『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』

画像今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。

R-15指定ということでまずは思わず館内に入ってくる人を横目でチェック!
「微妙やな~お前ら15なってるんかい!」とか「ジョニー・デップが出てるからってだけで観に来てるんやろ?R-15やから気つけろよ!」とか心の中でウダウダ云いながら、いざ鑑賞。
案の定しぶきが舞うわ舞うわ~(笑;「ひいてんのんちゃうか~~おまえら」

ティム・バートンならではのアンダーなイメージで始まり、ちょっとドキドキです。
ちなみにミュージカルはあまり好きではないケビンです。



Story...

19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・パーカー(ジョニー・デップ)の幸せな日々は、ある日突然打ち砕かれた。悪徳判事ターピン(アラン・リックマン)によって無実の罪を着せられ、監獄へと送られた。15年の歳月が過ぎ、バーカーは名前はトッドと変えて昔の我が家へ戻る。
画像

まったく客の来ないパイ屋を営む大家のミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)は最初、彼が何者か気づかず、バーカーがいなくなった後、妻子がどうなったかを話す――タービンは言葉巧みにルーシーを仮面舞踏会に誘い出し、客たちの目の前で彼女を辱めていた。そこでミセス・ラベットはようやく彼がバーカーであることに気づく。その後ルーシーは毒をあおり、娘ジョアナ(ジェイン・ワイズナー)はターピンが養女にして家に閉じ込めているという。「必ず復讐を遂げる」と語るトッドに、ミセス・ラベットは売らずに保管していたという彼の理髪道具のカミソリを渡し、以前と同じく、パイ屋の2階で理髪店を始めるよう勧める。

一方トッドと別れてロンドンの街を歩いていた船乗りのアンソニー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)は、ターピン家の窓辺で歌うジョアナにひと目惚れする。彼女が軟禁状態であることを物乞いの女から聞いたアンソニーは、何とか助けだしたいと考える。
画像


画像そのころロンドンには街一番の腕だと評判のイタリア人理髪師ピレリ(サシャ・バロン・コーエン)がいた。見習いのトビー(エド・サンダース)の歌によれば、ピレリの秘薬を使えば、育毛もバッチリという。トッドとミセス・ラベットはその秘薬をインチキだと訴え、怒ったピレリとひげ剃り対決をすることに。街の役人バムフォード(ティモシー・スポール)の審判の元、対決はトッドの圧勝。


トッドの正体を見破ったピレリが店に現れ、売り上げの半分をよこせと脅します。ミセス・ラベットが見習いのトビーにパイを食べさせている間に、トッドはピレリを殺してしまいます。

画像さてさて、ここからがこの話の恐ろしいところ・・・ミセス・ラベットはピレリの死体の始末を考え、彼をミンチにしてミートパイに入れて売ることを思いつきます。トッドは彼女の案に乗り、身寄りのなさそうな男性客を次々と理髪店に呼び込んでは殺していきます。
(人肉はかなり美味しいらしいです。)
ミセス・ラベットの店は大繁盛!
見習いのトビーを店で雇い、彼女はトッドと結婚する夢を抱くのです。


一方ターピンによって精神病院に監禁されたジョアナを救出に行ったアンソニーの話を聞き、妙案を思い付いたトッドはターピンを理髪店に誘き出そうと画策します。

画像トッドの犯罪のにおいを嗅ぎつけたトビー、異臭騒ぎで近所が苦情が出てやむなくやってきたバムフォード、精神病院から脱出に成功してやってきたアンソニーとジョアナ、役人が出てこないと騒ぐ物乞いの女、そしてトッドにおびき出されてやってきた判事ターピン、運命に導かれ一同に会する人々・・・

果たしてトッドはついに復讐を遂げることができるのでしょうか・・・?



1847年、初めて舞台で上演された”理髪師とパイ屋の話”として知られる、身の毛もよだつ物語は150年にもわたって世界の人々を魅了してきました。ブロードウェイの巨匠スティーブン・ソンドハイム作詞・作曲によるトニー賞8部門受賞の傑作ミュージカルを元にしたこの作品では、歌わない主演はありえな~い!バートンはデップなら期待以上のスウィーニーを演じてくれるだろうと。元ロックバンドのギターリストであったデップも歌は初めて。なんと自己流で習得したそうです。天はいったいいくつの才能を彼に与えたのでしょうか?
また日本でも07年1月に、スウィーニーを市村正親、ミセス・ラベットを大竹しのぶで、宮本亜門の演出・振付により上演されたそうです。

















【CAST...】
画像・Johnny Depp(ジョニー・デップ)
1963年・米・ケンタッキー州生まれ
83年、ロック・ミュージシャンをめざし、LAに。だが俳優志望に変わり、84年『エルム街の悪夢』で映画デビュー。TV「21ジャンプ・ストリート」で人気を博す。先日この作品で初のGG賞主演男優賞を受賞。
ベンジャミン・バーカー/スウィーニー・トッド役
悪徳判事ターピンによって無地の罪で投獄され、脱獄を図り15年振りにロンドンに帰郷した理髪師。最愛の妻と娘を奪ったターピンと手下バムフォードへの復讐を誓いスウィーニー・トッドして理髪店にを再開する
『プラトーン』『シザーハンズ』『ギルバート・グレイプ』『エド・ウッド』『デッドマン』『ニック・オブ・タイム』『フェイク』『ブレイブ』『スリーピー・ホロウ』『ショコラ』『フロム・ヘル』『パイレーツ・オブ・カリビア』『ネバー・ランド』『リバティーン』『チャーリーとチョコレート工場』『パイレーツ・オブ・カリビア/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビア/ワールド・エンド』『シャンタラム』など
画像・Helena Bonham Carter(ヘレナ・ボナム=カーター)
1966年・英・ロンドン生まれ
サウス・ハムステッド校で演劇を学び、TVに出演するようになった頃、トレバー・ナン監督の目にとまり、85年『レディ・ジェーン/愛と運命のふたり』で映画デビュー。07年12月、ティム・バートン監督との間に二人目の子供をもうけた。
ミセス・ラベット役
パイ屋の女主人。スウィーニーが殺した人間の肉を材料にしたミートパイで店が繁盛する。スウィーニー愛用のカミソリを15年間保管しておくなど、スウィーニーへの深い愛をちらつかせるが、報われない。
『眺めのいい部屋』『モーリス』『ラ・マスケラ』『フランチェスコ』『ハムレット』『天使も許さぬ恋ゆえに』『ハワーズ・エンド』『フランケンシュタイン』『十二夜』『ヴァージン・フライト』『ファイト・クラブ』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』『記憶のはばたき』『ビッグ・フィッシュ』『チャーリーとチョコレート工場』『Sixty Six』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』など
画像・Alan Rickman(アラン・リックマン)
1946年・英・ロンドン生まれ
美術学校を卒業後、デザインの仕事をしたが、26歳で俳優を志し王立演劇学校に入学。多くの舞台で経験を積み、「危険な関係」のブロードウェイ公演でトニー賞候補に。この成功により88年『ダイ・ハード』で強烈な映画デビューを飾る。
ターピン判事役
スウィーニーの妻ルーシーに横恋慕し、彼に無実の罪を宣告。さらに彼の娘を自分の家に幽閉する邪悪な判事。
『ダ・ハード』『愛しい人が眠るまで』『ロビン・フッド』『いつか晴れた日に』『マイケル・コリンズ』『ギャラクシー・クエスト』『ドグマ』『シャンプー台のむこうに』『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ラブ・アクチュアリー』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『パフューム』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『Bottle Shock』など
画像・Timothy Spall(ティモシー・スポール)
1957年・英・ロンドン生まれ
イギリスの王立演劇学校で学ぶ。70年代の終わりからロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに2年ほど在籍し、数々の舞台に立つ。その後、TVや映画に出始め、96年マイク・リーの『秘密と嘘』に出演、高い評価を得て国際的にも知られるようになった。
役人バムフォード役
ターピンの子分のように仕える。ターピンに劣らず性悪な性格で暴力的。ルーシーやジョアナをかどわかし、奈落の底へ突き落す。
『さらば青春の光』『ブライド』『ゴシック』『ワルシャワの悲劇/神父暗殺』『シェルタリング・スカイ』『ライフ・イズ・スウィート』『ハムレット』『クロコダイルの涙』『恋の骨折り損』『宮廷料理人ヴァテール』『バニラ・スカイ』『人生は、時々晴れ』『ラストサムライ』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『魔法にかけられて』など
画像・Sacha Baron Cohen(サシャ・バロン・コーエン)
1971年・英・ロンドン生まれ
ケンブリッジ大学で歴史を専攻、アマチュア劇団にも参加した。98年のTV『The 11 O'Clock Show』で珍妙な白人ラッパーのアリ・Gを演じて人気がブレーク。私生活では敬虔なユダヤ教徒である。
ピレリ役
自称イタリア人理髪師。街頭でひげ剃りの妙技を見せているが、スウィーニーと技を競って破れてしまう。スウィーニーの素性を知り、最初の犠牲者となる。
『The Jolly Boys' Last Stand』『アリ・G』『タラデカ・ナイト/オーバルの狼』『ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』など
画像・Jayne Wisener(ジェイン・ワイズナー)
1987年・北アイルランド生まれ
演劇学校で演技の勉強をし、本作で映画デビューを飾った。
ジョアナ役
ターピンに幽閉されているトッドの娘。ターピンからの求婚を拒み、アンソニーに救いを求める。
画像・Jamie Campbell Bower(ジェイミー・キャンベル・バウアー)
1988年・英・ロンドン生まれ
本作が映画デビュー。次回作はガイ・リッチー監督の『ロックンローラ』。
アンソニー役
スウィーニーを助ける船乗り。ターピン家の窓辺にたたずむジョアナにひと目惚れをし、救い出すことを誓う。
画像・Ed Sanders(エド・サンダース)
1993年・米・ミズーリ州生まれ
ナショナル・ユース・ミュージック・シアターに通っている。本作で映画デビュー。
トビー役
ピレリの助手からパイ店を手伝うようになる。ミセス・ラビットを母のように慕っている。
画像・Laura Michelle Kelly(ローラ・ミシェル・ケリー)
1981年・英生まれ
本作が映画デビュー。「メリー・ポピンズ」ほか多くの舞台ミュージカルに出演。
ルーシー役
スウィーニーの貞淑で美しい妻。夫を奪ったターピンに凌辱されて、服毒自殺を図る。
【DIRECTOR...】
画像・Tim Burton(ティム・バートン)
1958年・米・カリフォルニア州生まれ
少年時代からコミックスとアニメが大好きで、高校卒業後、ディズニーの奨学金を得てカリフォルニア芸術インスティチュートで学び、ディズニー・スタジオに入社。『きつねと猟犬』等に参加。82年短編アニメ『ビンセント』、『フランケンウイニー』を制作。これが認められて監督としてデビュー。2007年、ヴェネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞。ヘレナ・ボナム=カーターとの間に二人の子供がいる。
『ビートルジュース』『バットマン』『シザーハンズ』『バットマン・リターンズ』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『エド・ウッド』『マーズ・アタック!』『スリーピー・ホロウ』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』『ビッグ・フィッシュ』『チャーリーとチョコレート工場』『コープス・ブライド』など

↓↓↓ランキングにご協力下さい↓↓↓
画像画像画像


<残酷な理髪師に飽きた方は気弱な理髪師もどうぞ!>


Sweeney Todd: DeMon Barber of Fleet Street/O.S.T.
Sweeney Todd: DeMon Barber of Fleet Street/O.S.T.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ぴーち
2008年01月20日 22:44
こんばんは!私も今日観に行きました♪
明日記事をUPしま~す^^
血しぶきが凄かったです・・・・。
単なるジョニデのファンだから。。という単純な理由で
鑑賞すると、痛い目に遭います・・。
ミュージカルは好きなので、楽しめました♪
記事をUPしたらTBよろしくお願い致します。
では、では!
2008年01月21日 08:12
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました♪
グロ系映画が苦手なので、どうかなぁ~と思ったのですが、物凄くハマってしまいました。
やはり首を切り裂くシーン、血飛沫のシーンには目を背けたくなりましたが、全体的な世界観が素晴らしくて、大袈裟かもしれませんが芸術作品のようだったと思いました。
ジョニーはじめ役者さん達の歌も良かったです。
上手いというよりも物語に馴染んでいたと思いました。
どうしても評価は割れそうですが・・・熱狂的なファンがつきそうな映画ですね(笑)
2008年01月21日 08:55
こんにちは♪ 
血の量は半端無いし色々と痛々しい作品でしたが、
ティム・バートンならではの独特な映像美と
役者さんの名演に魅せられました。
ジョニーはほんとに歌が上手かったですね。
2008年01月21日 22:21
こんにちわ
自分はグロイのは苦手な方なのですが、なぜか結構観れました。
ミュージカルのおかげでしょうか^^;
ジョニー・デップが思いのほか、歌がうまくて驚きました
2008年01月22日 00:08
【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメント&TBありがとうございます。

痛い目に合わなくて良かったですね!
ミュージカルも好きならばなお良かったと思います。

いつもTBありがとうございます。
FC2はこちらからうまくはりつかないみたいなので、申し訳ありません。
またよろしくお願いします。
2008年01月22日 00:16
【由香さんへ】

こんばんは、由香さん。
コメント&TBありがとうございます。

全体的にモノトーンであったのも良かったのかもしれませんね。
より芸術的な感じがしました。

たぶん評価は割れそうですね。
好き嫌いがはっきりしそうですが、外国の童話や物語には残酷系が多いみたいですし(例えばシンデレラのガラスの靴に合う人を探しにきた王子に対して意地悪な姉たちが靴が小さかったので自分のつま先を切って履いたとか・・・)、日本人の感覚に合わないのかも知れませんね。

2008年01月22日 00:21
【nonさんへ】

こんばんは、nonさん。
コメント&TBありがとうございます。

本当にみんながいい感じでキャスティングは大成功だったと思います。
さすがティム・バートン監督。

アラン・リックマンも歌ってるよぉ~~w(>o<)w
2008年01月22日 00:29
【やじさんさんへ】

初めまして、やじさんさん。
コメント&TBありがとうございます。

ミュージカルのおかげだと思いますよ。

ジョニー・デップはけっこう恥ずかしかったみたいですよ、歌うのが。
ヘレナとの掛け合いも一緒に練習せずにぶっつけ本番みたいだったそうです。それでもできちゃうとこがすごいですね。

2008年01月22日 20:17
こんばんは~、ケビンさん。
試写会だったとはいえ、ジョニデ目当てで見に行ったので、や・ら・れ・ま・し・たぁぁぁ~~~。ジョニデでなかったら試写会も応募してなかったかも・・・。基本的にこの手の映画は見に行かないもので・・・。
でも、思ったより見れました。やっぱり、ミュージカルだからですかね?あまり、おどろおどろしくなかったように思いました。
2008年01月22日 20:55
絶対にびみょ~な15歳が見に来てますよね!?(笑)
あの時代のヨーロッパって街中臭かったらしいから、
かなりの悪臭が立ち込めたんじゃないかなぁ~(苦笑)
と想像ふくらませちゃいました(汗)
2008年01月24日 19:07
パッチです。
早速観にいかれたんですねっ。
といきなり関西弁がたくさん飛び出してますねっ。
ケビンさんはミュージカルが得意ではないんですねっ。
私も最初はそうだったんですけど、今は楽しめます。

ティム・バートンらしくアンダーな雰囲気ということで、いかにミュージカルで表現されているのか興味があります。
出演者も歌の練習が大変だったでしょうねっ。
機会があればそのへんも注目して鑑賞してみたいです(^^)


登場人物の紹介で知ったんですけど、「ハリー・ポッター」シリーズに出演している人が3人も出ているんですねっ。
2008年01月24日 23:10
【とろさんへ】

こんばんは、とろさん。
コメントありがとうございます。

(笑)やられました?でも意外と観れたということで、これもバートン・マジックでしょうか?
とろさんにとっては、パイ店の中のゴキの方がきつかったのでは?
2008年01月24日 23:19
【えふさんへ】

こんばんは、えふさん。
コメント&TBありがとうございます。

びみょうでしたね!絶対あの中に紛れてましたよ( ̄ー ̄フッ
街中臭かったんですか?ひぇ~!みんな鼻がひん曲がっていたのかも…
2008年01月24日 23:31
【パッチさんへ】

こんばんは、パッチさん。
コメントありがとうございます。

そうでんねん、ミュージカルはいまいちでんねん!
こうなんか話の合間合間に歌われるとまどろっこしゅうて、ほんま関西人はせっかちですわ(笑;

そうそう「ハリー・ポッター」とコラボしているかと思いましたわ。
ミセス・ラベットかベラトリックス・レストレンジか見分け付きませんでしたわ~
ほな今日はこのへんで、バイなら(^^)/~~
みいな
2008年01月29日 09:19
TB&コメント ありがとうございました。
私もミュージカルは苦手のクチです。
でも この映画は あまり違和感がありませんでしたね。
歌のお陰で ドロドロが緩和されていたと
思いました。
2008年01月30日 10:13
ケビンさん、こんにちわ~♪
ティム・バートン監督とジョニーは大好きなので
観るのをずっと楽しみにしていたので、やっと観られた~という感じです(笑)
残酷&血飛沫のシーンは苦手なんですけれど、それ以外は満足です♪
ケビンさんはミュージカルは苦手なんですね。
私もジョニーとティム監督でなかったら、観なかったかも・・(笑)
応援クリック!!!
またきますネ~♪
2008年02月03日 11:11
【みいなさんへ】

こんにちは、みいなさん。
コメントありがとうございます。
いつの間にかHNが変わられていてすぐにわかりませんでした、すみません<(_ _)>

みいなさんもミュージカルが苦手なんですね。
共感できてうれしいです。
こういう映画でしたらミュージカル調もありですね。
2008年02月03日 11:19
【tessさんへ】
こんにちは、tessさん。
コメント&TBありがとうございます。

ティム・バートン監督とジョニーのコンビが大好きということで観れて良かったですね。今回は特にイイ作品に仕上がっているように思えました。

>私もジョニーとティム監督でなかったら、観なかったかも・・(笑)
(笑; そういう人は多いかもしれませんね!私もこの二人じゃなかったら観てなかったかも知れません。

いつも応援ありがとうございます。
2008年02月26日 01:19
はじめて書き込みさせて頂きます。
札幌在住の、“薄野の舞姫”と申します。
この類の怖い話は大の苦手なので、散々迷ったのですが
先達て、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで
ようやく観に行って参りました。
こちらのブログへは、作品の内容や
出演される役者さん達のことなど
いろいろとネットで調べていたところ、偶然辿り着き
ものすごい詳しく判りやすく書かれているので
感想を執筆する際、とても参考にさせて頂きました。♪
ウチのサイトはブログ形式ではなく
トラックバック機能などもないので
コメント欄での報告とさせて頂いた次第です。
さきほど、トップページを辿って
ほかの記事も拝見させて頂きました。
ほんとうに、映画がお好きなんですね。
こんど、ほかの記事のコメント欄へも
遊びに行きたいと思います。♪
ではでは、取り急ぎご挨拶&ご報告まで。(^^)/~~~
2008年03月05日 00:53
【薄野の舞姫さんへ】

初めまして、薄野の舞姫さん。
コメントありがとうございます。
返事が遅くなりましてすみません。

札幌からお越しということで、何だか遠くからありがとう気分です。
札幌には一度だけ行ったことがありますよ。

映画はとっても好きなので、記事を書いていながら自分でも勉強しています。おかげでBlogを始めてから、映画の幅も広がったような気がします。
またお越しくださいね。もっと過去の作品も今後増やしていこうと思っていますので、気軽に遊びに来てください。

この記事へのトラックバック