シネマのある生活〜とウダウダな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2011 最新映画情報(1)」

<<   作成日時 : 2011/05/22 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年も上半期前半が過ぎましたが、思ったよりも盛り上がりに欠ける序盤戦だった気がします。でもまだまだこれから、話題作が目白押しです。
個人的に特に気になる作品をピックアップしてみましたので、皆さんチェックしてみてくださいね!

ブラック・スワン 〔5/11(水)公開〕

ストーリー
ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、踊ることに全てを捧げるニナ(ナタリー・ポートマン)。ある日、芸術監督のトーマス・リーロイ(ヴァンサン・カッセル)がプリマ・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンの「白鳥の湖」から降板させることを決める。このとき、ニナは後任のプリマの第一候補だったが、新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)もまた有力な候補の一人だった。人の若きバレリーナは敵対心から、ねじれた友情を発展させていくのだが…。

【監督】 ダーレン・アロノフスキー
【出演】 ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 他
      


何といっても念願のオスカーを獲得したナタリーの演技が気になるところですね。未だに子役時代のイメージが濃い彼女ですが、それを一気に払拭したナタリーの姿を是非スクリーンで観てみたいですね。ちなみに監督のダーレン・アロノフスキーは『レスラー』で一躍有名になりましたが、今年はこの作品以外でオスカーを賑わした『ザ・ファイター』の制作にもかかわっています。

アジャストメント 〔5/27(金)公開〕

ストーリー
政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)と恋に落ちる。しかし、突如現れた男たち、“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”によって拉致されてしまうデヴィッド。彼らの目的は、本来愛し合う予定ではなかったデヴィッドとエリースの運命を操作することだった。

【監督】 ジョージ・ノルフィ
【出演】 マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、
      マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 他



ボーン・シリーズの一応の完結で次回のヒット作を待ち望まれるマット・デイモンですが、元々シリアスなドラマもこなし、アクション俳優としても名を馳せたいま、名実ともに名俳優といえると思います。『ヒア アフター』が打ち切りになって残念がっている人も多いと思いますが、新作SF的サスペンスのこの映画もかなり気になる作品ですので是非鑑賞したいですね。

X-MEN :ファースト・ジェネレーション 〔6/11(土)公開〕

ストーリー
裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付き始めていた。やがて強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、自分たちと同じような若者たちを探し始めるが……。

【監督】 マシュー・ヴォーン
【出演】 ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン 、ジェニファー・ローレンス、
      ジャニュアリー・ジョーンズ、ニコラス・ホルト、ジェイソン・フレミング 他



スピン・オフを合わせて5作目となるこのシリーズですが、今まではの物語の中心はウルヴァリンだったのが、今回はシリーズの前日譚であり、物語の中心を担うのがX-MENの創設者でもあるチャールズ・エグゼビア教授ということで今までの作品とは一線を画する気がします。もちろんチャールズといってもパトリック・スチュワートではなく(笑)、ジェームズ・マカヴォイが演じるということでその辺も期待が膨らみますね。

マイティ・ソー 〔7/2(土)公開〕

ストーリー
神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることに……。

【監督】 ケネス・ブラナー
【出演】 クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、
      レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキンス 他



いよいよマーベルの一大企画「アベンジャーズ」のメンバーでもある「マイティ・ソー」の公開が間近に迫ってきました。映画化自体初となるこのヒーローがどういう仕上がりになっているのか?今から楽しみです。「ソー:Thur」といえば北欧神話にでてくる雷神「トール:Thur」からきているのだと思いますが、今回のヒーローはまさにその神。この設定って果たして吉と出るか凶と出るか?

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 〔7/15(金)公開〕

ストーリー
ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。

【監督】 デイビッド・イェーツ
【出演】 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、
      ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、レイフ・ファインズ、アラン・リックマン 他



とうとう最終章。これがほんとの最後の最後、見納めです。かつてこのれほど長いシリーズがあったでしょうか?いえいえ「007」のように主役が代わってというのはあるけれど、いえいえ寅さんは別として(笑)、この記念すべき結末を堪能したですね。

グリーンランタン 〔7/22(金)公開〕

ストーリー
テストパイロットのハル・ジョーダンは瀕死の宇宙人から緑色の指輪を譲り受ける。その指輪によってハルは超人的に能力を身につけ、正義のために戦う ... 。

【監督】 マーティン・キャンベル
【出演】 ライアン・レイノルズ、ブレイク・ライヴリー、マーク・ストロング、ピーター・サースガード、ティム・ロビンズ 他



マーベルと並ぶアメコミのDCコミックからの映画化。「スーパーマン」「バットマン」など代表作がありますが、今回はそれに次ぐ代表作になるのかが見所。来年にはノーランの「バットマン」シリーズが幕を閉じ、「スパーマン」はリ・スタートが決まっている模様。このグリーンランタンも多分シリーズ化を目指すのでしょうが、果たして…主演は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプールことライアン・レイノルズです。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 〔7/29(金)公開〕

ストーリー
1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功し、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは人類で初めて月に降り立ったが、全世界が見守ったこの歴史的偉業の陰で、NASAとアメリカ政府は、ある事実をひた隠しにしてきた。実は月の裏側には、彼らよりも先に未知の宇宙船が不時着しており……。

【監督】 マイケル・ベイ
【出演】 シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、
      ジョン・タトゥーロ、ジョン・マルコヴィッチ、パトリック・デンプシー 他



シリーズ第3弾にして最終章になった本作。前作がラジー賞を受賞するなどイマイチ評判が悪かったこともあり、今回がそれをどう払拭してくるのかがポイント。個人的に残念なのがミーガンが降板したこと。新ヒロインのロージー・ハンティントン・ホワイトレイはファッションモデルで現在ジェイソン・ステイサムと交際中らしい。

モールス 〔8/5(金)公開〕

ストーリー
母と暮らす孤独な12歳の少年・オーウェンは学校でのイジメに悩んでいた。そんなある日、謎多き少女アビーが隣に越してくる。孤独を抱える2人は徐々に惹かれあうようになり、オーウェンはアビーに隠された“哀しい秘密”を知ることになる。時を同じくして、町では残酷な連続猟奇殺人が頻繁に起こるようになり、捜査の手は2人の住む団地へと及ぶが――。

【監督】 マット・リーヴス
【出演】 クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ 他



スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイクです。本来ならあまり観ないジャンルですが、オリジナル版の映画が高い評価を受けたこともあり、また昨年トロント国際映画祭で初上映され、数多くの賛辞を集め、あのスティーヴン・キングからも高い評価を得ているみたいなのですごく気になります。もひとつ『キック・アス』のヒットガールことクロエ・グレース・モレッツが主演であるのも重要なポイントですね!

ツリー・オブ・ライフ 〔8/12(金)公開〕

ストーリー
1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。一家の大黒柱の父親(ブラッド・ピット)は西部男らしく子どもたちに厳しく接し、逆に母親(ジェシカ・チャステイン)がすべての愛情を彼らに注ぎ込んでいた。一見幸福そうに見える家族の中で、長男ジャックは孤独を感じ……。

【監督】 テレンス・マリック
【出演】 ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ゴーイング、フィオナ・ショウ 他



製作にもかかわっているブラッド・ピットが演じる父親の息子をショーン・ペンが演じるという、これまた奇妙な組み合わせですね。元々はブラピ演じる役をヒース・レジャーがオファーされていたみたいで、生きていればヒースの演技が観れたかも知れませんね。

ハンナ 〔8/27(土)公開〕

ストーリー
元CIA工作員の父とフィンランドの山奥で人知れず暮らし、並外れた格闘テクニックを叩き込まれたハンナ。愛らしい外見に反し、痛みを知らず感情をもたないまま16歳まで成長したハンナの戦闘能力はいつしか父を超え、ついに外の世界へ旅立つ日が来た。ある任務の下、ヨーロッパへ旅立った彼女をかつて父の同僚であったCIA捜査官マリッサが執拗に追う。フィンランドからスペイン、ドイツと彼女の行く手を阻むマリッサの手下との壮絶な戦いのなかで、ハンナは自身の卓越した身体能力の秘密を知らされることに――。

【監督】 ジョー・ライト
【出演】 シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェット、オリヴィア・ウィリアムズ




話の設定はまさにニキータを想わせる映画ですね。昨年はアンジーが『ソルト』で女スパイを演じたのもあり、今回はあのシアーシャ・ローナンで監督も『つぐない』で2度目のジョー・ライトとあって期待が膨らみます。脇を固めるエリック・バナやケイト・ブランシェットといった顔ぶれも非常に楽しみです。

カウボーイ&エイリアン 〔10/22(土)公開〕

ストーリー
過去の記憶をなくした男(ダニエル・クレイグ)が砂漠の町アブソリューションに迷い込むが、住民たちからは歓迎されなかった。また、すべては町を牛耳るダラーハイド大佐(ハリソン・フォード)の支配下にあることを知る。男の記憶の手掛かりは片方の手首にはめられた手かせだけだが、そんな中、町の上空から未曾有の脅威が襲い掛かってきて……。

【監督】 ジョン・ファヴロー
【出演】 ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、オリヴィア・ワイルド、サム・ロックウェル 他



グラフィック・ノベルの実写映画化です。監督には『アイアンマン』のジョン・ファブロー、製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグ、製作にロン・ハワードといった豪華なスタッフが勢揃いの他、キャスティングには主演に<ダニエル・クレイグ、そしてハリソン・フォードとまさに人にお金をかけた映画といってもいいくらいな面々ですね。カウボーイとエイリアン(宇宙人)といったミスマッチ感が如何にもなハリウッド映画的なにおいがプンプンしてきそうでちょっと楽しみです。




まだまだこの2011年を盛り上げてくれる映画いっぱいです。今後も更なる期待を胸にまた映画情報をお送りしたいと思いますね。



ブログランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「2011 最新映画情報(1)」 シネマのある生活〜とウダウダな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる