シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『2010 Best of CINEMA』

<<   作成日時 : 2011/01/09 20:44   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010年、新作旧作等合わせて38作品を劇場鑑賞しました。特に夏場にいい作品があったような気がします。何といっても3D作品が洋画のみならず邦画でも多かったのが目立ちましたよね〜ですが中には3Dにしたためか、弱冠内容が残念な作品もあったように思えます。まずストーリーありきで、3D化はあくまでも付加要素的なものにしてほしいですね!

それでは38作品のうち35作品の新作から、2010年シネウダ的ベスト・シネマを発表したいと思います。
今回も本数も多くなりましたので、まずは15位〜11位も発表したいと思います。
15位〜11位

  1. 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
    【出演】 中井貴一, 高島礼子, 本仮屋ユイカ
    【監督】 錦織良成
  2. 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」
    【出演】 ジェイク・ギレンホール, ジェマ・アータートン
    【監督】 マイク・ニューウェル
  3. 「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」
    【出演】 仲間由紀恵, 阿部寛, 松平健
    【監督】 堤幸彦
  4. 「ロビン・フッド」
    【出演】 ラッセル・クロウ, ケイト・ブランシェット
    【監督】 リドリー・スコット
  5. 「アリス・イン・ワンダーランド」
    【出演】 ミア・ワシコウスカ, ジョニー・デップ, ヘレナ・ボナム=カーター
    【監督】 ティム・バートン

 自分としては珍しく、あまり観ない邦画がこの時点で2作もランクインしているのが驚きです。年間5作品も邦画を観たのはもう何年も前の話ですから(笑;
ゲームを題材にした作品も結構ありますが、「プリンス・オブ・ペルシャ」もそのひとつです。何といってもジェイクに魅力を感じたので、この順位にランクインした気がしますね。そして「アリス〜」はティム・バートンらしい魅せ方でしょうか。3Dもうまくマッチしたまさにワンダーランドでした。
10位 パリより愛をこめて

ベッソン印の作品、新たなるコンビが誕生。トラボルタとジョナサンの新コンビが暴れまくる、しかもニューヨークやロスと違い、パリということでどこかおしゃれな感じのするアクション映画でした。
できればまた、『トランスポーター』と同様にシリーズとして観てみたい気がしました。


【出演】 ジョン・トラボルタ, ジョナサン・リース=マイヤーズ
【監督】 ピエール・モレル

9位 エアベンダー

ファンタジーと格闘アクションの融合、実に自分好みの映画でした。
ナイト・シャマランにしては珍しい映画でしたが、これは好きになれそう。新人のノア・リンガーくん、今後も楽しみなアクション俳優になって欲しいですね。


【出演】 ノア・リンガー, デーヴ・パテール
【監督】 M・ナイト・シャマラン


すっかりイーストウッド作品にはまってしまって、今回も素晴らしい作品に出会えました。
遠い国の話だったのが、映画を通して歴史を少し知ることができ、お得な気分になれました。


【出演】 モーガン・フリーマン, マット・デイモン
【監督】 クリント・イーストウッド

7位 トイ・ストーリー3

シリーズ3作目にして初の鑑賞。
こんなにいい作品と知っていれば、もっと早くに鑑賞していたのに、ピクサー恐るべしですね。


【出演】 トム・ハンクス, ティム・アレン, ジョーン・キューザック
【監督】 リー・アンクリッチ

6位 ハナミズキ

数少ない邦画鑑賞作品のうちで、いい作品に出会えました。
北海道というロケ地と切ない物語がなんとも胸にじーんとくる映画でした。


【出演】 新垣結衣, 生田斗真, 向井理
【監督】 土井裕泰


サンドラ・ブロックのイメージが一新!
彼女なくしてこの作品は生かされなかったでしょう。


【出演】 サンドラ・ブロック, クィントン・アーロン, キャシー・ベイツ
【監督】 ジョン・リー・ハンコック

4位 借りぐらしのアリエッティ

やっぱりジブリ作品はいい。
ここ数年はちょっと納得がいかない作品が続いたのですが、この映画で、また昔のジブリ作品を思い出してくれました。
新人監督とはいえ、ベテラン・アニメーターの実力は今後のジブリには欠かせない存在になりそうな気がします。


【出演】 志田未来, 神木隆之介, 樹木希林
【監督】 米林宏昌


またまたやってくれました、ロバート・ダウニー・Jr。
『アイアンマン』シリーズに続き、新たに代名詞たるシリーズ作品をゲットした気がします。
この勢いどこまで続くのかが見物です。


【出演】 ロバート・ダウニー・Jr, ジュード・ロウ
【監督】 ガイ・リッチー

2位 インセプション

『ダークナイト』以来、2作目の鑑賞になるノーラン作品。
いったいこの人の頭の中はどういう構造になっているのやら!?リメイクや原作ありきとは違い、オリジナル作品でここまでワクワクさせてくれるのは、ノーランの名を世に知らしめしたことは間違いない!!


【出演】 レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
【監督】 クリストファー・ノーラン

1位 ベスト・キッド

リメイク作品とはいえ、見事にオリジナル越えしたのでは、と思わせてくれました。
ジェイデンの類い稀な才能は、いずれ父親をも超えていくのでしょうか・・・・


【出演】 ジェイデン・スミス, ジャッキー・チェン, タラジ・P・ヘンソン
【監督】 ハラルド・ズワルト



洋画も邦画も楽しめた一年でした。
そして今回も印象に残った俳優賞とそれに加え監督賞も選んでみたいと思います。

ベスト主演男優賞
 ジェイデン・スミス(ベスト・キッド)

 ジェイデン・スミスの笑顔に魅了されました。センスの良さも演技にプラス効果満点でした!

ベスト主演女優賞
 サンドラ・ブロック(しあわせの隠れ場所)

 オスカー女優の演技は本物でした。観た後、思わず拍手が聴こえた気がしました。

ベスト助演男優賞
 ジェイク・ギレンホール(マイ・ブラザー)

 味のある演技派、といえばいいのでしょうか?今後も注目したい俳優でした。

ベスト助演女優賞
 スカーレット・ヨハンソン(アイアンマン2)

 こんなにもブラック・スーツがマッチしようとは!新たなアクション女優の誕生です。

ベスト監督賞
 クリストファー・ノーラン(インセプション)

 もしかして将来キャメロンを超えるのはこの人かも!


という結果になりました。
主演女優賞はオスカーとかぶりましたが、いつか本当に他の人たちもオスカーを獲ってくれると信じてます。
さて2011年はどんな作品があるのかまたまた楽しみです。

おまけ・・・
日本興行成績ランキング 2010
  1. 「アバター」
  2. 「アリス・イン・ワンダーランド」
  3. 「トイ・ストーリー3」
  4. 「借りぐらしのアリエッティ」
  5. 「THE LAST MESSAGE 海猿」
  6. 「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
  7. 「カールじいさんの空飛ぶ家」
  8. 「ONE PIECE FILM Strong World」
  9. 「バイオハザードIV アフターライフ」
  10. 「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影(げんえい)の覇者(はしゃ) ゾロアーク」

世界興収ランキング 2010
  1. 「トイ・ストーリー3」
  2. 「アリス・イン・ワンダーランド」
  3. 「インセプション」
  4. 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
  5. 「シュレック フォーエバー」
  6. 「エクリプス トワイライト・サーガ」
  7. 「アイアンマン2」
  8. 「怪盗グルーの月泥棒 3D」
  9. 「ヒックとドラゴン」
  10. 「タイタンの戦い(2010)」
やっぱり3D作品が数多くランキングしてますね。ちなみに「アバター」と「カールじいさんの空飛ぶ家」は世界では2009年の位置付けになります。国内・世界ともにファミリー向け作品が目立ちますが、その中でもピクサー、ディズニー作品に続き、国内ではやっぱりジブリ作品の活躍が素晴らしいですね!
また国内では、「大奥」をはじめとする時代劇映画が目立った1年でしたが、実際にはけっこうコケた映画が多かったみたいですね。ただ邦画では話題になった「告白」や「悪人」がランキングしていないのが、ちょっとびっくりでした。(もっとも自身も観ていないのですが・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!)


【関連記事】
『2009 Best of CINEMA』
『2008 Best of CINEMA』
『2007年 BEST』



画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ケビンさんは劇場で多くの作品を鑑賞されているので
未鑑賞の作品情報を知ることができ
ほんとに参考になります。

いつもながら素晴らしい記事で楽しませていただきました。
1年を振り返って、観た作品のランキングを付けられているブログさんは
他にもたまにおられますが
主演男優賞や主演女優賞などの項目があるのが面白いですねっ。
ケビンさんの2010年の映画賞が発表された感じがしました。

1位がベスト・キッドということで
オリジナルは個人的にも好きな作品なんですが
オリジナルを越える作品になったということで
ぜひ観てみたいと思いました。

2011年も素晴らしい作品が生まれてきてくれることを期待したいです(^^)
パッチ
URL
2011/01/12 01:30
ケビンさん、こんにちは☆
先日はコメントとフォローの方を有難うございました☆

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
もしもご無理でないようでしたら、お願いします。
お仕事とご看病の方がお忙しいときは、また次回という事でお願いしますね。

作品名:『アイ・アム・サム』 
(2001年・アメリカ製作作品  監督はジェシー・ネルソン)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「 JUKEBOX 」 の ワールダーさんです。
(ワールダーさんは、この企画に第8回目から参加して下さっています☆)

選んで下さった理由は
1・新年早々から、あまり重い内容や、暗殺シーンなどは、観たくないので、
  感動する作品にしたいと思ったから。
2・親子の愛や絆を通じて、皆さんと一緒に癒されたいと思ったから。
 ・・・との事です。

鑑賞日は1月21日(金)〜23日(日)の三日間です。
(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ〜!)
(この日程より早めには見ないでね☆)

是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

この作品DVDは、多くのレンタル屋さんに、多分、あると思います。
ご一緒に楽しみましょう〜♪

あと、この企画で皆で一緒に見る作品のリクエストを募っています。
どうかお気楽に、リクエストしてくださいね〜!
詳しくはこちらへ → http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1404.html
miri
2011/01/14 10:14
【パッチさんへ】
こんばんわ、パッチさん。
コメントありがとうございます。

参考にして頂いて大変嬉しく思うのですが、折角、鑑賞しても最近はちっともレビューが書けていないので、非常に残念です(T-T)
本来なら、いろんな作品をご紹介したいのですが、今の状況は難しいみたいです。

でも、少しずつ記事、レビューは書いていきたいと思っています。

パッチさんにとって、2011年が良い年でありますように。
ケビン
2011/01/18 19:36
【miriさんへ】
こんばんわ、miri さん。
コメントありがとうございます。

Twitterは、ほぼブログとの連動でしか、使用してないので、フォローといっても形だけになるかもです(>_<)

「ブログ DE ロードショー」のお誘いありがとうございます。
今回、『アイ・アム・サム』ということで、これは大好きな映画なので是非、再見したいです。
できれば、この機会にレビューもあげてみたいので頑張ります。

いつもmiri さんには、誘って頂いて大変嬉しく思っています。
もっといっぱい交流できるように今年はしたいですね。
ケビン
2011/01/18 20:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『2010 Best of CINEMA』 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる