シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(男優編)」

<<   作成日時 : 2010/01/15 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 2009年が終わり、ちょうど2000年に入ってから10年が経ちました。節目の年ということで、日本の映画雑誌「SCREEN」が00年代の外国映画総決算を発表しました。その中から、「この10年間で最も愛されたスターは誰?」ってことでまずは男性スター編のランキングをご紹介したいと思います。

2000-2009  男性人気スター ランキング

  1. 【ブラッド・ピット】
    〔00年代作品〕
    『スナッチ』『ザ・メキシカン』『スパイ・ゲーム』『オーシャンズ11』『Full Frontal』『コンフェッション』『シンドバッド 7つの海の伝説』『Abby Singer』『トロイ』『オーシャンズ12』『Mr.&Mrs.スミス』『バベル』『オーシャンズ13』『ジェシー・ジェームズの暗殺』『バーン・アフター・リーディング』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『イングロリアス・バスターズ』
    00年代は『スナッチ』で始まり、クルーニーと組んだ『オーシャンズ11』が興業的にも成功を収め、3作品もシリーズ化されることになりました。これを機に出演料は高騰し、『Mr.&Mrs.スミス』で共演したアンジェリーナ・ジョリーと交際、一部の関係者からは2人を合わせて「ブランジェリーナ」と呼ばれ、人気を不動のものにしました。

  2. 【ジョニー・デップ】
    〔00年代作品〕
    『ショコラ』『夜になるまえに』『フロム・ヘル』『耳に残るは君の歌声』『ブロウ』『ロスト・イン・ラ・マンチャ』『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ネバー・ランド』『シークレット ウインドウ』『リバティーン』『チャーリーとチョコレート工場』『ティム・バートンのコープスブライド』『パイレーツ・オブ・カリビア/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビア/ワールド・エンド』『シャンタラム』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『パブリック・エネミーズ』
    00年代は何といっても『パイレーツ・オブ・カリビア』の大ヒットで、一躍世界中の人気者に。また、「最もセクシーな男」に選出され、女性ファンの心を鷲掴みにしました。

  3. 【レオナルド・ディカプリオ】
    〔00年代作品〕
    『ザ・ビーチ』『あのころ僕らは』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『アビエイター』『ディパーテッド』『ブラッド・ダイヤモンド』『ワールド・オブ・ライズ』『Shutter レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
    90年代に『タイタニック』が大ヒットし世界中にブレイクするもディカプリオ自身は役者としてあまり評価されることはなかった。しかし、00年代に入り『ギャング・オブ・ニューヨーク』でマーティン・スコセッシ監督の作品に出演。その後も『アビエイター』『ディパーテッド』とスコセッシとコンビを組んだディカプリオはゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞するなどアイドル俳優から実力派俳優への道を着実に歩むようになりました。

  4. 【キアヌ・リーブス】
    〔00年代作品〕
    『リプレイスメント』『シェーン・ファルコ』『ザ・ウォッチャー』『ギフト』『スウィート・ノベンバー』『陽だまりのグラウンド』『マトリックス・リローデッド』『アニマトリックス』『マトリックス・レボリューションズ』『恋愛適齢期』『コンスタンティン』『サムサッカー』『ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー』『イルマーレ』『スキャナー・ダークリー』『フェイク シティ ある男のルール』『地球が静止する日』『50歳の恋愛白書』
    99年にヒットした『マトリックス』の続編が03年に公開され、一躍人気俳優になった。その他にも00年代にはSF映画や恋愛映画などをこなしてきたキアヌ、観客に愛される個性派俳優へとなっていきました。

  5. 【トム・クルーズ】
    〔00年代作品〕
    『M:I-2』『バニラ・スカイ』『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』『マイノリティ・リポート』『ラスト・サムライ』『コラテラル』『宇宙戦争』『M:i:III』『大いなる陰謀』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『ワルキューレ』
    00年代は『M:I-2』を皮切りに毎年のように話題作を提供し続けてきました。私生活でもニコール・キッドマンとの離婚、ペネロペ・クルスとの破局、そしてケイティ・ホームズとの再婚、愛娘スリちゃんの誕生と常に話題に欠かせませんでした。

  6. 画像【ダニエル・ラドクリフ】
    〔00年代作品〕
    『テイラー・オブ・パナマ』『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『ディセンバー・ボーイズ』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
    00年代の中でも象徴的なヒット作品になった「ハリー・ポッター」シリーズ、その主演を務めたダニエルはかわいい少年から英国演劇界の明日をも担う若手の一人へと成長していきました。

  7. 【オーランド・ブルーム】
    〔00年代作品〕
    『ロード・オブ・ザ・リング』『ブラックホーク・ダウン』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『ケリー・ザ・ギャング』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『チャンピオン 明日へのタイトルマッチ』『トロイ』『ヘイヴン 堕ちた楽園』『キングダム・オブ・ヘブン』『エリザベスタウン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『リンガーズ 0ロード・オブ・ザ・ファンズ』『私の婚活恋愛術』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
    00年以降に登場したニュースターの一人で、「ロード・オブ・ザ・リング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」の2大ヒット・シリーズで一気にその存在を知られるようになりました。その甘いルックスで女性ファンも急増。

  8. 【トム・ハンクス】
    〔00年代作品〕
    『キャスト・アウェイ』『ロード・トゥ・パーディション』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『レディ・キラーズ』『ターミナル』『ポーラー・エクスプレス』『ダ・ヴィンチ・コード』『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』『ザッツ・マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生』『天使と悪魔』
    ベテランの中でも常に安定した人気を保っているトム・ハンクスは『キャスト・アウェイ』や『ターミナル』、『ダ・ヴィンチ・コード』と感動作もサスペンスも「この人が主演なら」といった安心感をもたらす存在になっていきました。

  9. 画像【ジャッキー・チェン】
    〔00年代作品〕
    『シャンハイ・ヌーン』『アクシデンタル・スパイ』『ラッシュアワー2』『タキシード』『シャンハイ・ナイト』『ツインズ・エフェクト』『メダリオン』『80デイズ』『香港国際警察/NEW POLICE STORY』『花都大戦 ツインズ・エフェクト2』『エンター・ザ・フェニックス』『The Myth 神話』『プロジェクトBB』『ラッシュアワー3』『ドラゴン・キングダム』『カンフー・パンダ』『新宿インシデント』『尋捜成龍』
    日本でも最も親しみのわく俳優のひとりで、ハリウッドだけでなくアジア圏での活躍を続けていて、常に根強い人気をキープしています。

  10. 【ユアン・マクレガー】
    〔00年代作品〕
    『ノーラ・ジョイス 或る小説家の妻』『ムーラン・ルージュ』『ブラックホーク・ダウン』『スター・ウォーズ/エピソード2』『恋は邪魔者』『猟人日記』『FASTER ファスター』『Valiant』『ビッグ・フィッシュ』『スター・ウォーズ/エピソード3』『アイランド』『ステイ』『Scenes of a Sexual Nature』『ミス・ポター』『アレックス・ライダー』『ウディ・アレンの夢と犯罪』『彼が二度愛したS』『Incendiary』『フィリップ、きみを愛してる!』『天使と悪魔』
    若き日のオビ=ワン・ケノービを演じた「スター・ウォーズ」新3部作で人気をものにし、『ムーラン・ルージュ』や『ビッグ・フィッシュ』といった感度作にも出演、ファン層の拡大に成功しました。



ジョニー・デップが1位と思いきやブラッド・ピットが1位でした。デップの人気が急上昇したのが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズからですが、その1作目「呪われた海賊たち」が公開されたのが2003年、なのでそれ以降は間違いなくトップだったでしょう。ただブラピも根強い人気があるのは確かかと。奥様の貢献度もあるのかも…。
3位のレオナルド・ディカプリオもまだまだ人気が衰えてないようで。一時期少しお肥えになったみたいですが、最近はすっきりというか逆に貫録も出てきたみたいですね。30代半ば、これから円熟期を迎えまだまだ目が離せない俳優になりそうですね!
4位キアヌ・リーブス、5位トム・クルーズまでは結構予想通りな展開のような気がします。
6位以下は00年代ニューフェイスとベテラン勢がランキング入り。10位のユアンはオビ・ワンあたりからジワジワと来た気がしますね。

それでは11位以下もチェケラゥ!


  1. 画像【ハリソン・フォード】
    『ホワット・ライズ・ビニース』『K-19』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』など

  2. 【ヴィゴ・モーテンセン】
    『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『イースタン・プロミス』など

  3. 【ブルース・ウィリス】
    『アンブレイカブル』『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』『シン・シティ』『ダイ・ハード4.0』など

  4. 【マット・デイモン】
    『オーシャンズ11』『ボーン・アイデンティティ』『オーシャンズ12』『グッド・シェパード』『ボーン・アルティメイタム』など

  5. 【ジョシュ・ハートネット】
    『パール・ハーバー』『ブラックホーク・ダウン』『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』など

  6. 【ジェラルド・バトラー】
    『トゥームレイダー2』『オペラ座の怪人』『300』『P.S. アイラヴユー』など

  7. 【ダニエル・クレイグ】
    『トゥームレイダー』『007 カジノ・ロワイヤル』『ライラの冒険 黄金の羅針盤』『007 慰めの報酬』など

  8. 【イライジャ・ウッド】
    『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『パリ、ジュテーム』など

  9. 【ルパート・グリント】
    『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』など

  10. 【ジュード・ロウ】
    『スターリングラード』『A.I.』『コールド マウンテン』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』など




ランキング後半を見ると「インディ・ジョーンズ」「ダイ・ハード」シリーズの復活!、「ハリー・ポッター」「オーシャンズ」「ボーン」「007」などといったシリーズ作品で活躍したスターが人気を博したようで、やはり単発よりはシリーズの方が多く目にするということなんでしょうか・・・・。

いかがでしたでしょうか?みなさんお気に入りの男性スターがランキングしていたでしょうか?



画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パッチです。
このようなランキングが発表されていたんですねっ。
全く知りませんでした。

やはりシリーズものの力は強いようで
シリーズによって愛着が湧くのかもしれませんねっ。
あとジャッキー・チェンがランクインしているのが嬉しかったです。
アジアからハリウッドに進出して
地位を確立して認められたのはとっても嬉しいことです。

いつかこのランキングに日本人の名前が入ることを期待したいですねっ(^^)
パッチ
URL
2010/01/16 00:09
【パッチさんへ】
こんばんは、パッチさん。
コメントありがとうございます。

昨年、ちょうどランキングが発表されていたので早くあげようとは思っていたのですが、結局いまになってしまいました。
またこの次女優(女性スター)編もUPしますのでしばしお待ちになってください。

やっぱりシリーズものにキャスティングされている俳優さんが強かったみたいです。確かに何度も観ているうちに愛着湧きますよね。
ジャッキーは日本でも古くから愛された役者さんだから根強いファンがいらっしゃるんでしょうね!まだまだ活躍してほしい俳優です。

そうですね!日本人も海外で活躍する人が増えてきましたので期待したいですね!
ケビン
2010/01/16 17:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(男優編)」 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる