『ラブリーボーン』

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作

原作は、世界30ヵ国以上で1000万部以上を売り上げ、出版界に一大センセーションを巻き起こした驚異のベストセラー。14歳の少女が殺される事件という衝撃的なオープニングからはじまる本作は、天国にいる少女が、残された家族や初恋の人を想いながら、徐々に再生していく家族の絆を見守る感動のドラマである。

映画『ラブリーボーン』は、現代犯罪の怖さや被害者の家族の心情を描きつつも、永遠に消えることのない家族の絆という愛を描いたドラマであり、純粋な少女の成長物語でもある。


Impressions...
 監督ピーター・ジャクソン、製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、そして主人公のスージーを演じるのは『つぐない』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンとくれば、つい期待してしまいます。

物語は予告編でもあるとおり、主人公14歳の少女が突然殺されたところからはじまります。生と死の間をイメージした世界をジャクソンならではのCGを駆使して表していましたが、いささかチープな表現に思えました。死体がたくさん出てくるくだりは“死”の表現もなくもないが、私にはきれいな絵が散りばめられた世界ににしか感じえなかった。
むしろその中間的な世界が必要だったのかどうかが疑問でした。いっそ『ゴースト/ニューヨークの幻』のように現世をさまよう感じでも良かった気がしましたが、それではパクリになってしまうのでしょうね!

  • スージーの父親役には『ディパーデッド』『ザ・シューター/極大射程』のマーク・ウォールバーグ。ロン毛がどうも似合ってませんでした(笑;

  • 母親役に『ハムナプトラ』のレイチェル・ワイズ。完全な脇に徹した感じで、マーク・ウォールバーグに比べると見所が少なかった気がします。

  • おばあちゃん役のスーザン・サランドン。結構好きな女優さんです。母親役は何度か観たことがありましたが、おばあちゃん役は初めてかな?役にぴったりはまっていていい味を出しています。

  • 犯人役のスタンリー・トゥッチ。いかにもな不気味な役を演じていて、今回ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされているのも納得です。

  • そして主人公のスージーを演じているシアーシャ・ローナン。『つぐない』以来2年振りに観ましたが、すっかり大人びていて、『つぐない』とはまた全然違う魅力を発揮!早くも大女優たる片鱗をみた気がします。先々が本当に楽しみな女優ですね。


Story...

私の名前はスージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ。
1973年12月6日。学校からの帰り道に、近所に住むある男に呼び止められた。
そして、私は14歳で殺された――。

私がたどり着いた場所は、何でも願いが叶う素敵な場所だった。“天国”っていうのかな。
欲しいものを望めば何でも実現する。地上の世界でもあるような、夢の中でもあるような。
そんな場所で、地上にいる大切な家族や友達を見守っている。

でも、天国でも叶えられないことがあった。それは大切な人たちに想いを伝えること。
私の死をきっかけにバラバラになってしまった家族のことが心配。

大好きだった初恋のレイにも、もう一度会いたい!

そして、私を殺した犯人はまだ捕まっていない。このままでは家族も危ない。

まだ、やり残したことがある。きっと私にも何かできるはず……。
みんなに伝えなきゃ。お願い。私の想い、届いて。

CAST...

〔スージー・サーモン〕
サーモン家の長女。14歳で殺害され天国と現生の狭間の世界にたどり着く。
・Saoirse Ronan(シアーシャ・ローナン)

〔ジャック・サーモン〕
スージーの父親。趣味はボトルシップを作ること。スージーを殺した犯人捜しに執着してしまう。
・Mark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)
1971年・米・マサチューセッツ州生まれ
高校を中退後、ミュージシャンとしてデビュー。映画デビューは、94年の『勇気あるもの』。06年に『ディパーテッド』でゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞にノミネートされた。
『勇気あるもの』『バスケットボール・ダイアリーズ』『悪魔の恋人』『フェイクディール/偽札』『ブギーナイツ』『ビッグ・ヒット』『NYPD15分署』『スリー・キングス』『パーフェクト ストーム』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』『ロック・スター』『シャレード』『ミニミニ大作戦』『ハッカビーズ』『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』『インヴィンシブル 栄光へのタッチ・ダウン』『ディパーテッド』『ザ・シューター/極大射程』『アンダーカヴァー』『ハプニング』『マックス・ペイン』『Date Night』『The Fighter』など

〔アビゲイル・サーモン〕
スージーの母親。娘を守れなかったことが罪悪感になり苦しんでいる。
・Rachel Weisz(レイチェル・ワイズ)
1971年・英・ロンドン生まれ
父親はハンガリー出身の発明者、母親はオーストリア出身の精神分析医。15歳の時に両親は離婚。94年、舞台「Design for Living」でロンドン・ドラマ批評家協会最優秀新人賞を受賞。同年『デスマシーン』で映画デビュー。「ハムナプトラ・シリーズ」で国際的に名前が知られるようになり、05年、『ナイロビの蜂』で、アカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞。
『チェーン・リアクション』『魅せられて』『ベント/堕ちた饗宴』『インディアナポリスの夏/青春の傷痕』『輝きの海』『アイ ウォント ユー』『スカートの翼ひろげて』『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『太陽の雫』『ビューティフル・クリーチャー』『スターリングラード』『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』『アバウト・ア・ボーイ』『コンフィデンス』『彼氏がステキになったワケ』『ニューオーリンズ・トライアル』『隣のリッチマン』『コンスタンティン』『ナイロビの蜂』『ファウンテン 永遠につづく愛』『エラゴン 意志を継ぐ者』『ブラザーサンタ』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』『ラブ・ダイアリーズ』『ブラザーズ・ブルーム』『The Whistleblower』など

〔ジョージ・ハーヴィ〕
サーモン家の近所に住む、スージーを殺害した犯人。
・Stanley Tucci(スタンリー・トトゥッチ)
1960年・米・ニューヨーク州生まれ
『女と男の名誉』(85)で映画デビュー。『Shall We Dance』(04)では竹中直人の役を演じて好評だった。本作でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。
『ベートーベン』『ペリカン文書』『あなたに降る夢』『死の接吻』『シェフとギャルソン、リストランテの夜』『普通じゃない』『真夏の夜の夢』『アメリカン・スウィートハート』『ロード・トゥ・パーディション』『ビッグ・トラブル』『ザ・コア』『ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方』『ターミナル』『Shall We Dance』『ラッキーナンバー7』『プラダを着た悪魔』『ジュリー&ジュリア』『The Hunter』など

〔リンおばあちゃん〕
スージーの祖母(アビゲイルの母)。
・Susan Sarandon(スーザン・サランドン)
1946年・米・ニューヨーク州生まれ
『ジョー』(70)で映画デビュー。『デッドマン・ウォーキング』(95)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。
『プリティ・ベビー』『アトランティック・シティ』『テンペスト』『イーストウィックの魔女たち』『さよならゲーム』『ぼくの美しい人だから』『テルマ&ルイーズ』『ザ・プレイヤー』『ロレンツォのオイル/命の詩』『依頼人』『若草物語』『デッドマン・ウォーキング』『ジャイアント・ピーチ』『クレイドル・ウィル・ロック』『地上より何処かで』『17歳の処方箋』『NOEL/ノエル』『Shall We Dance』『エリザベスタウン』『魔法にかけられて』『告発のとき』『スピード・レーサー』『Wall Street 2:Money Never Sleeps』など

〔レン・フェナマン〕
事件を担当する刑事。
・Michael Imperioli(マイケル・インペリオリ)
1966年・米・ニューヨーク州生まれ
TV「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」でエミー賞を受賞。マーティン・スコセッシ監督の『グッドフェローズ』(90)で注目を浴びるようになる。
『グッドフェローズ』『アディクション』『ジャングル・フィーバー』『マルコムX』『クロッカーズ』『バッドボーイズ』『バスケットボール・ダイアリーズ』『ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ』『スウィート・ナッシング』『ガール6』『オフィスキラー』『ニューヨーク デイドリーム』『サマー・オブ・サム』『フェイス・イン・ラブ』『マイ・ベイビーズ・ダディ』『シャーク・テイル』『ニューヨーク1973/LIFE ON MARS』など

〔リンジー・サーモン〕
スージーの妹。ハーヴィを疑い家に忍び込む…
・Rose Mciver(ローズ・マクィーバ)
1987年・ニュージーランド生まれ

『猫は、なんでも知っている』『消された真実 グリニッチ殺人事件』『キャプテンコック エディー』『マキシマムタイド』『ジョニー・カパハラ 究極のビッグ・ウェーブ』など

〔レイ・シン〕
スージーの初恋相手。
・Reece Ritchie(リース・リッチー)
1986年・イングランド生まれ

『紀元前1万年』『Triage』『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』など

 FilmMakers
◇監督

・Peter Jackson(ピーター・ジャクソン)
1961年・ニュージーランド生まれ
8歳から8ミリ・カメラでSFの短編コメディ等を作り続ける。4年をかけ制作した短編映画『バッド・テイスト』(87)で監督デビュー。94年、『乙女の祈り』でベネチア映画祭銀獅子賞(監督賞)ほか16の映画賞を受賞。01年に『ロード・オブ・ザ・リング』で初めてアカデミー賞監督賞にノミネートされ、03年、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』でアカデミー賞トップタイの11部門を受賞、一躍世界的なフィルム・メーカーになる。
【監督】『バッド・テイスト』『ミート・ザ・フィーブルズ/怒りのヒポポタマス』『ブレインデッド』『乙女の祈り』『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー もうひとりのグリフィス』『さまよう魂たち』『ロード・オブ・ザ・リング』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『キング・コング』『』『』『』『』『』『』『』『』【製作】『Jack Brown Genius』『第9地区』『The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn』『ホビットの冒険』など




人気ブログランキングへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

2010年02月24日 00:24
こんばんは、TBありがとうございました。
すっごくがんばって書かれていますね!(^.^)
テーブル一杯で大変でしょう!?(^_^;)
すいません、裏のレイアウトの方が気になっちゃいました。(^^ゞ
2010年02月24日 18:19
こんにちは~♪

この映画はちょっと期待外れでした。
物語に散りばめられた伏線のようなものが放りぱなしでガックリの連続でした(汗)
>生と死の間をイメージした世界をジャクソンならではのCGを駆使して表していましたが、いささかチープな表現に思えました
私もです!
ここを美しいと感じた方が多いようですが、ちっともそう思えなくって、、、
ただシアーシャちゃんの透明感のある美しさと演技力には魅せられました~♪
ぴーち
2010年02月24日 18:21
こんにちは♪
いつもながら、ケビンさんの記事には、圧倒されますねぇ(@@
映画を鑑賞されていない方も、きっと、ケビンさんのレビューを拝見したら、
つい見たくなる衝動に駆られますよね(笑)
スタンリーさん、良い具合にイカレていて、良い味出してましたよね^^;
それに、主役のシアーシャも、好演していました♪
彼女の今後の活躍に、期待したいですねっ!

それでは、応援凸
また、お邪魔しますね☆
2010年02月27日 21:31
お話がゴースト/ニューヨークの幻のようになれば、
まだ納得できたのだけども・・・
そうはいかないところが悲しくもありましたね。。。
主役の彼女はとにかくかわいかったのだけども、、、
2010年02月28日 22:00
【ミストさんへ】
初めまして、ミストさん。
コメントありがとうございます。

はははっ、時間はかけてますけどね。
テーブル?というか文字制限がありまして、いつもすぐに超えてしまいます。だから超えては消して調整している始末です。

また気軽にお越しくださいませ。
2010年02月28日 22:08
【由香さんへ】
こんばんは、由香さん。
コメント&TBありがとうございます。

確かにいろんな伏線のようなものが放置されていて、それがいつつながるのかと思っちゃいましたね~

シアーシャの演技と笑顔にホントに救われました。
スタンリー・トゥッチの演技も逆にシアーシャの透明感と対照的に不気味さが増していたのが良かったように思えます。なのでやはり天国のシーンは…
2010年02月28日 22:16
【ぴーちさんへ】
こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

>映画を鑑賞されていない方も、きっと、ケビンさんのレビューを拝見したら、つい見たくなる衝動に駆られますよね(笑)
そうなってもらえれば、うれしいですね♪

唯一アカデミー賞にもノミネートされているだけあるスタンリーの演技、本当にこの親父、犯人で間違いないと思えましたね。

シアーシャについては、『つぐない』とはまた違う一面を魅せられて、今後の活躍も期待してしまいますね。

ありがとうございました<(_ _)>
2010年02月28日 22:20
【えふさんへ】
こんばんは、えふさん。
コメント&TBありがとうございます。

「ゴースト/ニューヨークの幻」のようであれば、すごく納得したしドラマチックになっていたのでしょうね!
そうはいかないのもジャクソン流だったのかな?

シアーシャがとにかく可愛かったのが救いですね。

この記事へのトラックバック

  • ラブリーボーン

    Excerpt:  『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスな.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-02-23 23:18
  • ♯08 「ラブリーボーン」

    Excerpt: 映画 「ラブリーボーン」 THE LOVELY BONES       ピーター・ジャクソン監督 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 丁寧な作りで好感は持てるのですが、内容がどこかで.. Weblog: cocowacoco racked: 2010-02-23 23:19
  • ラブリーボーン

    Excerpt: アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-02-23 23:30
  • ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-02-23 23:32
  • 映画レビュー「ラブリーボーン」

    Excerpt: The Lovely Bones◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-02-23 23:55
  • 『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド

    Excerpt: 原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ.. Weblog: NiceOne!! racked: 2010-02-24 01:08
  • 「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。

    Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャース.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2010-02-24 02:08
  • ★「ラブリーボーン」

    Excerpt: 今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-02-24 02:47
  • ラブリーボーン/The Lovely Bones

    Excerpt: 金曜日のレイトショー。 スピルバーグ総指揮ということと、なんともファンタジーっぽい予告編に魅かれて「ラブリーボーン」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通の人出。 「ラブリーボ.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2010-02-24 05:16
  • 天国と地上の間~『ラブリーボーン』

    Excerpt:  THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-02-24 08:22
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 生と死を繋ぐファンタジー。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-02-24 10:01
  • ラブリーボーン/シアーシャ・ローナン

    Excerpt: 製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督ピーター・ジャクソンとビッグネームで煽られちゃったら期待しないわけにはいきませんよね。予告編の段階で既に物語の重要どころが明らかにされちゃってるような気がしな.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-02-24 10:20
  • mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピル.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-02-24 11:11
  • ラブリーボーン [映画]

    Excerpt: 原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-02-24 13:18
  • ラブリーボーン

    Excerpt: ピーター・ジャクソンの映画は上映時間が長め。でも飽きさせません。 直前に観た『パ Weblog: C note racked: 2010-02-24 17:17
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォー.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-02-24 18:14
  • ラブリー・ボーン

    Excerpt: ラブリー・ボーン THE LOVELY BONES 監督 ピーター・ジャクソン 出演 マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ     スーザン・サラ�... Weblog: Blossom racked: 2010-02-24 20:25
  • ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES

    Excerpt: ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-02-24 21:52
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2010-02-24 22:24
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 1973年、スージー・サーモンは14歳で殺された。 現世と“あの世”の中間の地で、現世が気になるスージー。 父は犯人探しに明け暮れており、母はそんな状態に耐えきれず、家を出て行ってしまう。 愛する家族.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-02-24 23:16
  • *『ラブリーボーン』* ※ネタバレ有

    Excerpt: 2009年:アメリカ+イギリス+ニュージーランド合作映画、ピーター・ジャクソン監督&脚本、アリス・シーボルド原作、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン.. Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2010-02-25 02:19
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2010-02-25 21:52
  • ラブリーボーン・・・・・評価額1500円

    Excerpt: ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で�... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2010-02-25 22:27
  • 「ラブリーボーン」胸に迫る想い

    Excerpt: 今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・ Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-02-27 02:04
  • ラブリーボーン

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画館でみました!これは、私が天国に行ってからのお話。 Weblog: Lovely Cinema racked: 2010-02-27 21:33
  • ラブリーボーン (試写会)

    Excerpt: 大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボル.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-02-28 13:54
  • ラブリーボーン☆独り言

    Excerpt: 『つぐない』に出演していたシアーシャ・ローナンが主演・・・と言われて、記憶の引き出し開けてみてあぁ、あのときとはイメージが違う(笑)だから気づかなかったのねっと、改めて思いました。今回の彼女の演じたス.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2010-03-03 00:51
  • 映画:ラブリーボーン

    Excerpt:  話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2010-03-03 03:29
  • 『ラブリーボーン』 The Lovely Bones

    Excerpt: なんていうか…いたたまれない。 あの犯人は、結局捕まってはいないんでしょ。 最後にバチが当たった感じだかなんだかで、 崖からおっこってボッキボキになって死んじゃったけど、 死んじゃったら罪.. Weblog: *モナミ* SMAP・映画・本 racked: 2010-03-04 15:55
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-03-05 14:09
  • 【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン

    Excerpt: 私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリ.. Weblog: 猫とHidamariで racked: 2010-03-05 17:51
  • 【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)

    Excerpt: 「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあ.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-09-07 04:30
  • ラブリーボーン (The Lovely Bones)

    Excerpt: 監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-09-12 21:55
  • 『ラブリーボーン』'09・米・英・新

    Excerpt: あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-12-13 23:54
  • モニカ・ベルッチ&レイチェル・ワイズ共演人間ドラマetc

    Excerpt: Happy Feet Two <ファミリー・アニメ> 【監督】ジョージ・ミラー 【声の出演】イライジャ・ウッド       ロビン・ウィリアムズ       ピンク 関連 Th.. Weblog: 映画予告編ブログ racked: 2011-05-27 22:42
  • 『ラブリーボーン』残念な作品、でもカワイイヨ

    Excerpt: 映画の評価(5点満点) ★★★☆☆ プアーです。たまには乙女チックな映画を、と思って『ラブリーボーン』を見たのだが、これが、なかなか残念なチョイスだった。 映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を大ヒ.. Weblog: 映画をもっと楽しく![シネマポスト] racked: 2011-06-11 13:29