シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2010年公開まで待てない! 第3弾」

<<   作成日時 : 2010/04/04 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

4月です、春です。桜の季節です。
2010年、上半期も後半へと突入です。相変わらずレビューはあまりかけてないですが、既に8作品観た感想は、ちょっと期待外れな感じでしたね!ここまでは昨年の方がいい作品が多かったと思います。
さて今回ご紹介するのはアカデミー賞はじめとする各映画賞で注目された作品と個人的に今年も注目したいヨーロッパ・コープ作品をご紹介したいと思います。


第9地区 〔4/10(土)公開〕

ストーリー
ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人間は、共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立てるのだが……。

【監督・脚本】 ニール・ブロンカンプ
【出演】 シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド他



監督は新人、出演者もほとんどが無名の俳優ばかりのこの作品に、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが加わってできた映画です。ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞をはじめ各映画賞にノミネート・受賞、アカデミー賞にも作品賞等の4部門にノミネートされるなど俄然注目度が高まり、日本でもいよいよ今月公開されることになりました。
内容は突如現れた宇宙人が難民として、地球人と共存していくというB級映画っぽい話です。この宇宙人なんですが、外見がどうもエビっぽくて、ありがちなイメージでもありそこがまたB級感を匂わせるのですが、何にせよSF大作にあるような緊張感がなさそうな感じがいい。たまにこういう映画も観てみたい感じがします。とはいえ各映画賞でも注目された作品ですので、その実力は侮るなかれかも知れんせんね!

17歳の肖像 〔4/17(土)公開〕

ストーリー
1961年、16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は、ロンドン郊外の街で平凡で退屈な日々を送っていた。父(アルフレッド・モリナ)は成績優秀な娘をオックスフォード大学に進学させようと躍起になり、彼女はそのことに反発を覚えていた。そんなある日、彼女はデイヴィッド(ピーター・サースガード)という年上の男性と出会い……。

【監督】 ロネ・シェルフィグ
【出演】 ピーター・サースガード、キャリー・マリガン、アルフレッド・モリナ、ドミニク・クーパー、
      ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリアムズ、エマ・トンプソン、カーラ・セイモア、マシュー・ベアード、
      サリー・ホーキンス他



さてこの作品もアカデミー賞作品賞にノミネートされた映画です。注目すべきは英国アカデミー賞主演女優賞を受賞したキャリー・マリガン。キーラ・ナイトレイ主演『プライドと偏見』で映画デビューを果たし、昨年は『パブリック・エネミーズ』でジョニー・デップと共演するなど今注目の女優です。
オスカーを逃したものの各映画祭などで主演女優賞をいくつも受賞している実力派です。サンドラ・ブロックでなければ彼女が今年のオスカー像を手にしたかも知れません。役柄は16歳の少女ですが、当時キャリーは22歳でジェニーを演じ、その透明感ある演技はヘプバーンの再来といわれているそうです。
原題(An Education)は―教育―を意味するそうで、年上との恋を通じて学んでいく姿を描いたこの作品によって、キャリー自身も教育を受け成長を遂げて今後の活躍にも目が離せなくなりそうですね。

パリより愛をこめて 〔5/15(土)公開〕

ストーリー
CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)活動の日々が一転、危険な麻薬捜査に乗り出すこととなった駐仏アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)。捜査を続けるうちに、二人は爆弾テロリストによるアメリカ政府要人暗殺計画を突きとめる。

【監督】 ピエール・モレル
【原案】 リュック・ベッソン
【出演】 ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・アナ・スムートニアック、
      リチャード・ダーデン他



ヨーロッパ・コープ・プロデュース作品です。タイトル「パリより愛をこめて」ありがちですが、シンプルな感じがいいです。フランス版ハリウッド・アクションな感じでしょうか。ジョン・トラボルタがつるっぱげで頑張っています。
リース・マイヤーズもお目見えということでこの二人の絡みも気になるところです。

マイ・ブラザー 〔6/4(金)公開〕

ストーリー
アフガニスタンで兵役に当たっている夫・サム(トビー・マグワイア)の帰りを待つグレース(ナタリー・ポートマン)の元に、サムの訃報が届く。絶望のふちにいるグレースと二人の娘を慰めてくれたのは、サムの弟、トミー(ジェイク・ギレンホール)だった。そんなある日、まさかの帰還をしたサムだったが、まるで別人のように変ぼうしていて……。

【監督】 ジム・シェリダン
【出演】 トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード他



『ある愛の風景』のリメイク版だそうですが、オリジナルの方は全く知りませんので、初めて観る映画として観れそうです。ヒューマン・ドラマということで、最近はアクションやファンタジーの方がどうしても多く見がちですが、こういう映画も見逃したくない。
本作でゴールデン・グローブ賞にもノミネートされていたトビー・マグワイア、スパイダーマンのイメージが濃いですが、『サイダーハウス・ルール』のようなドラマでも魅了する演技を披露しています。今回もトビーの演技に大注目したいですね。




今年もまだまだ観てみたい映画が尽きないです。次回は邦画も取り上げたいと思っています。


関連記事




ブログランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!ケビンさん^^
私のブログへお祝いのコメントをいただきまして、大変ありがとうございました^^^
17歳の肖像の彼女、あの「プライドと偏見」に登場していたんですか?
今度、確認してみたいと思います^^
ジョンは最近、こういうスキンヘッドが似合うお年(ごろ?)になって
しまったんですね(^^A
悪役が似合うのは、俳優としては大成したと言えるでしょうけれどね^^
それでは、応援させてください!
ぴーち
2010/04/04 22:26
わ〜 どれも絶対に観ます!と言い切るほど
面白そうです。期待が膨らみます。
久々にピーター・サースガードの名前を見つけて
うれしくなりました。
みいな
2010/04/05 09:20
【ぴーちさんへ】
こんにちは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

『プライドと偏見』は未見なのですが、調べたところ“キティ・ベネット”役で出演していたそうです。

ジョン・トラボルタけっこうこの風貌似合ってますね(笑;
でも今回は悪役じゃなさそうですよ!映画の全編まではわかりませんが、ジョナサンとのCIAでのコンビ役とのこと。見た目はどう見ても悪役ですけどね( ̄ー ̄フッ

いつもありがとうございます<(_ _)>
ケビン
2010/04/11 15:19
【みいなさんへ】
こんにちは、みいなさん。
コメントありがとうございます。

そうなんです。
どれも魅力的で全部観たいと思うのですが、まだ観れるかどうかわかりませんね。
この中でも一押しは『マイ・ブラザー』。こういう映画はなかなか観れそうにないですし、雰囲気的にも観たい、観ておきたい作品ですね。

しかし、みいなさんは俳優さんの名前、よくご存じですね。
ピーター・サースガード、全然わかりません。たぶんどこかで観てるのでしょうね。

ケビン
2010/04/11 15:26
はじめまして、ケビンさん☆

私は「映画鑑賞の記録」というブログのmiriと申します。
ユウ太さんからのご紹介で参りました。

私はあまり映画館には行けませんが、こちらのこの記事などでは、色々と詳しく書かれていて、DVDになったら見てみようかな?とか思いました。(特に“マイ・ブラザー”が気になります)

ところで、突然に来てこんな事を言うのも失礼だとは存じますが、ケビンさんの録画再生の機械が良くない状態だと、ユウ太さんから伺いました。

もしご迷惑でなければ、月一回の皆で映画(DVD)を見る会(ブログDEロードショー)のお誘いがしたかったのですが、いかがでしょうか?
もしお誘いしても良い状況でしたら、返信に書いて下さると助かります。
その後お誘いに参ります。

もしまだ機械が良くないようでしたら、またいつか・・・という事でお願いします。
突然で、申し訳ありませんでした。(urlにその企画の記録記事を入れさせてもらいました)

長々と申し訳ありません。これを機会に、また今後もどうぞ宜しくお願いいたします☆
miri
URL
2010/04/17 11:39
【miriさんへ】
こんばんは、miriさん。
初めまして。

ユウ太さんにはいつもお世話になっていまして、「ブログDEロードショー」の招待を受けた時に、miriさんの「映画鑑賞の記録」もすこし拝見させて頂きました。

『マイ・ブラザー』私もこの中では一番観てみたい映画です。

>もしご迷惑でなければ、月一回の皆で映画(DVD)を見る会(ブログDEロードショー)のお誘いがしたかったのですが、いかがでしょうか?

ありがとうございます。ホントにわざわざ当ブログにまでお越し頂いてうれしい限りです。
ですが、ユウ太さんにもお断りさせて頂いた通り今はDVD等観れる環境が整っておりません。折角お誘い頂いているのに申し訳ございません。

ですが、もう少しだけ待って頂けるなら、近いうちに是非参加させて下さい。

こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
ケビン
2010/04/19 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「2010年公開まで待てない! 第3弾」 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる