シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2010年公開まで待てない! 第5弾〔アクション映画編〕」

<<   作成日時 : 2010/06/06 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

はい、2010年、折り返しまであと少しとなりました。早くも総理も変わり慌ただしくも暑い夏がそこまで近づきつつあります。
と、その前にじめじめした季節、梅雨がやってきますね〜いやですね〜そんな梅雨も吹き飛ばすようなスカぁっとしたアクション映画なんていかがでしょう!今年はアクションも目白押し!あんな対決や夢の世界やニュー・ヒロイン誕生やあのリメイクも、どれもこれも押さえておきたいアクション映画をご紹介します<(_ _)>


ザ・ウォーカー 〔6/19(土)公開〕

ストーリー
世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ……。

【監督】 アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ
【出演】 デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ、
      レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン他



いい人が似合うデンゼル・ワシントン、わるい人が似合うゲイリー・オールドマン、この二人が同じ映画に共演そして対決なんて贅沢だぁ。個人的にもどちらも好きな俳優。最近いい人な役が多かったオールドマンの久しぶりに切れっぷりをみせてくれるのか!?すごく楽しみです。かたやオスカー俳優のワシントン。個人的には『トレーニング・デイ』よりも『タイタンズを忘れない』『ジョンQ』みたいな役どころのワシントンが好きです。それにしても贅沢な共演です。

アデル/ファラオと復活の秘薬 〔7/3(土)公開〕

ストーリー
1911年、エジプト。妹の命を助けたいフランス人ジャーナリストのアデル(ルイーズ・ブルゴワン)は“復活の秘薬”の手掛かりをつかむが、宿敵のマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)に阻まれてしまう。ちょうどそのころ、パリでは博物館の卵の化石からジュラ紀の翼竜がかえり、人々を恐怖に陥れていた。

【監督・脚本】 リュック・ベッソン
【出演】 ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジャッキー・ネルセシアン、
      ニコラス・ジロー、ロール・ド・クレモン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ他



リュック・ベッソン、待望の監督作品、11作目?ん?11作目?アーサーで終わりじゃなかったの?とびっくりしてしまいました。監督として10本撮れば引退と発言していたベッソンですが、10本目のアーサーが3部作と言うだけでも、ちょっとズルイな〜と思っておりましたが、ここにきて全く別の11作品目を発表。しかもこれも噂によるとシリーズ作とか!?絶対引退する気なんてないですね、この人。
何はともあれこれからもベッソン作品が観れると、実際にはうれしい限りなんですが。
そして『ニキータ』『ジャンヌ・ダルク』のように女性ヒロインが主人公とベッソンお得意のパターンでもしやまたしてもお気に入り?の女優?何でもフランスで人気のお天気お姉さんだとか・・・なかなかに美人で魅力ある感じですが、今や人気の女優ミラ・ジョボヴィッチのようになるのでは。

インセプション 〔7/23(金)公開〕

ストーリー
ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)はアーサー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、イームス(トム・ハーディ)と共に人の脳内に入り込み、アイディアを盗む会社を経営していた。大学院生のアリアドネ(エレン・ペイジ)は教授(マイケル・ケイン)の紹介を受け、この組織に関わることになる。そこに斉藤(渡辺謙)という大企業のトップである日本人の男が現れ、コブ達は仕事を依頼されるのだが・・・。

【監督】 クリストファー・ノーラン
【出演】 レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、
      マリオン・コティヤール、トム・ハーディ、トム・ベレンジャー、キリアン・マーフィ他



今年、早くも2作目のディカプリオと同じく2作目の渡辺謙の夢の共演。すっかりハリウッド常連となった渡辺謙が、『バットマン ビギンズ』以来再びノーラン監督とタッグを組む。
人間の内面=想像のイメージの世界へ入りこむという奇想天外なストーリー。内容はいまだ明らかにされてはいないが、『ダークナイト』で歴史的な成功を収めただけに自ずと期待せずにはいられませんね。

ソルト 〔7/31(土)公開〕

ストーリー
CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが……。

【監督】 フィリップ・ノイス
【出演】 アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー他



元々はトム・クルーズが主演をする予定だったスパイ・アクション。主人公を男性から女性へと変更したアクション映画って、アンジーだからこそなしえることですよね!『ウォンテッド』以来のアクション映画ですが、主演としては久しぶりですね。最近は『チェンジリング』『マイティ・ハート』『グッド・シェパード』といったシリアス系の作品が多いけれど、やっぱりアクション映画のアンジーも観たいじゃないですか!日本の女優ではなかなかアンジーのようにアクションをこなす女優がいないだけに、ハリウッドならではのスパイ・アクションが非常に楽しみです♪

ベスト・キッド 〔8/14(土)公開〕

ストーリー
母親の転職で、アメリカから北京に引っ越して来た11歳のドレ(ジェイデン・スミス)は、言葉や文化がまるで異なる環境の違いから、いじめに遭ってしまう。そんなある日、ドレはカンフーの達人であるハン(ジャッキー・チェン)に出会い、猛特訓を開始。抜群の精神力を秘めていたドレは、見違えるように強い少年へ成長していくのだが……。

【監督】 ハラルド・ズワルト
【製作】 ジェリー・ワイントローブ / ウィル・スミス / ジェイダ・ピンケット=スミス他
【出演】 ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン他



『ベスト・キッド』といえば1984年に製作されたアメリカ映画で、パート3まで続編があるヒット作です。空手を通して成長する少年の話。実際には4作目まであるのですが、4作目は主演を少年ダニエルから少女ジュリーへと変わり、師匠こそ変わらなかったものの実質的には別の物語的な感じになっています。ちなみに少女ジュリー役にはヒラリー・スワンクが演じています。そして今回は空手ではなく教えるのがジャッキーですから中国拳法です。最早空手ではないのですが、前シリーズでも沖縄のシーンがあるもののロケはロスとかで行われ時代設定もひどかったみたいですから、タイトルぐらいはねぇ〜(笑;でもジャッキーということで本格的な格闘技が観れそうなのは何よりです。



今年も中盤に差し掛かり、今後の大作の予告もちらほら出てきております。アクション映画もまだ後半戦に待機作が今後もいろいろ出てきそうです。次回は上半期を振り返りながらも2010年の下半期の夏から秋そして冬にかけて一気に紹介したいと思います。


関連記事




ブログランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画を観るなら ザ・ウォーカー
未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないですね。もう分かってたよって思っちゃうけど、それが映.. ...続きを見る
映画を観るなら
2010/12/19 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パッチです。
今年もアクション映画がたくさんありますねぇ。

「ザ・ウォーカー」をCMで観ましたが、
デンゼル・ワシントンがワイルドな感じになっていますねっ。
とてもびっくりしました。
善人というイメージはありますが、少し違った雰囲気なのでどのような作品になっているのか興味があります。
そしてゲイリー・オールドマンも出演しているということで、演技派の二人の共演は素晴らしいですねっ。

そしてリュック・ベッソンにはびっくりしました。
まだまだ現役続行なんですねっ。
そして彼が好みそうな女優さんが起用されていますねっ。
これまた楽しみです。

劇場で鑑賞できるかはわかりませんが
今年も興味そそられる作品ばかりで、嬉しくなります。
鑑賞できるときを楽しみにしておきたいと思います(^^)
パッチ
URL
2010/06/08 00:16
【パッチさんへ】
こんばんは、パッチさん。
コメントありがとうございます。

デンゼル・ワシントン、本当にワイルドですね〜今まで雰囲気が違います。
そしてゲイリー・オールドマンも出演ということで、演技派二人の共演が本当に楽しみです。

>そしてリュック・ベッソンにはびっくりしました。
そうなんです。私もびっくりです。でもうれしいですね〜
これからも監督業・製作業続けていって欲しいです。

パッチさんの記事も楽しみにしてます。
ケビン
2010/06/09 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「2010年公開まで待てない! 第5弾〔アクション映画編〕」 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる