『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』

画像ディズニー・スタジオが空前のスケールで贈る世紀のファンタジー・プロジェクト――『ナルニア国物語』
その待望の《第2章》が、ついにその神秘のベールを脱ぐ。


 《角笛》と聞いて、すぐに《優しの君》スーザンを思い浮かべた方は充分にナルニア通を自任できるだろう。そう、前作でスーザンがサンタクロースから贈られたあの魔法の角笛は、いまやカスピアン王子の手の中にあるのだ。運命のバトンは渡され、カスピアンの物語が語られようとしている。その物語は深い絶望の中から始まり、登場人物はもがき、戦い,
挫折し、嘆き、それでも希望を求めて再び立ち上がる。
 《闇》から《光》へ――ナルニア国の新たなる旅は、《光》を求めるすべての生命に捧げられた讃歌なのである。


Impressions...
「ナルニアのために!」とピーターの声が再び高らかに響き渡りました!“第1章”では結構好きな台詞でしたが、今回は苦しみと悲壮感が混じりあった感じで、同じようなシーンで同じような台詞だったのに何故?成長したペベンシー兄妹は自身に満ち溢れていましたが、それがかえってピーターの目を曇らせることに。ルーシーだけにアスランが見え、それを信じるエドマンドだけど、ピーターとスーザンには見えることも信じることもできずにいる事が今回のラストへとつながることに・・・・なるほど。

 《第1章》から3年。満を持してこの時は待っていましたが、《第2章》は期待を裏切りませんでした。ストーリーも面白く、登場人物も前回の4人に加え、新しいキャラクターやサブタイトルにもある新たなる主人公カスピアン王子を迎えて、《第1章》を越える内容でした。

 長いナルニアの歴史のなかでも今回は後半の話。物語の主人公もバトンを渡すようにカスピアン王子へと!これが「ナルニア国物語」の面白いとこでもあるのです。たいていはシリーズを通して同じ主人公が活躍するのが普通なのですが、前回の記事でも書いたとおり、ナルニアの世界自体が物語のキーになっているのがこのシリーズをより面白くしていつも新鮮なイメージを与えてくれるのです。

 今回の主人公カスピアン王子演じるベン・バーンズ!まさに王子様らしい俳優さんです。よくもまぁこんな人を探し当てたなーと感心します。昨年公開された『スターダスト』を鑑賞した時は、あまり印象に残っていませんでしたが、今回あらためて観ると役柄が違うのももちろんあるのですが、とても印象深い俳優でした。王子様らしいのは単に男前だけでなく、どこか頼りなさげなとこもよりそう思える雰囲気がでていたところです。

 この《第2章》、原作ではシリーズの中でもあまり面白みがないと言われていたそうですが、それが映画ではうまく物語が簡略されたことにより、最後まで飽きないつくりになっています。ちなみに原作のカスピアン王子の設定は13歳くらいだったそうで、それを大人のベン・バーンズを起用したのも、よりこの映画を面白くした要因なのでしょう。

 次回《第3章》もベン・バーンズの主演が決まっているそうなのでまたまた楽しみですね。
Story...
ナルニア暦2303年画像――この国に“伝説の王たち”、
ペベンシー4兄妹が統治した黄金時代の面影はない。
イギリスから“衣装だんす”の扉を通ってナルニア国に現れ、
創造主アスランと共に白い魔女を破った彼らがもたらした平和と繁栄の時代…
それは、彼らが現実世界へと戻ったその後、
人間である戦闘民族テルマール人の侵略と支配によって破壊された。
そして、魔法や自分たちと異なる者たちの存在を
許そうとしないテルマール人による迫害の末に、
生き残ったナルニアの民は森の奥深くへと逃れ、
絶望だけが支配する暗黒の世界で息をひそめていた。
やがて数百年が過ぎ、偉大なるアスランも去り、
ナルニアの森の民と“魔法の国ナルニア”は
歴史から葬り去られ、もはや単なるおとぎ話の存在にすぎなかった…。
逃亡

 テルマール人が支配する王国に君臨しているのは、先王の弟で、年若い王子に代わり摂政を務めるミラースだった。そのミラースに待望の男児が誕生した夜、彼は長年秘めてきた邪悪な本性を現し、正統な世継ぎであるカスピアン王子の暗殺を命じる。
 だが、王子は師であるコルネリウス博士に導かれ、危うく難を逃れた。コルネリウス博士は城を脱出しようとするカスピアンに、テルマール人が忌み嫌い、足を踏み入れない森へ逃れるように指示した。そして、危機が訪れた時に使うようにと小さな包みを手渡した…。
 追っ手を引き離したカスピアンは、森の奥深くで落馬してしまった。倒れたカスピアンの目の前に、不思議な生き物たちが姿を現す。それは、コルネリウス博士が王国の禁を破って王子に語り聞かせた歴史に登場する、ナルニアにいた伝説上の生き物たちだった。ドワーフのトランプキンとニカブリク、そしてアナグマのトリュフハンター(松露とり)が、カスピアンに歩み寄った。その時、再び追手が現れた。カスピアンが博士の包みから出てきた象牙の角笛を引き寄せると、3人の目が驚きで見開かれる…それこそ伝説の王のひとり、スーザン女王の魔法の角笛だったのだ。吹けば必ず助けをもたらすと言われ、“伝説の王たち”を呼び戻すと信じられてきた。角笛をカスピアンが吹くと、その音はナルニアの森に響き渡った――。
帰還

 ロンドンの地下鉄を待つペベンシー4兄妹のもとに、遥かかなたから角笛の音が届く。同時に、地下鉄構内は轟音と激しい衝撃に包まれ、次の瞬間、4人は美しく青い空と海が広がる海岸に立っていた。焦がれていた美しいナルニア世界への1年ぶりの帰還にはしゃぐ兄妹だったが、高台の廃墟へとたどり着いた彼らは愕然とする。それは、かつての彼らの王城だった。兄妹が自分たちの不在の間に起こった異変を知るのは、海岸で殺されるところを自分たちが助けたドワーフ、トランプキンの口からだった。
 トランプキンは王子を探しに来たテルマール人兵士に捕まり、ミラースの前に連行された。ミラースはカスピアンがナルニアの森の民に助けられたことを知り、議会を招集して、カスピアンが拉致されたと偽りを告げる。突然の王子の行方不明にミラースの陰謀を疑っていた議会だったが、ミラースから証拠としてトランプキンを突き出されると態度は一変し、すぐさまナルニアの森の民の討伐軍が、森を目指して進軍を開始した――。
 そして、用無しとなったトランプキンを兵士たちから救ったのは、スーザンの矢だった。だが、目の前の少年少女が伝説の王だとは、エドマンドの剣技に圧倒されるまでトランプキンは信じられなかった。兄妹は変わり果てたナルニアの現状を知った…自分たちがナルニアを去って1年のはずが1300年の時が流れていたこと、ナルニアが人間に支配されていること、そして、何より民を捨ててアスランが去ったこと…。一行は、自分たちを呼び出したカスピアンのもとを目指す。
遭遇

 意識を取り戻したカスピアンが王子であることを知ったトリュフハンターは、彼が角笛を携えた救世主と信じて疑わない。そして、仲問たちを召集した。カスピアンの目の前には、神秘と不思議に満ちた生き物たちが勢ぞろいしている。威厳溢れるセントールのリーダー、グレンストーム(谷あらし)に、雄々しいミノタウロスのアステリウス、そして、高貴な魂を持つネズミの騎士リーピチープ…。だが彼らは、侵略者である人間を許そうとはしなかった。カスピアンはこの美しく気高いナルニアの種族たちに誠意を尽くして、ナルニアを共に救うこと、正統な王位継承者である自分が必ずナルニアに“平和”をもたらすことを誓う。その演説は暗黒の世界で息をひそめて生きてきたナルニアの森の民たちの心に希望の光を灯した。
 ペベンシー兄妹は、魔法の消えたナルニアに戸惑いながら歩を進める。ある時、ルーシーがアスランの姿を見たことを告げるが、幼い妹の言葉をただひとりエドマンドだけ聞き、他は誰も信じなかった。すると突然、彼らの行く手に想像を絶する大軍が現れた。ミラースは森の民もろ共にカスピアンを葬り去ろうと、河に橋を築き、森を破壊していた。
 その夜、ルーシーの夢にアスランが現れる。ルーシーがなぜナルニアを救わないのかとアスランに問うと、アスランは「物事は二度とは同じように起こらないものだ」と告げた。目覚めたルーシーが、アスランを探そうと心を決めた途端、何者かに囲まれてしまった。襲いかかる刃をピーターの剣が受け止めると、その相手にそが、探していたカスピアンだった。
夜襲

 カスピアンは伝説の王たちが、自分と同じ普通の少年少女だったことに失望する。だが、ナルニアの森の民は、王子の時と異なり、英雄たちの帰還を最敬礼をもって迎え入れるのだった。アスラン塚の地下にある石舞台で作戦会議が開かれる。ピーターは大軍が河にいる今なら手薄な城に夜襲をかけられると提案するが、カスピアンは複雑な地下壕と化したアスラン塚に立て龍もってのゲリラ戦を主張し、ふたりは対立する。だが、虐げられ続けた森の民はどうせ滅びる運命ならと、敵の本拠地を狙う夜襲を支持した。
 翼あるグリフィンに運ばれてエドマンド、スーザン、ピーター、カスピアンが城に降り立ち、ミラースを人質にすべく寝室へと向かう。だが、カスピアンはピーターの制止を振り切って、コルネリウス博士の救出に向かった。無事博士を救出したカスピアンだが、博士がもらした言葉に衝撃を受ける――父王はミラースに暗殺されたというのだった。怒りに駆られたカスピアンは、ピーターの制止も聞かずにミラースに襲いかかる。だが、その騒ぎが、計画を台無しにした。カスピアンの剣先を逃れたミラースは衛兵に敵の侵入を伝え、城は一瞬にして警戒態勢に。ピーターは城外で待機していたナルニア兵を城内に引き入れるが、時すでに遅かった。殺到するテルマール兵に対して、ナルニア兵は彼らの最後の希望である王子と王たちを逃すために応戦する。そして、城門を支えていたアステリウスの命が、彼らを逃すと同時に尽き、門が閉じた。城内に取り残されたナルニア兵が殺到するのを為す術もなく見つめる一行だったが、指揮官のグレンストームに促されて城に背を向ける。そんな一行の耳に、彼らにナルニアの未来を託して死に行く兵たちの悲鳴が届く…。
誘惑

 アスラン塚へと戻ったピーターは計画を台無しにしたカスピアンをなじり、カスピアンはこの計画自体の無謀さをなじり、ふたりは激しくぶつかり合う。
 やり場のない怒りと復讐心にとらわれたカスピアンの前に、ニカブリクが現れた。彼はカスピアンにアスランにも匹敵する“古代の力”を与えると誘い、地下の石舞台へと導く。石舞台で人オオカミと鬼婆が呪文を唱えると、氷の壁が出現し、その中に“白い魔女”が現れた。人間の血を差し出して自分を甦らせれば、力を与えると魔女は持ちかける。抵抗するカスピアンだが、魔力に抗しきれず血を与えようと近づいた…その時、間一髪で兄妹たちが現れた。ピーターは正面きって魔女に対峙するが、今度は自分に力を与えると言われると、彼もその誘惑をはねのけられなかった。しかし、白い魔女に剣を突き立てて危機を救ったのは、かつて彼女の誘惑に屈っしたことのあるエドマンドだった。
決戦

 一連の出来事に己を恥じるカスピアンに、コルネリウス博士は自分の出生を明かした。博士はドワーフと人間の問に生まれたナルニアの森の民だった。だが、それを隠し命の危険を冒して王子の教育係を務めたのには、カスピアンこそが「ナルニアを救うことになるテルマール人」として、歴史上誰ひとり成し遂げることのできなかった、“真の平和”をもたらす人間と信じたからだった。王子は、ナルニアと人間の共存の道を探ろうと歩み出す。
 敵に壊滅的打撃を与えたミラースは間髪人れずに、アスラン塚を包囲した。そして、「魔法」対「人間」の決戦が迫る中、カスピアンは誓うのだった。いつか必ず、人間とナルニアの森の民が共に暮らせる、真の平和をこの国にもたらすことを――。
















【CAST...】
画像
・Ben Barnes(ベン・バーンズ)
1981年・英・ロンドン生まれ
キングストン大学で演劇を学ぶ。15歳の時に舞台でデビュー。舞台『The History Boys』で注目を集める。
約2年間のオーディションを経て、本作でカスピアン王子役に抜擢され、ディズニー映画初の主演を務める王子となる。2010年公開予定の続編にも出演が決定している。
カスピアン王子役
ナルニア国を侵略した人間の王国テルマールの、先王カスピアン9世の息子。正統な王位継承者だが、父王の亡きあと、摂政として国を実質支配してきた叔父のミラースに命を狙われる。
『スターダスト』など
画像
・William Moseley(ウィリアム・モーズリー)
・Anna Popplewell(アナ・ポップルウェル)
・Skandar Keynes(スキャンダー・ケインズ)
・Georgie Henley(ジョージー・ヘンリー)

ペベンシー兄妹役
かつてナルニアの黄金時代を築き上げた4人の王と王女。《我々の世界》に帰還して1年――その間にナルニア国では1300年もの途方もない時が経過し、あの美しき国がテルマール人によって滅ぼされたことを、彼は知らなかった。そして再び《魔法の角笛》によってナルニアの世界へ・・・

画像ミラース役
テルマールの先王カスピアン9世の弟であり、カスピアン王子の叔父。まだ若いカスピアン王子に代わり、摂政として国の実権を握っていたが、本心では王の座を狙っている。
・Sergio Castellitto(セルジオ・カステリット)
1953年・伊・ローマ生まれ
現代イタリア映画界を代表する俳優のひとりであり、監督としても活躍する才人カステリット。独裁者ミラースを原作通りの地中海的な風貌と陰影ある演技で、見事に体現している。
『ラ・ファミリア』『グラン・ブルー』『可愛いだけじゃダメかしら』『明日を夢見て』『恋人たちのポートレート』『恋ごころ』『マーサの幸せレシピ』『赤いアモーレ』など
画像コルネリウス博士役
カスピアン王子が立派な王となるべく、さまざまな知恵を授けた賢者。ドワーフと人間の間に生まれた森の民。
・Vincent Grass(ビンセント・グラス)
1949年・ベルギー・ブリュッセル生まれ
『Mama Dracula』『Night of the Fox』『To Kill a Priest』『L'Autrichienne』『Merci La Vie』『The Advocate』『Petain』『The Empire of the Wolves』など
 the People of NARNIA
画像トランプキン
赤ドワーフ。ミラース軍に捕らわれてしまうが、命の危機を4兄弟に救われる。現実主義者。
次回作、「朝びらき丸 東の海へ」にも再登場する。
・Peter Dinklage(ピーター・ディンクレイジ)
1969年・米・ニュージャージー州生まれ
ヴァーモントのベニントン大学で演劇を学ぶ。03年のインディペンデント・スピリット賞で主演男優賞にノミネートされ、エンタテインメント・ウィークリー誌ではその年の新進スター・ベスト5に選出される。また、オフ・ブロードウェイの舞台作品に数多く出演し、05年にはニューヨークのパブリック劇場で上演した「リチャード三世」の主演で、ドラマ・リーグの演技賞にノミネートされる。
『リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌』『セーフ・メーン』『ヒューマンネイチュア』『タイニー・ラブ』『The Station Agent』『エルフ ~サンタの国からやってきた~』『名犬ラッシー』『Find Me Guilty』『ペネロピ』など
画像リーピチープ
誇り高きネズミの騎士。どんな巨大な敵も恐れることなく、腰にさした剣で勇敢に戦う。かつてアスランを石舞台から解き放ったネズミの子孫。
次回作、「朝びらき丸 東の海へ」にも再登場する。
<Voice Cast>
画像・Eddie Izzard(エディ・イザード)
1962年・イエメン生まれ
93年に、ロンドンの劇場で初めて舞台に立つ。一人芝居を得意とし、オリヴィエ賞の候補になったこともある。また、一人芝居の舞台が、アメリカのHBOで放送され、エミー賞を受賞している。
『ザ・クリミナル』『ベルベット・ゴールドマイン』『アベンジャーズ』『サーカス』『ブロンドと柩の謎』『リベンジャーズ・トラジディ』『Gガール 破壊的な彼女』『ライアンを探せ!』『オーシャンズ13』など
画像ニカブリク
黒ドワーフ。トランプキンと親友でありながら、観方を信じられず暴走し、白い魔女を復活させようと企む。
・Warwick Davis(ワーウィック・デイヴィス)
1970年・英・サリー州生まれ
1981年、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(81)に出演する身長4フィート(1.2m)以下の役者の募集を祖母がラジオで聞いた事がきっかけで、同映画のイウォーク族の役を得てデビュー。当時11歳で身長は2フィート11(0.6m)だったという。
主演映画『ウィロー』でエキストラをしていたサマンサと91年に結婚。
近年は『ハリー・ポッター』シリーズのフリットウィック教授役で有名。
『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』『イウォーク・アドベンチャー』『エンドア/魔空の妖精』『ラビリンス/魔王の迷宮』『ウィロー』『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『Ray/レイ』『銀河ヒッチハイク・ガイド』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』など
画像アスラン
ナルニアの創造主。美しく神秘にみちたこの世界は彼の歌声から生まれた。ナルニアの民の前から去って数百年たち、その存在を疑う者も多い。
<Voice Cast>
・Liam Neeson(リーアム・ニーソン)
1952年・北アイルランド・アントリム州生まれ
ニューキャッスル大学に進むが演劇を志すようになり中退。ベルファストの劇団で2年間学び、アビー・シアターの一員に。81年、『エクスカリバー』で映画デビュー。その後、『マイケル・コリンズ』でヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞。『シンドラーのリスト』、『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に主演した事で世界的に有名になる。
女優のナターシャ・リチャードソンと結婚、息子が2人いる。
『バウンティ/愛と反乱の航海』『ミッション』『ダーティハリー5』『ルビー・カイロ』『シンドラーのリスト』『ネル』『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』『マイケル・コリンズ』『レ・ミゼラブル』『ホーンティング』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『ラブ・アクチュアリー』『バットマン ビギンズ』『ザ・シンプソンズ』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』など





画像画像おおきに

"『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント