「映画音楽の世界―【カリフォルニア・ドリーミング:夢のカリフォルニア】―」

画像 ――映画には欠かせないスパイスがあります。物語をより味わい深い作品へと変えてくれるのが、BGM、テーマソングなどの映画音楽というスパイスなのです。

 今回ご紹介するのはこの季節「夏」に合う曲ということで、ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」です。この曲は1979年に公開された『カリフォルニア・ドリーミング』という映画のテーマ・ソングでもあります。この映画は何度もTVで鑑賞したことのある映画で、海辺を舞台に繰り広げる青春物語です。当時、この手の青春映画は多数放映されていました。


昨今では、こういった青春映画というのはほとんどみなくなりましたが、70年代、80年代には『アメリカン・グラフィティ』『グローイング・アップ』といった数多くの青春映画が公開されていました。こういった映画をTVで観て、その雰囲気とかに子供心によく憧れたものです
私はこの映画と同じくよく観た『ビッグ・ウェンズデー』という映画がごっちゃになってしまったりしていました。どちらも夏っぽく海、サーフィンといった物語の内容が似ていたような気がします。
ちなみに映画で使われていたこの曲を歌っているのは、オリジナルのママス&パパスではなく、カヴァーをしたアメリカというバンドだったそうです。その時は知りませんでした^^;

暑い夏にちょっと涼しげな感じで聴けるのではないでしょうか?

ストーリー

シカゴのミーハー少年“TT”が夢のカリフォルニアに憧れてやって来た。サーフィン、ビキニ・ギャルズ、ビーチ・バレー、そしてホロ苦い恋。軽くて陽性なアメリカン・ライフの一面を描く。

原題:CALIFORNIA DREAMING
監督:ジョン・ハンコック
原案・脚本:ネッド・ウィン
製作:1979年アメリカ映画
上映時間:1時間32分
キャスト:デニス・クリストファー、タニア・ロバーツ、グリニス・オコナー








画像画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

村石 太
2009年08月23日 15:30
この映画 少しスケベで 中学のとき 映画館で どきどきしていた。最後は 悲しかったと思う。映画の印象は あんまり 好きでなかった。
このママス&パパスの歌が好きだった。
新 村石 太
2009年08月23日 15:33
この映画の感想は 私としては あんまり好きでなかった 私の映画のグレードは高いつもりでいます。メンゴ
2009年08月29日 14:22
【村石 太さんへ】
こんにちは、村石 太さん、初めまして。
コメントありがとうございます。

村石 太さんは、映画館で観られたんですね。
私は何度かTVで観た覚えがあるものの、あまり内容は覚えてません(;一_一)
ただよくあるアメリカ版夏の間のアバンチュールな物語で、TTという青年が女の子とちょっとエッチなシーンもあったりするラブコメな内容だったと思います。ラストは悲しかったんですか??

私的には、今回は映画というよりも音楽を紹介するつもりだったので、物語は二の次だったのですが・・・(笑;

またお越しくださいね!
アルトラマン
2009年12月06日 19:53
ママ&パパス この音楽 最高です。名古屋発
2010年01月01日 14:03
【アルトラマンさんへ】
初めまして、アルトラマンさん。
ご訪問ありがとうございます。

この音楽が好きということで、私も好きです。
名古屋からわざわざありがとうございます。
またいつでも来てくださいね。

この記事へのトラックバック