アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
「2011 最新映画情報(2)」
「2011 最新映画情報(2)」 久しぶりの更新です。もうすっかり終わってしまったブログと化してますが、PCがもう重くなってからあまりPC自体を開く回数が激減してます(笑; とりあえずレビューは遠のいてしまっていますが、今も劇場にはちょこちょこ通ってます。観たい映画は尽きることなくあるので、映画情報だけ更新します!では今年も残り少なくなってきましたが、映画を観て楽しく過ごしましょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/09/25 18:44
「2011 最新映画情報(1)」
「2011 最新映画情報(1)」 2011年も上半期前半が過ぎましたが、思ったよりも盛り上がりに欠ける序盤戦だった気がします。でもまだまだこれから、話題作が目白押しです。 個人的に特に気になる作品をピックアップしてみましたので、皆さんチェックしてみてくださいね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/22 01:25
『第83回アカデミー賞』
『第83回アカデミー賞』 『第83回アカデミー賞』が発表されました♪ 『ソーシャル・ネットワーク』が獲るか?それとも『英国王のスピーチ』が獲るか?結局のところ、下馬評通りの結果となりました。それでは結果発表です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 8

2011/03/01 01:13
『第83回アカデミー賞』ノミネート発表
『第83回アカデミー賞』ノミネート発表  昨年からノミネート作品数が10作品になって、今年もどの作品が受賞するのかが非常に楽しみなアカデミー賞が直前に迫ってまいりました。 まず注目する作品は、『英国王のスピーチ』が最多12部門にノミネート、続いて『トゥルー・グリット』が10部門、『インセプション』、『ソーシャル・ネットワーク』が8部門、『ザ・ファイター』が7部門のノミネートとなり、かなり票が割れそうな気がします。下馬評では本命『英国王のスピーチ』、対抗『ソーシャル・ネットワーク』、次点で『トゥルー・グリット』あたりで決まりそうな予想... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/27 21:59
『第68回ゴールデングローブ賞』
『第68回ゴールデングローブ賞』  アカデミー賞授賞式の日が迫ってまいりました。今回はどの作品が受賞するのでしょうか?その予想の元となる前哨戦、『ゴールデングローブ賞』の結果を参考までにご紹介いたします。  ドラマ部門 作品賞 『ソーシャル・ネットワーク』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 18:56
『2010 Best of CINEMA』
『2010 Best of CINEMA』 2010年、新作旧作等合わせて38作品を劇場鑑賞しました。特に夏場にいい作品があったような気がします。何といっても3D作品が洋画のみならず邦画でも多かったのが目立ちましたよね〜ですが中には3Dにしたためか、弱冠内容が残念な作品もあったように思えます。まずストーリーありきで、3D化はあくまでも付加要素的なものにしてほしいですね! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/09 20:44
スマステーション『何度でも見たい!ハリウッドSF映画ベスト20』
スマステーション『何度でも見たい!ハリウッドSF映画ベスト20』 先日放送された「スマステーション」で、20代〜50代という幅広い層を対象としたアンケート調査をもとにしたランキング『何度でも見たい!ハリウッドSF映画ベスト20』企画が行われました。ゲストは木村拓哉で、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』にちなんでの企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 18:45
「2010年公開まで待てない! 第7弾」
「2010年公開まで待てない! 第7弾」 いつのまにやら年の瀬も近くなってしまいました。ちょっと家で仕事絡みのことをやったり、SNSにふけったり、そんなこんなしてうちに、今度は親が入院したりと、バタバタと月日が経ってしまいました。ブログもすっかり風化してしまいまたね〜('∀`) さて、映画の方も2010年クライマックスを迎えようとしています。今年最後の映画情報、本当はもっと早くにUPしたかったのですが、今になってしまいました。では最後の映画情報です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/28 01:57
『第36回サターン賞(2009)』
『第36回サターン賞(2009)』  サターン賞というのをご存知でしょうか?アカデミー賞などではなかなか娯楽映画が評価されにくい現状ですが、そんな著名な賞を受けにくいSF・ファンタジー・ホラー作品にもしかるべき評価を与えたいと考えからつくられた賞がサターン賞なのです。こんな賞があるなんて全然知らなかったのですが、なんて素晴らしい賞があるのだろうと着目してみました。今年の6月に受賞結果発表されたのでそのラインナップと受賞結果をご紹介したいと思います。なかなかに興味深い内容ですよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/11 19:46
「深津絵里 モントリオール世界映画祭最優秀女優賞」
「深津絵里 モントリオール世界映画祭最優秀女優賞」  第34回モントリオール世界映画祭コンペティション部門に出品していた『悪人』で女優の深津絵里が最優秀女優賞を受賞しました。これは、1983年に『天城越え』で田中裕子が受賞して以来27年振りの快挙だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/08 01:24
「2010年公開まで待てない! 第6弾」
「2010年公開まで待てない! 第6弾」 2010年残すところあと4カ月を切ってしまいました。稀にみる猛暑続きの夏でしたが、涼しい季節が恋しくて仕方がないですね!! 映画の方もちょうど相応しい最新映画からのご紹介です。シリーズ第4弾の『バイオハザード』からアクション映画を中心にご紹介したいと思います ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/05 16:14
『アイアンマン2』
『アイアンマン2』  2008年、全米でウルトラヒットとなり、全世界で5億8500万ドル(約600億円)の興行収入を記録した『アイアンマン』。特殊能力を持たない普通の男という主人公のユニークなキャラクター設定や人間味、ヒネリの効いたアップテンポのストーリー展開、パワードスーツのクールなビジュアル、迫力のVFX映像は、多くの観客を熱狂させ、魅了した。そして2010年、パワードスーツをまとったヒーロー“アイアンマン”ことトニー・スタークが帰ってくる。前作以上にスケールアップした全世界待望の『アイアンマン2』の登場だ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 37 / コメント 0

2010/08/29 23:09
『マイ・ブラザー』
『マイ・ブラザー』 衝撃のエンディングに試される、「生きること」、「愛すること」の意味―― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 2

2010/08/28 15:18
『カプリコン・1』
『カプリコン・1』  人類初の有人火星宇宙船カプリコン計画をめぐるNASAの国家的陰謀と、それに対する男達の姿を描く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2010/07/31 23:57
スマステーション『大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10』
スマステーション『大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10』 先日放送された「スマステーション」で、20代から40代の女性にアンケートを実施した『大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10』ランキング企画が行われました。ついこの間、『トイ・ストーリー3』を鑑賞したこともあり、ちょうどマッチした企画なので取り上げてみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/07/16 00:55
「2010年下半期突入(2)」
 「2010年下半期突入(2)」  さて2010年の後半、10月以降の公開作品をご紹介していきたいと思います。 10月以降もさまざまな作品が公開されますね。まだ正式に公開日が発表されていないものもあるので、わかる範囲でピックアップしていきますね! 下半期公開LINEUP 10月〜12月 10月1日(金)【大奥】監督:金子文紀出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、阿部サダヲ男だけを襲う謎の疫病が席巻して8割の男が死に至った江戸時代、すべての重要な仕事を女が占め、男が体を売るという男女逆転の浮世と化していた。その結果、一人の女将... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/07/11 01:38
「2010年下半期突入(1)」
 「2010年下半期突入(1)」  2010年も半分が経ちました。今年は何といっても3D上映が目立った年だと思います。この半年間で数々の3Dが公開されましたが、皆さんはもう鑑賞されましたでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/07/11 01:35
『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』
『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』  タイムリミットまで、あと12時間!! ミクロになって、魔王の手から世界を救え! 3Dと模型を組み合わせる3Dライブアクション。この技法が生み出したリアルな映像世界が話題を呼んだファンタジー・アドベンチャー『アーサーとミニモイの不思議な国』。 第2章となる今回は、マジカルでスリル感満載の物語が、遥かにスケールアップ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/26 23:13
「2010年公開まで待てない! 第5弾〔アクション映画編〕」
「2010年公開まで待てない! 第5弾〔アクション映画編〕」 はい、2010年、折り返しまであと少しとなりました。早くも総理も変わり慌ただしくも暑い夏がそこまで近づきつつあります。 と、その前にじめじめした季節、梅雨がやってきますね〜いやですね〜そんな梅雨も吹き飛ばすようなスカぁっとしたアクション映画なんていかがでしょう!今年はアクションも目白押し!あんな対決や夢の世界やニュー・ヒロイン誕生やあのリメイクも、どれもこれも押さえておきたいアクション映画をご紹介します ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/06/06 21:23
「訃報・デニス・ホッパー」
「訃報・デニス・ホッパー」 2010年5月29日未明、俳優のデニス・ホッパーが前立腺がんの合併症のため、カリフォルニアの自宅で死去しました。74歳でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 20:19
『シャーロック・ホームズ』
『シャーロック・ホームズ』  世界のどこへ行っても、史上最高の名探偵は誰かと聞けば、“シャーロック・ホームズ”という答えがが返ってくるだろう。 19世紀後半に誕生して以来、今も変わらず愛され続けている名探偵。 しかし、ここで私たちが出会うのは、初めてのシャーロック・ホームズだ! 超人的な観察力、記憶力、推理力を備えた最高の頭脳はそのままに、新しいホームズは、ときには拳の力で真相を突き止める。 驚くべきことに彼は、熟練した武術家でもあるのだ。 犯罪との戦いでは、完璧な理論と科学的な根拠はもちろん、格闘能力も武器にな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 51 / コメント 4

2010/05/27 01:02
「2010年公開まで待てない! 第4弾〔邦画編〕」
「2010年公開まで待てない! 第4弾〔邦画編〕」 GWです。ちょっと暑くなってきましたね! 2010年、3D映画も定着しつつあります。 さて劇場鑑賞するのはほとんど洋画なのですが、邦画もたまには観に行きます。とはいえ、昨年は0本でした。観ても年間1〜2本くらいですかね!ジブリで観たいものがあればみますけど、あとはなかなか観に行きません。 今年はちょっと気になる邦画もありますのでご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/04 21:21
『しあわせの隠れ場所』
『しあわせの隠れ場所』 こんな時代に、何の共通点がなくても、人と人は繋がりあえる。 ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 27 / コメント 2

2010/04/18 01:27
「2010年公開まで待てない! 第3弾」
 「2010年公開まで待てない! 第3弾」 4月です、春です。桜の季節です。 2010年、上半期も後半へと突入です。相変わらずレビューはあまりかけてないですが、既に8作品観た感想は、ちょっと期待外れな感じでしたね!ここまでは昨年の方がいい作品が多かったと思います。 さて今回ご紹介するのはアカデミー賞はじめとする各映画賞で注目された作品と個人的に今年も注目したいヨーロッパ・コープ作品をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/04 12:24
『インビクタス/負けざる者たち』
『インビクタス/負けざる者たち』  ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 4

2010/03/22 02:30
『第82回アカデミー賞』
『第82回アカデミー賞』 『第82回アカデミー賞』が発表されました♪ 『アバター』が獲るか?それとも『ハート・ロッカー』が獲るか?ノミネート数が増えても結局のところ、この2作品の一騎打ちとなりました。それでは結果発表です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 4

2010/03/09 01:36
「2010年公開まで待てない! 第2弾」
 「2010年公開まで待てない! 第2弾」 2010年も早や2カ月が過ぎました。 アカデミー賞も間近となり話題作もどんどんと公開されていますが、まだまだ序盤、観たい作品がいっぱいありますね! さて今回ご紹介するのは主にファンタジー映画を中心とした作品です。今年はやはりファンタジー作品が目白押しということで、既に公開されている『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』などの新シリーズ映画の1作目といったものも随時公開されていきそうです。もちろんファンタジー映画と言えばあの大作の続編も公開が待ち遠しい限りですが、それはまた別の機会でご紹介... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/07 19:52
『第63回英国アカデミー賞(2009)』
『第63回英国アカデミー賞(2009)』 先日2月21日、英国アカデミー賞の結果発表がありました。いつもはそんなに注目していませんでしたが、オスカー(3月7日)前にちょっとでも予想の参考になるかと思い、今回採り上げてみました。 まだまだ日本での未公開作品が多いので今後の鑑賞作品としても参考になると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/02/28 14:26
『ラブリーボーン』
『ラブリーボーン』 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 36 / コメント 8

2010/02/23 01:06
『第82回アカデミー賞』ノミネート発表
『第82回アカデミー賞』ノミネート発表  昨年、『スラムドッグ$ミリオネア』が圧倒的な勢いでオスカーをはじめとする各映画賞に輝き話題になりました。またケイト・ウィンスレットが初受賞、日本作品の『おくりびと』、『つみきのいえ』といった受賞でなかなか話題に事欠きませんでしたね! さて、今年はアカデミー賞の前哨戦「ゴールデン・グローブ賞」では『アバター』が作品賞、監督賞と2部門に輝き、さらには興行収入で世界1位になるなど、俄然『アバター』がオスカーに近づいた気がしますがどうなりますでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2010/02/04 00:56
『かいじゅうたちのいるところ』
『かいじゅうたちのいるところ』 絵本の最高傑作、奇跡の実写映画化! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 25 / コメント 7

2010/02/02 00:52
「アバター 歴代興行収入世界1位」
「アバター 歴代興行収入世界1位」 ついに『アバター』が興行収入世界第1位に輝きました!  日本でも大ヒットし続けているジェームズ・キャメロン監督『アバター』は、日本時間26日、世界興行収入が18億5,500万ドル(約1,669億円)を超える見込みとなり、『タイタニック』の持つ記録18億4,800万ドル(約1,663億円)を11年ぶりに抜いて全世界興収歴代1位に輝いたと配給元の20世紀フォックスがプレスリリースで発表しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

2010/01/27 23:57
「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(女優編)」
「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(女優編)」  先日ご紹介した雑誌「SCREEN」00年代人気スターランキング(男優編)に続いて女優編をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/24 00:53
『第67回ゴールデングローブ賞』
『第67回ゴールデングローブ賞』 『第67回ゴールデングローブ賞』が発表されました♪ なのに長期メンテナンスてぇ!BIGLOBEのあほぅ!迷惑じゃ!! というわけで、結果発表・・・・・(--;  作品賞(ドラマ部門) 『Avatar/アバター』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

2010/01/20 12:47
「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(男優編)」
「SCREEN誌 00年代人気スターランキング(男優編)」  2009年が終わり、ちょうど2000年に入ってから10年が経ちました。節目の年ということで、日本の映画雑誌「SCREEN」が00年代の外国映画総決算を発表しました。その中から、「この10年間で最も愛されたスターは誰?」ってことでまずは男性スター編のランキングをご紹介したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 00:30
「2010年公開まで待てない! 第1弾」
「2010年公開まで待てない! 第1弾」 さて2010年始まりました。今年も盛りだくさんの映画が劇場公開されます。 今年はうれしいことにファンタジー映画がいっぱい公開されそうです。 ファンタジーといえば今もシリーズ継続中の「ハリー・ポッター」シリーズがあと2回で幕を閉じようとしておりますが、その後継者たる作品はいったいどれになるのか?が気になるところですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/07 01:19
『2009 Best of CINEMA』
『2009 Best of CINEMA』 2009年、昨年もたくさんの映画を劇場鑑賞することができました。33本とまたまた年間鑑賞数の更新となり充実した一年でした。ただ記事(レビュー)の方は思うようにUPできない年でもありました。 昨年は3D元年でしたが、2本だけ3Dにて鑑賞し、新たなる楽しみ方も増えたかなと思いますが、ちょっとお高いのであまりたくさん観ることは躊躇してしまいますね。その分観たい映画を数多く鑑賞したいという気持ちの方がやはり強くなってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/01/03 02:05
『第67回ゴールデングローブ賞』ノミネート発表
『第67回ゴールデングローブ賞』ノミネート発表  先日、「第67回ゴールデングローブ賞」のノミネートが発表されました。 さて、アカデミー賞の前哨戦とも呼ばれるこの映画賞、気になる作品はありますでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/30 23:58
『Disney's クリスマス・キャロル』
『Disney's クリスマス・キャロル』  チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。そんな時代に希望の光を灯した“奇跡の小説”――それが「クリスマス・キャロル」だったのです。金銭欲の亡者であった主人公のスクルージが、不可思議な体験を通して自分の人生を見つめ直すまでを描く物語は、それ以来、時を超えて世界中で愛され続けてきました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 19 / コメント 3

2009/12/16 23:59
『幸せはシャンソニア劇場から』
『幸せはシャンソニア劇場から』 息子と一緒に暮らしたい。 だからこの劇場を立て直す! 幸せを求めて奔走する父親と 仲間たちの笑顔と涙を 音楽で綴る極上エンターテインメント ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 4

2009/11/16 10:40
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 驚異的な治癒能力と高度な戦闘能力、すべてを斬り裂く超合金の爪を武器に持つ危険な男、ウルヴァリン。最強にして、謎めいた過去を持つ孤高のヒーローの、壮絶かつ壮大な知られざる物語が、遂に封印を解かれる――。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 26 / コメント 4

2009/10/24 21:20
「史上最高の続編映画 BEST50(50 Greatest Movie Sequels)」
「史上最高の続編映画 BEST50(50 Greatest Movie Sequels)」 英エンパイア誌が、“史上最高の続編映画50本”を発表しました。 続編映画ということで、ランキングとしては一風変わった視点からの選定ですが、昨今、ヒットすれば続編はあたり前の世の中になりつつ、最初からそれが狙いで作っている作品が多いからでしょうか・・・?こういうランキングも発表されるのは当然かもしれませんね。 ただ選定基準として、最初から3部作や2部作として構想された作品は除外されている、となっているそうです。 でも原作ありきの作品はどうなんでしょうかね??ちょっと疑問もありつつ、さておきラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/21 23:52
「訃報、パトリック・スウェイジ」
「訃報、パトリック・スウェイジ」  2009年9月14日、俳優のパトリック・スウェイジが、20ヶ月の闘病の末、永眠されました。すい臓ガン、57歳でした。  1952年、米・テキサス州の生まれで母親がバレエの振付師だったこともあり、少年時代からバレエを学び、大学卒業後、踊りと演技を学んでブロードウェイの舞台で活動。 79年『スケートタウンUSA』で映画デビュー。 81年には人気TVドラマ「マッシュ」に出演。 90年の『ゴースト/ニューヨークの幻』が世界的大ヒットになり、91年にはピープル誌の「最もセクシーな男」に選ばれまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/16 01:00
「2009年公開まで待てない! 第4弾」
   「2009年公開まで待てない! 第4弾」  2009年、劇場公開予定、今年もあと4ヶ月となりました。夏も終わり少し秋を思わせる風が吹くようになってきたように思えます。今年を締めくくるラストスパートな映画をご紹介したいと思います! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/06 23:14
「アバター」スペシャル・イベント
「アバター」スペシャル・イベント  先日(8/21)、『アバター』スペシャルイベントに行ってきました。TOHOシネマズ 梅田にて19:00の開演でした。前から興味があっても詳しい情報が全くなくてなかなかこの場ではご紹介できませんでしたが、ようやくその一部が明らかになってきました。 このイベントは世界同時解禁日ということで、今までベールに隠されたままだった映像の一部がこの日ダイジェスト版として公開されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/26 00:57
『スター・トレック』
『スター・トレック』 宇宙…そこは最後のフロンティア。これは宇宙戦艦エンタープライズ号が、新世代のクルーのもとに24世紀において任務を続行し、未知の世界を探索して新しい生命と文明を求め、人類未到の宇宙に勇敢に航海した物語である―― ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 24 / コメント 1

2009/08/12 17:21
「2009年下半期突入」
「2009年下半期突入」  ようやく梅雨らしく雨が降る日が多くなってたっと思ったら、もう梅雨明けしそうですね。そしてカラ梅雨の中、2009年もいよいよ後半に突入です!  上半期を振り返って、後半、仕事が忙しくなりブログも放置状態が続いておりましたが、映画鑑賞の方は順調にというか昨年を上回る勢いで観に行ってました(笑; まず最初は去年のアメコミ、ヒーローものの勢いもあり、観たのが『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 。シリーズ2作目だったのですが、1作目が公開されていたことさえ知らず、それでも監督があのギレルモ・デル・ト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2009/07/15 01:23
『トワイライトの世界』
『トワイライトの世界』  『トワイライト』は、ステファニー・メイヤー著のティーン向けロマンス小説です。本国イギリスでは『ハリー・ポッター』シリーズに次ぐ大ベストセラーで、10代の少女を中心に絶大な人気を誇っているそうです。 原書は、「Twilight」「New moon」「Eclipse」「Breaking dawn」の全4巻で2作目の「New moon」の映画公開が11月に決まっています(2009/06現在)。 【CAST...】 ・Kristen Stewart(クリステン・スチュワート) 1990年・米・... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/28 00:06
『トワイライト〜初恋〜』
『トワイライト〜初恋〜』 アメリカをはじめ、全世界で大ヒット!「ロミオ&ジュリエット」を凌ぐ禁断の初恋 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 17 / コメント 2

2009/06/27 23:54
『ウォッチメン』
『ウォッチメン』 アメコミ史上最高傑作グラフィックノベル1985年、もうひとつのアメリカ。マスクをつけたヒーローたちの尽力により、ベトナム戦争に勝利したアメリカでは、リチャード・ニクソンが大統領の座に居座り続けていた。ソビエト連邦との緊張関係は沸点に達し、核戦争が現実の様相を帯びている。世界の終わりを告げる時計は深夜O時5分前を指し、自警活動を違法とするキーン条例の制定によりほとんどのヒーローたちが引退を余儀なくされていた。不安と疑念で暴発寸前のこの世界、薄暗い路地の至るところに、荒々しい落書きが踊る― WHO... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 2

2009/06/15 00:04
『DRAGONBALL EVOLUTION』
日本漫画の金字塔、実写映画化!  1984年に「週刊少年ジャンプ」誌上で連載がスタートするや瞬く間に爆発的人気を獲得し、95年の連載終了時までN0.1の人気を誇った鳥山明原作による痛快冒険活劇「ドラゴンボール」。コミックの累計部数は国内で1億5000万部を超え、テレビアニメ化されたシリーズは平均20%超の視聴率を記録。その影響力は世界各国におよび、コミックの売上は2億部以上、アニメは欧米・アジアをはじめとする40カ国以上で放映され、いずれの地域でも熱狂的ファンを生み出している。この日本を代表す... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 27 / コメント 4

2009/04/04 01:08
『チェンジリング』
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 29 / コメント 10

2009/03/16 00:00
『7つの贈り物』
男は“ある計画”を進めていた 7人の候補者を選ぶ 彼らについて調べる そして、人生を変える“贈り物”を渡す いったい何のために――? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 18 / コメント 2

2009/03/11 00:32
「2009年公開まで待てない! 第3弾」
 2009年、劇場公開予定、今回は大好きなジャンル、アクション/ファンタジー編作品を中心に紹介していきたいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/06 01:14
『第81回アカデミー賞』
第81回アカデミー賞の授賞式が日本時間23日午前から開催されました。今年の話題は故ヒース・レジャーはもちろん、日本作品が2作品ノミネートされるなど、注目度満載でした。作品賞では『スラムドッグ・ミリオネア』と『ベンジャミン・バトン−数奇な人生−』の一騎打ち的な感じで始まりましたが、結局は各映画賞でも圧倒的だった『スラムドッグ・ミリオネア』が受賞と相成りました。 それでは各部門の受賞の発表です! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/02/26 01:22
『ベンジャミン・バトン−数奇な人生−』
80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 45 / コメント 2

2009/02/15 23:09
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
映画史上永遠のカップル―― レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。 運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 31 / コメント 6

2009/02/08 00:49
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
アメコミ界の超個性派ヒーロー、颯爽登場!  個性派揃いのアメリカン・コミックスのヒーローたち、その中でもひと際異彩を放つ“ヘルボーイ”がスクリーンに帰ってきた。生まれは、地獄。使命は、魔物退治。炎のように真っ赤な巨体は大地を揺るがし、闇の世界から侵入した魑魅魍魎を一撃で叩きのめす。見た目はヤバいくらいに恐ろしく、腕力の強さは唯一無二。だが、安心しろ。ヘルボーイは人間の味方だ―! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 18 / コメント 0

2009/02/01 01:17
『WALL・E』
彼の名はウォーリー 地球型ご処理ロボット。 700年もの間、 人間のゴミを片付け続ける ―――どんなときも、たったひとりで。 昨年観た映画ですが、昨年中にUPできなかったので、2年越しの記事です。 映像がすごくきれいです。さすがピクサーと申しましょうか。 正直、ピクサー映画を観るのは、『モンスターズ・インク』以来かも知れません。 やっていたのが吹き替え版のみだったのですが、この映画ほとんど擬音のような声が主役だったので、あまり気にせずに観ることができました。 あのCMでもお馴染... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 23 / コメント 4

2009/01/22 01:08
「2009年公開まで待てない! 第2弾」
 2009年、劇場公開予定、まだまだ観てみたいものがつきません。前回はシリーズ・続編作品を中心に紹介していきましたが、今回は新作ドラマ編です。ゴールデングローブ賞も発表され、アカデミー賞も近いこともあり、話題作が続々です! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/21 01:15
『第66回ゴールデングローブ賞』
さて、アカデミー賞前哨戦『第66回ゴールデングローブ賞』が本日発表されました♪ 昨年は、ストライキで授賞式が中止なったりと大変でしたが、今年はそんなこともなく行われたそうです。 さてさて、その結果は・・・・・  作品賞(ドラマ部門) 『Slumdog Millionaire スラムドッグ・ミリオネア』 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 8

2009/01/12 20:40
「2009年公開まで待てない!」
 2009年になりましたね。昨年はなかなかの映画生活が楽しめてよかったと思います。私の好きなジャンルの映画、ファンタジーやアクションものがけっこう充実していて、かえって忙しく過ごすこととなりました。それでも観損ねた映画も多数あったのが残念でしたが、満足のいく年だったと思います。みなさんはいかがでしたか?  まだ2009年も始まったばかりですが、気持ちに的には、今年の公開映画に期待度いっぱいです。ゴールデン・グローブ賞のノミネートも発表されたりと、着々といろいろ話題作がちらほら気になる感じになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2009/01/05 00:22
『2008 Best of CINEMA』
年末に上げきれなかったので、年明けですが、昨年度のシネウダ的ベスト・シネマを発表したいと思います。 去年は計30本劇場で観ることができました。私としては過去最大数に観たことになりました。そしてなかなかに中身の充実した年だったように思えます。 それでもいくつか観損ねた作品もありましたが、ほぼ満足のゆく年でした。 記事をUPしきれてない作品もありますが、それはまたおいおいUPしていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

2009/01/03 01:30
『レッドクリフの世界』
 そもそも「三国志」とはどういう物語なのか!?私もよくわかっていなかったので、ここで少しおさらいをしていきましょう。  まず、年代で云うと2〜3世紀の中国が舞台。約400年続いた漢王朝。天災、人災に絶望した民衆は、長角の広めた宗教・太平道に救いを求め、後漢王朝の転覆を密かに計画します。ところが決起目前で計画が漏れ、追い詰められた信者たちが黄色の頭巾をまいて暴発 時は184年、「黄巾の乱」と呼ばれる三国時代に移る一つの契機となった農民の反乱でした。黄巾族の主力が鎮圧されつつも各地で暴動が頻発し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/12/15 00:55
『レッドクリフ Part I』
1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が今、よみがえる。 ―世紀のビッグプロジェクト。 ジョン・ウー版「三国志」誕生!― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 4

2008/12/15 00:05
『センター・オブ・ジ・アース』
飛び出すぞ!衝突注意!! 最新の映像技術で、あの「地底世界」が蘇る!  冒険SF小説の大家として知られるジュール・ヴェルヌが、140年前の名作『地底旅行』で描きだした“地底世界”が、21世紀の最新技術によって、まったく新しい映像体験である《3D映画》としてよみがえった!  『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が開発に携った最新鋭の立体デジタル撮影装置「フュージョン・カメラ・システム」を駆使した『センター・オブ・ジ・アース』は、長編実写映画として初めて、全編にわたってのフルデジタル3... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 3

2008/11/16 14:47
『ゲット スマート』
“ジェームズ・ボンド”よりセクシーで、“ジェイソン・ボーン”より激しく、“オースティン・パワーズ”よりゴージャス! スパイ・ムービーに革命を起こす アクション・エンタテイメント、誕生!! 伝説の痛快TVスパイドラマ「それ行けスマート」が約40年の時を超え、本格スパイアクション・”超”エンタテイメント映画として帰ってきた! 2005年に亡くなったTV版主演俳優のドン・アダムスに捧げられている。見せ場はもちろん、フェラーリによる手に汗握るカーチェイス、飛行中のジェット機からの決死の空中ダイビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/11/16 14:37
『アイアンマン』
 2008年5月2日に全米4,015館で公開され、週末3日間で興行収入1億ドル突破を記録した『アイアンマン』。この驚異的な記録は、米公開時2008年度全米オープニング興行収入1位、さらに続編・シリーズものではない作品として、全米オープング興行収入歴代2位を記録(因みに歴代1位は2002年公開の『スパイダーマン』)しメガヒット。またこの勢いは2週目も衰えることなく、全米で5,000万ドルを超える週末興行収入を記録。見事全米2週連続1を飾り、全世界でも3億4,200万を稼ぎ出した驚異的なメガヒット... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

2008/11/03 01:02
『パコと魔法の絵本』
プロローグ ここは、高台にある古いお屋敷。 一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性の雄叫びが響く中、 大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。 彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です。 青年に案内されて二階の部屋に通された老紳士は、 一冊の絵本と一緒に仏壇に飾られていた強面の老人の写真を見て、 一言、こう言いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 9

2008/10/15 01:20
『ウォンテッド』
アキレスの時代以来 神の変わり「運命の意思」を実践してきた 秘密の暗殺組織“フラタニティ” 君は、その王位継承者である ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 22

2008/10/04 02:28
「訃報 ポール・ニューマン」
2008年9月26日、俳優のポール・ニューマンが亡くなりました。享年83歳でした。ポール・ニューマンといえばやっぱり『ハスラー』でしょうか!といっても最初の『ハスラー』は生まれる前なので、トム・クルーズと共演した『ハスラー2』のイメージですが、この頃ちょうど映画のヒットとともにビリヤード・ブームが日本でも起こり、私も夢中になった一人でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2008/09/28 03:32
『ハンコック』
スーパーヒーロー、始めるぜ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2008/09/20 22:16
『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』
興行収益10億ドル突破メガ・ヒットシリーズ第3弾!!  胸躍るアドベンチャー、スリリングなアクション、目を見張るVFXに、パンチの効いたユーモア。まさに映画ならではの楽しさをたっぷり詰め込んだ『ハムナプトラ』シリーズが、エジプトから中国へ舞台を移し、いちだんとスケール・アップして帰ってきた! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

2008/09/12 00:29
『ダークナイト』
 理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、「極悪非道な犯罪」をおもちゃに遊び狂う男。平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界を見ることだけに唯一の悦びを感じる男。――奴の名は、ジョーカー。白塗りの顔に耳まで裂けた赤い口、魂をえぐるように鋭く突き刺さる眼差しは、一度見たら生まれ変わっても忘れられない。そんな、かつてないほどにイカれた悪党が、「バットマン」シリーズ最新作『ダークナイト』に登場するバットマン最凶の敵なのだ。  監督のクリストファー・ノーランは、「ジョーカーは映画史上で究極の大悪... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 12

2008/08/30 02:28
『インクレディブル・ハルク』
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレディブル(驚くべき、信じられない)”な本作。そのキャストもBIGスターが名を連ねた。主人公ブルース・バナーに扮するのは『真実の行方』『アメリカン・ヒストリーX』で2度のアカデミー賞にノミネートされたエドワード・ノートン。役を演じるのみならずクリエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 8

2008/08/17 02:08
『ドラゴン・キングダム』
これほどニュースに溢れた映画が他にあるだろうか。現代のアクション映画を牽引する2大巨頭、ジャッキー・チェンとジェット・リー。決してかなわないと思われた夢のコラボレーションがハリウッドの手によってついに実現した。公開前から、その話題性は全世界を席巻、2大スターが揃った北京プレミアの情報は世界のメディアを賑わし、4月18日の全米公開では、3151館の拡大公開でbPを獲得(オープニング)。夢は現実のものとなり、目を見張るアクションの競演が、地球規模で現象を巻き起こしている。全米に続き、中国、香港、シン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 6

2008/08/12 12:39
『崖の上のポニョ』
海辺の小さな町 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 9

2008/08/01 01:02
「ニュームービークラシック・トップ25」
米エンターテインメント・ウィークリー誌が、ここ25年間に公開された映画の中から新たな“クラシック映画”を選定する「ニュームービークラシック・トップ25」を発表しました。 クラシックというにはまだ早いような作品もありますが、みなさんはどう思いますか? またジャンル問わずのこのランキングの基準もよくわかりませんが、まずは25年間をちょっと振り返ってみてはいかがでしょうか・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/22 00:13
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』
本年度のゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞し、アカデミー賞の主演女優賞、脚色賞の2部門にノミネートされた、美しくち切攻い愛の物語。  『スウィートヒアアフター』や『死ぬまでにしたい10のこと』などで注目され、“過去10年間でカナダが生んだもっとも偉大な役者のひとり”と評価される女優サラ・ポーリー。短編で監督としての手腕を発揮してきた彼女の長編映画デビュー作『アウェイ・フロム・ハー君を想う』は、アリス・マンローの短編「クマが山を越えてきた」を自ら脚色し、メガホンをとった大人のラブストーリーだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2008/07/17 23:12
『奇跡のシンフォニー』
僕の“家”では……みんなが音楽を邪魔した。 でもひとりだと音楽はわき起こる。 もし僕に演奏ができたら伝わるかも。 パパとママに“僕はここ”と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 12

2008/07/13 01:37
「2008年下半期突入」
さて、2008年もあっという間に半分が終わり、いよいよ後半に突入です! 今年は昨年に比べるとなかなか充実した映画生活を過ごしている気がします。ブログも2年目ということもあり、劇場映画を選ぶとき、より慎重にいこうと今年は決意したのですが、観たい映画がけっこう次から次へとあって結果的には去年よりもハイペースで観に行っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/07 00:26
『つぐない』
あなたを愛しています。私のもとに帰ってきて…。 壮大なスケールで描く切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 4

2008/06/30 00:26
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
この夏、世界中の映画ファンが待ち望んだ、巨大なエンターテイメントの幕が開ける!!  ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ。誰もが認めるハリウッド最強・最高の実力者。その二人が1977年のハワイで誓った初の共同企画は『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』として1981年に実現し次々と興行記録を塗り替えた。そしてハリソン・フォードが演じた、秘宝を求め世界を駆け巡る考古学者“インディアナ・ジョーンズ”は誕生と同時に伝説と化した。往年の冒険活劇に斬新なアイデア、ユーモア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 11

2008/06/25 01:22
『ランボー 最後の戦場』
混迷の21世紀。 “世界最強の一人軍隊(ワンマンアーミー)”が帰ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

2008/06/14 01:54
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』
ディズニー・スタジオが空前のスケールで贈る世紀のファンタジー・プロジェクト――『ナルニア国物語』 その待望の《第2章》が、ついにその神秘のベールを脱ぐ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 14

2008/06/09 22:33
「ホビットの冒険」〜トピックス
 映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作「指輪物語」でお馴染みのJ・R・R・トールキンによる新たなる映画化が決まっている「ホビットの冒険」で、物語の主役ビルボ・バギンス役の有力候補として、『つぐない』のジェームズ・マカヴォイが挙がってきているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/03 23:44
『最高の人生の見つけ方』
末期ガンで、余命6ヶ月。 そう宣告されたら、 誰もが後はもう待つだけと思うだろうか? ところがこのふたりの場合、人生は、 終わりを知った瞬間から輝きだした。 それも、今までなかったほど溌剌と! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 12

2008/05/25 01:49
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』
ディズニーが史上空前のスケールで贈る世紀の映像プロジェクト―― その“第1章”がついに幕を開ける!  『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』――1950年にこの世に誕生して以来、世界中に愛され続けてきた英国ファンタジーの至宝を、ディズニーが空前のスケールで完全映画化した世紀の映像プロジェクトが、ついにその神秘のベールを脱いだ。長年にわたり映画化を切望されながらも、原作者C.S.ルイスが遺した20世紀最高のイマジネーションは、これまで絶対に映像化不可能と言われてきた。だが、21世紀のテクノ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 12 / コメント 2

2008/05/19 00:30
『NEXT』
わずか2分だけの予知能力で、世界が救えるのか? 予知能力を持つ男。見えるのは自分の未来。そして、LAを脅かす核爆弾テロ――。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 6

2008/05/09 00:36
『紀元前1万年』
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が、ついにその照準を過去に向けた! アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、20世紀最高裁大の傑作とも称された大ヒット作『インデペンデンス・デイ』、そして21世紀の今まさに起こりうる近未来を描き、全世界を凍りつかせた『デイ・アフター・トゥモロー』。 その視線は常に一歩先に向けられ、脅威の未体験映像は、観る者の目を釘付けにしてきた。 そのエメリッヒ監督をして「まだ誰も見たことがない」と言わせしめた世界―― それは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 8

2008/05/05 00:20
【ケイト・ブランシェット】
女優ケイト・ブランシェット。今やオスカー常連といってもいい演技派の彼女のことを、今回“クローズ・アップ”してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/04/27 00:06
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
2007年7月2日の夜、映画史上前代未聞の映像が何の前触れもなく、全米の映画館で一斉に解禁となった。ニューヨークの街が正体不明の巨大な“何か”に蹂躙される衝撃映像と、断片的な映像のみで構築されたドキュメンタリー・タッチのティザー・トレーラー(特報)が、全米で3億ドルを超えたメガ・ヒット作『トランスフォーマー』の上映館に出現したのである。さらに劇場ロビーには、首のない自由の女神という強烈なインパクトを残すデザインのポスターが掲出された。そして何よりも衝撃的だったのは、その映画にはタイトルが付けられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 4

2008/04/13 02:03
『君のためなら千回でも』
全米300万部を超える大ベストセラー小説の映画化! 『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォースター監督が贈る感動巨編 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 6

2008/04/06 00:27
『エリザベス:ゴールデンエイジ』
敵を制し、愛を制し、国を制した 女王の物語 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2008/03/25 00:48
『ライラの冒険』―パラレルワールド―
ここでは『ライラの冒険』の予習復習を兼ねたおさらいをしたいと思います。ファンタジー映画の大作はなかなかその独特の世界を理解するのに時間がかかったりします。理解する前に1作目を観終わってしまった人も多いでしょう! 『ロード・オブ・ザ・リング』しかり、『ハリー・ポッター』しかり、『ナルニア国物語』しかりです。この『ライラの冒険』も3部作の1作目が公開されて、その独特の世界に戸惑った人も多いのでは? ケビン的『ライラの冒険』のパラレルワールドをネットや映画雑誌、ガイドブックを元に情報をまとめてみま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 4

2008/03/10 00:46
『ライラの冒険/黄金の羅針盤』
これは、すべてのはじまり―― ファンタジー映画史に残るシリーズ第一章が、ついにそのベールを脱ぐ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 8

2008/03/05 00:11
『第80回アカデミー賞』
本日1月25日に第80回アカデミー賞が発表されました。先日発表されたゴールデン・グローブ賞は脚本家組合のストのため、残念ながら寂しい授賞式になってしまいましたが、アカデミー賞は無事レッドカーペットが敷かれ華やかに行われたそうです。 なんでもジョージ・クルーニーがストライキを解決するためにスピルバーグやトム・ハンクスといった有力プロデューサーに呼びかけ、調停委員会のようなものをつくり、関係者ととことん話し合う機会を設けたりしたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 8

2008/02/25 23:03
『テラビシアにかける橋』
『ナルニア国物語』のスタッフが再び集結し、児童文学の最高傑作を完全映画化! 『テラビシアにかける橋』は、子どもたちが抱える葛藤や喜び、かけがえのない友情、想像力のすはらしさと勇気、そして生命の尊さを謳った、心を揺さぶる真の珠玉作だ。原作は、「子どもの本のノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞など数々の賞を受賞したキャサリン・パターソンによる、児童文字の金字塔「テラビシアにかける橋」(偕成社刊)。作者が息子に降りかかった悲劇的な出来事にインスピレーションを受け、書いた作品だ。出版以来、30年に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 10

2008/02/19 00:07
「訃報 ロイ・シャイダー」
2008年2月10日、俳優のロイ・シャイダーが亡くなりました。享年75歳でした。ロイ・シャイダーといえば真っ先に思い浮かぶのが『ジョーズ』です。浅黒い顔が印象的で眼鏡をかけているせいもあって知的なイメージのするアクション俳優でした。 大ヒットした『ジョーズ』には2作目も主演を演じていました。私が記憶に残るのは『ジョーズ』の他に『ブルー・サンダー』と名作『2001年宇宙の旅』の続編『2010年』ぐらいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2008/02/13 00:10
『ウォーター・ホース』
 ネス湖に眠った、ひとりぼっちのふたりの想い。世界で最も有名な“1枚の写真”に隠された、孤独なふたつの魂の出逢いと別れの物語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 6

2008/02/11 19:29
『ニュー・シネマ・パラダイス』
この映画は私の中ではかなりのお気に入り作品のひとつです。けっこう有名な作品なので観た人も多いと思います。 昨年、久しぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する作品はそうあるものではありません。 まだ観たことない人は是非一度ご覧になってください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 8

2008/02/03 11:01
映画タイトル一覧
◇あ行 アーサーとミニモイの不思議な国アーサーと魔王マルタザールの逆襲アイアンマンアイアンマン2アウェイ・フロム・ハー 君を想うアポカリプトインクレディブル・ハルクインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国インビクタス/負けざる者たちウォーター・ホースWALL・Eウォッチメンウォンテッドウルヴァリン:X-MEN ZEROエラゴン〜遺志を継ぐ者エリザベス:ゴールデンエイジ ◇か行 かいじゅうたちのいるところ崖の上のポニョカプリコン・1紀元前1万年奇跡のシンフォニー君のためなら千回でもグッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/27 17:49
『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』
今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 31 / コメント 20

2008/01/20 19:10
『第65回ゴールデングローブ賞』
アカデミー賞の前哨戦とも云われている『第65回ゴールデングローブ賞』が本日発表されました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2008/01/14 23:57
『2008年劇場公開Line-Up』(その3)
さてラストスパートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/01/04 17:58
『2008年劇場公開Line-Up』(その2)
決して公開順ではないのでお間違いなく。1記事の文字数制限のため、3つに分けさせて頂きます。ご了承ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/04 17:56
『2008年劇場公開Line-Up』(その1)
2008年あけてしまいましたが、みなさんはいかがお過ごしですか? 私はまだゆっくりしていますが、もう仕事されている方もいらっしゃると思います。 今年はどんな映画年になるでしょうか?2008年もいろいろと話題作が目白押しだと思います。さてさて今年の公開予定作品ザザーッと行きましょう! (★★★:絶対観に行くでしょう ★★:たぶん観に行くかも・・ ★:もしかたら?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/04 17:51
『2007年 BEST』
2007年ももう終わりですね! 今年はブログ元年だったこともあり、今まで以上によく映画館に足を運んだ年でした。 といっても何10作と観ている人たちと比べればそんなにたいしたことはありませんが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 8

2007/12/31 19:20
『ベオウルフ/呪われし勇者』
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01〜03)にも匹敵する壮大なストーリー、『300』(06)をも凌駕する刺激に満ちたアクション。 最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす! 最新の映像技術のもとに初めて実現した驚異のアクション・ファンタジー『ベオウルフ/呪われし勇者』。 アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスが映画史を書き換える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 14

2007/12/24 23:36
『スターダスト』
豪華俳優陣演じるユニークなキャラクターたちが贈る、愛と冒険のファンタジーが誕生! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 10

2007/12/10 00:14
『グッド・シェパード』
ロバート・デ・ニーロ13年ぶりの監督第2作  『ゴッドファーザー PART II』と『レイジング・ブル』で2度のアカデミー賞を受賞し、“現代最高の名優”と謳われるロバート・デ・ニーロ。その妥協のない演技スタイルによって”デ・ニーロ・アプローチ”という言葉を生み出し、後に続く映画スターにも多大な影響を与えた彼は、地元NYでトライベッカ映画祭を主催するなど、映画を柱にした文化活動にも積極的に取り組んでいることで知られている。そんなデ・ニーロが、『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりに監... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2007/11/25 01:02
『ローグアサシン』
世界に名を轟かす、伝説の殺し屋“ローグ”とは何者なのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 14

2007/11/20 00:53
『パンズ・ラビリンス』
現実と幻想が表裏一体となったギレルモ流ラビリンスヘようこそ! 〈3つの試練〉を乗り越え、オフェリアと永遠の幸せを探す旅へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 12

2007/11/04 15:24
『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』
 「スパイダーマン」より長い歴史を誇り、「X-MEN」よりも早く集団ヒーローの歴史に名を刻んだマーベル・コミックスの最高峰「ファンタスティック・フォー」。2005年、待ち望まれていたその映画版『ファンタスティック・フォー[超能カユニット]』は原作のファンを熱狂させるのみならず、コミックに馴染みのない観客をも魅了してファン層を拡大した。そして2007年、ファンタスティックな4人組が帰ってきた。自在に体を変型させる天才的科学者“Mr.ファンタスティックことリード・リチャーズ、体を透明化し防護シールド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/10/27 11:14
『アーサーとミニモイの不思議な国』
巨匠リュック・ベッソンを虜にしたファンタジー・ワールド ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 12

2007/10/14 15:21
『ミス・ポター』
111カ国で1億部のベストセラー! 100年を超えて世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」 その誕生に秘められた感動の物語優秀な才能たちが贅沢に表現する、一途に生きた女性の心 英国ヴィクトリア朝の保守的な気風が色濃い時代に、当時としては珍しく職業を持って自立した女性、ビアトリクス・ポター(1866〜1943年)。いまも大人気の「ピーターラビット」の作者の半生を、丁寧な時代を考証の下に誠実に描いたのがこの映画だ。本の初出版の時期から、自然を愛する性格を形成した少女時代を振り返りつつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 8

2007/09/29 12:10
『TAXiC』
フランスで2700万人が観た!! 爆発的大ヒットシリーズ最新作、日本上陸!  “新感覚カー・アクション”として全世界のド肝を抜き大ヒットした『TAXi』から9年、その勢いはさらに加速、シリーズ4作合計のべ2700万人の動員を達成!! 待ちに待った大ヒット・シリーズが帰ってきた! 2月14日のフランス公開は、熱狂的なファンに迎えられ867館という異例の公開規模でスタート、初登場第一位、動員は500万人を突破! お馴染みのTAXiはさらにスケールアップして大暴れ、シリーズ最大最速312.8km/... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/09/19 01:00
『ダイ・ハード4.0』
ハリウッド期待の新鋭監督と若き共演者を迎え、“バージョン・アップ”  企画段階から意欲満々で本作に取り組んだブルース・ウィリスは、現在52歳とは思えない引き締まった肉体とスキンヘッドの精悍な風貌で登場。過激なアクション・シーンを気迫たっぷりにこなしつつ、マクレーン独特の無鉄砲さとユーモア、そして年を重ねて備わった円熟味を余すところなく熱演する。大物スターのオーラを保つ一方、近年着実に俳優としての幅を広げてきたウィリスのすべてが本作に注ぎ込まれている。  ウィリスと若き共演者たちとのアンサン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 12

2007/07/09 23:01
『アポカリプト』
前人未踏の神話アクション・アドベンチャー  『ブレイブ・ハート』(95)でアカデミー賞を受賞し、『パッション』(04)でセンセーションを巻き起こしたメル・ギブソン。映画監督してつねに新たな可能性を追求する彼が、再び衝撃的な作品を製作した。マヤ文明が崩壊する激動の時代を舞台にした、血沸き肉踊る神話アクション・アドベンチャー『アポカリプト』。  今から千年以上前に中部アメリカで強大な権勢を誇っていたマヤ文明は、広範な都市を築き、天を突くピラミッドを建設し、驚くべき文化的、科学的偉業を達成し、高度... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 12

2007/07/05 22:00
『映画人気ランキング』(アクション編)
『ダイハード4.0』公開記念ということで、今回はアクション映画の人気度・ランキングにスポットを当ててみようと思います。日常生活では味わえない、カーチェイスや銃撃戦、マッチョな肉体同士の格闘バトルなどアクション映画ならではの興奮を約束してくれる上位ランキング作品! それでは早速、栄光の第1位は♪やっぱりこの映画『ダイ・ハード』(88)です。主演はブルース・ウィリスで、この映画で一躍スターダムになりました。私自身この映画が公開された時は、映画館で観賞していませんが、後に観てからは何度観ても楽しめる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/06/24 18:28
『300』(スリーハンドレッド)
最強の男たちとともに、桁違いの映像革命、誕生! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 14

2007/06/17 23:46
『雪にねがうこと』
もとは農耕馬だったという輓馬(ばんば)たちが数百キロ以上もあるソリを曳きながら障害を越える、北海道の開拓精神が生んだレース”ばんえい競馬“。 巨体を前かがみにしながらありったけの力を尽くす輓馬は、ときに歩みを止め、呼吸を整えがら、ゆっくりと確実に進んでいく。 そんな馬たちに、つまずきながらも明日を見つめて生きていこうと奮闘するひとりの青年と家族の姿を重ね合わせた、日本映画の傑作が誕生した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 18:33
『スパイダーマン3』
 スパイダーマンが黒に染まる。  待望のシリーズ最新作『スパイダーマン3』では、スパイダーマンが謎の黒い液状生命体に取りつかれ、赤と青のコスチュームを黒に染められてしまう。ブラック・スパイダーマンとなったピーター・パーカーは、今まで以上のパワーを手にするが、同時に自身の心まで黒に染めていく。憎悪や高慢、怒りといった悪の感情が湧きあがり、自らを制御できないピーター。さらに未来を誓った最愛の女性メリー・ジェーン・ワトソンとの心のすれ違いをも招いてしまう。この生命体の正体は? そしてスパイダーマンは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 14

2007/05/29 00:22
『バベル』
神よ、これが天罰か。 言葉が通じない。心も伝わらない。想いはどこにも届かない。 かつて神の怒りに触れ、言葉を分かれた人間たち。 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことができないのか? モロッコの片隅で偶然放たれた一発の銃弾がアメリカ、メキシコ、日本の孤独な魂をつなぎ合わせてゆく。 耳を澄ませば聴こえてくるはずだ。初めて世界に響く、魂の声が。 2007年、世界はまだ変えられる。 GWに観てきました第二弾『バベル』です。第79回アカデミー賞でもノミネートされ、特に日本の女優としては4... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

2007/05/20 15:51
『ロッキー・ザ・ファイナル』
1976年、アメリカ建国200周年のこの年に、2つの名前が知れ渡った。ロッキー、そしてスタローン。 『タクシードライバー』『ネットワーク』『大統領の陰謀』といった強力なライバル作を退け、見事に1976年のアカデミー作品賞に輝いたその映画は、当時無名の俳優が書き上げた脚本を、彼自身の主演で映像化した低予算作品だった。 無名のボクサーが世界チャンピオンと互角に戦うというストーリーをリアルに描いた『ロッキー』は、当時、一大現象を巻き起こし、文化や言葉の壁を超え、世界中で大ヒットした。すべての観客に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 8

2007/05/14 23:15
『ロッキー4 炎の友情』
先日、日曜洋画劇場にて放映しておりました。シルベスター・スタローン監督・主演のシリーズ4作目です。『ロッキー』は1976年に公開され、同年度アカデミー作品賞を受賞しました。以後、『ロッキー2』『ロッキー3』と本作、さらに『ロッキー5 最後のドラマ』と続き、現在公開中の『ロッキー・ザ・ファイナル』でシリーズ完結になります。私がシリーズの中で映画館で観たのがこの『ロッキー4 炎の友情』でした。この作品は公開当時が米ソ冷戦時代ということもあり、そのまんま映画の世界に反映されたまさに”アメリカ絶賛”映画... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2007/05/05 23:19
『2006年度興行収入ランキング〜いまさらやけど』〜そして2007年は・・・
今年も早や4ヶ月が経ち、アカデミー賞も終わり、続々と待ち遠しい映画が公開されてきますがその前に、ちょっと昨年を振り返ってみましょうか・・・ 2006年度外国映画興行収入ランキング 順位 作品名(億円) ハリー・ポッターと炎のゴブレットパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストダ・ヴィンチ・コードナルニア国物語 第一章:ライオンと魔女M:i:IIIMr.&Mrs.スミスフライトプランチキン・リトルワールド・トレード・センターキングコング110.0100.290.568.651.5... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/30 00:12
『M:i:V』
『ミッション:インポッシブル』という映画をご存知ですか? 『M:i:V』はこのシリーズの3作目で、3作ともトム・クルーズがプロデュース兼主演をしています。 監督は3作とも違っていて、本作はTVシリーズ『LOST』『エイリアス』を手掛けたJ.J.エイブラムスが抜擢されています。 今回、前2作と違うのはトム演じるイーサン・ハントが結婚するという所。 今までのイーサンはスパイという仕事を確実にこなしてゆく職人のようで、あまり生活感のようなものは見えてきませんでした。 ところが今回は愛する人と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2007/04/22 22:16
『レオン』〜誕生物語
『レオン』を知るにはまず『ニキータ』の物語を知っていなくてはならない。ヴィクトル、『ニキータ』の掃除人。ヴィクトルが存在したのはほんの10数分程。 もちろん、演じたのジャン・レノです。 ヴィクトルが生まれたのは、真夏のある日、パリの道すがら、ある建物の表玄関でのことだった。年の頃50代。冬のコートの下は、キャッチャー並みの肩幅をしていた。手には大きなズタ袋を持ち、影の中で立っていた。この男は殺し屋に違いない。或いは、殺し屋になろうとしている。ニキータがまだ生まれていなかったその時、ヴィク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 10

2007/04/09 12:20
『DEJA VU(デジャヴ)』
「デジャブ」=「既視感」・・・初めて体験することなのに、以前にどこかで体験したような、奇妙な感覚。会った事も無いのに以前にどこかであった事があるような場面が頭に浮かんできたりすること スリルと緊張感が物語の全面的に散りばめられた映画です。いきなりの爆発シーンから始まり、一気に観客をその物語の中に惹きこんで行く。ツカミはOK! そして、主人公のダグことデンゼル・ワシントンの登場。その冷静沈着で天才的な分析力で事件の真相に迫る姿は、2度のオスカーに輝いたデンゼルにピタリとはまる役どころと言いよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 8

2007/03/29 21:53
『ニキータ』
『レオン』より以前に凶暴な純愛がここにあった! フランスで一大センセーションを巻き起こし、イギリスでは公開されるやいなや10日間で外国映画の興行記録を塗り替え、そしてアメリカでは待ちに待たれクリスマス公開となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/03/24 18:41
『幸せのちから』
この話は実話です。サクセスストーリーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2007/03/18 12:03
『第79回アカデミー賞』
過労でぶっ倒れている最中にアカデミー賞の発表がありました まあ大体が予想通りというかサプライズは起きなかったなーーというのが感想です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/03/04 23:46
『エラゴン〜遺志を継ぐ者』
先月『エラゴン〜遺志を継ぐ者』を観てきました。 私は結構ファンタジー系が好きなのでこの類は良く観ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/02/12 22:18
『レオン』〜その出会い
初めまして、ケビンです。 ブログもネットに関する知識も(日本語も)まだまだですが 頑張っていきたいと思います ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/06 00:50

トップへ | みんなの「映画」ブログ


ご訪問して下さった方々、いつもありがとうございます。コメント等の返事が遅れがちでご迷惑をおかけしております。また、トラックバックの相性等の関係でこちらから送信できない現象が起きております。申し訳ございません。
シネマのある生活〜とウダウダな日々 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる