2作品が目立ちましたね。
みなさんベスト10には必ず入っていました。
そして今年のイーストウッド作品も楽しみですね。
ワーストは・・・
これも同じくです(苦笑
まったく言葉がでてきません(汗

今年もいろいろな作品と出会えるのが楽しみです。
本年もよろしくお願いたします。
えふ
URL
2010/01/03 19:34
【えふさんへ】
こんばんはえふさん。
あけましておめでとうございます。

本当に去年はイーストウッド監督の作品が目立ちましたよね!
私も久しぶりに監督の映画を観ました。
そして良かった♪♪
今年は『インビクタス/負けざる者たち』ですよね!観なければ( ̄ー ̄)

ワーストははははっ…ですね。

そうですね、いっぱいいろんな映画を観たいですね。
本年もよろしくお願い致します<(_ _)>
ケビン
2010/01/03 22:10
おめでとうございます^^
いい映画がそろいましたねぇ。このベスト10が
そのまま私のベスト10でも全く異論がないです。
全部好きだし素晴らしかったと思います、本当に。
やっぱり監督はイーストウッド監督ですよね!
アカデミーはどうも最近嫌われているとしか思え
ないですけど。(苦笑)
今年も1月から楽しみな映画が目白押しです。
また色々お話させてください^^
KLY
2010/01/04 01:01
【KLYさんへ】
おめでとうございます。

異論がないと言って頂いて、ありがとうございます、光栄です。
イーストウッド監督本当に良かったと思います。
アカデミー賞またいつか獲ってくれると思いますきっと!

そうですね、今年も楽しみな映画がいっぱいありそうで今からワクワクしています。
こちらこそ色々お話しさせて下さい。

本年も宜しくお願い致します。
ケビン
2010/01/04 09:23
遅ればせながら・・・
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします♪

ケビンさんのベスト10と4作かぶりました〜嬉しいな♪
1位はスタートレックですか〜
これはオリジナルのファンの方にも評判が高かったですよね!

2位の幸せ〜は未見ですので、オススメ頂きましたし是非観たいと思います。

今年もいい映画に出会えるといいですね!
そしてケビンさんとお話出来る機会も増えると嬉しいです♪
由香
URL
2010/01/05 10:44
【由香さんへ】
こんばんは、由香さん。
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今回は一昨年の『ダークナイト』のような飛び抜けた作品はなかったものの、結構重なるいい作品が他のブロガーさんにも多くみられました。
スタートレックはいわゆるトレッキーと呼ばれる人ではなくても、原点の話だったので観ていて楽しめる人も多かったと思います。

2位でなく同1位なのですが、『幸せはシャンソニア劇場から』はお薦め作品です。機会があったら観てくださいね。

はい、今年もなるべく厳選していい映画を観たいと思ってます。
う〜ん、昨年は全然お話できてないので(汗)いっぱい訪問しますね。
コメント&TBありがとうございました。
ケビン
2010/01/05 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『2009 Best of CINEMA』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる