『第65回ゴールデングローブ賞』

アカデミー賞の前哨戦とも云われている『第65回ゴールデングローブ賞』が本日発表されました! しかし、その授賞式が昨年11月5日から続いている全米脚本家協会のストライキの影響で中止となったのです。非常に残念なことです。 賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会は、「レッド・カーペットを楽しみにしているファンのためにも、例年通り…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

『2008年劇場公開Line-Up』(その3)

さてラストスパートです。 (★★★:絶対観に行くでしょう ★★:たぶん観に行くかも・・ ★:もしかたら?) 『ザ・マジックアワー』嘘つきは殺し屋の始まり。三谷幸喜監督最新作!監督:三谷幸喜出演:佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/西田敏行 『20世紀少年』現実となる、少年時代の空想監督:堤幸彦 『崖の上のポニョ』★★★宮崎駿監…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『2008年劇場公開Line-Up』(その2)

決して公開順ではないのでお間違いなく。1記事の文字数制限のため、3つに分けさせて頂きます。ご了承ください。 (★★★:絶対観に行くでしょう ★★:たぶん観に行くかも・・ ★:もしかたら?) 『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』植物との共存をテーマにした長寿アニメ最新作監督:渡辺歩出演:水田わさび/大原めぐみ/木村昴/関智一 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『2008年劇場公開Line-Up』(その1)

2008年あけてしまいましたが、みなさんはいかがお過ごしですか? 私はまだゆっくりしていますが、もう仕事されている方もいらっしゃると思います。 今年はどんな映画年になるでしょうか?2008年もいろいろと話題作が目白押しだと思います。さてさて今年の公開予定作品ザザーッと行きましょう! (★★★:絶対観に行くでしょう ★★:たぶん観に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『2007年 BEST』

2007年ももう終わりですね! 今年はブログ元年だったこともあり、今まで以上によく映画館に足を運んだ年でした。 といっても何10作と観ている人たちと比べればそんなにたいしたことはありませんが・・・ というわけで今年のベスト10の発表です。 第1位 『スパイダーマン3』 3人のヴィラン(敵キャラ)が登場するとういう豪華なキャ…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

『ベオウルフ/呪われし勇者』

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01~03)にも匹敵する壮大なストーリー、『300』(06)をも凌駕する刺激に満ちたアクション。 最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす! 最新の映像技術のもとに初めて実現した驚異のアクション・ファンタジー『ベオウルフ/呪われし勇者』。 アカデミー賞監督ロバート・ゼメキ…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

『スターダスト』

豪華俳優陣演じるユニークなキャラクターたちが贈る、愛と冒険のファンタジーが誕生!  いま映画界を席巻するファンタジー・ブームの中、最新作『スターダスト』はストーリーも登場人物もひときわ異彩を放つ作品である。夢と空想の鈍エンターテインメントでありながら、シニカルでエッジの効いた魅力はこれまでと一線を画している。果たしてその世界観とは…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

『グッド・シェパード』

ロバート・デ・ニーロ13年ぶりの監督第2作  『ゴッドファーザー PART II』と『レイジング・ブル』で2度のアカデミー賞を受賞し、“現代最高の名優”と謳われるロバート・デ・ニーロ。その妥協のない演技スタイルによって”デ・ニーロ・アプローチ”という言葉を生み出し、後に続く映画スターにも多大な影響を与えた彼は、地元NYでトライベッカ映…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

『ローグアサシン』

世界に名を轟かす、伝説の殺し屋“ローグ”とは何者なのか? 戦闘マシーン、ステイサムVSジェット、 謎に彩られた、迫真のバトル・エクスプロージョンが詐裂! 当代最高のアクションスター、東の『英雄~HERO』ジェット・リーと西の『トランスポーター』ジェイスン・ステイサム。ここに、夢の対決が実現!伝説の暗殺者ローグと復讐に燃える…
トラックバック:5
コメント:14

続きを読むread more

『パンズ・ラビリンス』

現実と幻想が表裏一体となったギレルモ流ラビリンスヘようこそ! 〈3つの試練〉を乗り越え、オフェリアと永遠の幸せを探す旅へ。 残虐なファシストに対しレジスタンスの火の手が上がる恐ろしい現実世界と、オフェリアの無垢な心が生んだ童話的世界をメビウスの輪のようにつなぎ合わせた、スペインの鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の“ラビリンス(迷宮)…
トラックバック:11
コメント:12

続きを読むread more

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』

 「スパイダーマン」より長い歴史を誇り、「X-MEN」よりも早く集団ヒーローの歴史に名を刻んだマーベル・コミックスの最高峰「ファンタスティック・フォー」。2005年、待ち望まれていたその映画版『ファンタスティック・フォー[超能カユニット]』は原作のファンを熱狂させるのみならず、コミックに馴染みのない観客をも魅了してファン層を拡大した。そ…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

『アーサーとミニモイの不思議な国』

巨匠リュック・ベッソンを虜にしたファンタジー・ワールド 『レオン』(94)、『フィフス・エレメント』(97)のリュック・ベッソン監督最新作は、少年アーサーが体長2mmのミニモイ族の世界に入り込むという、驚異のファンタジー・アドベンチャー大作。いまだかつてない<ライヴアクション>と<3Dアニメーション>の融合が未体験の感動をもたらす…
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

『ミス・ポター』

111カ国で1億部のベストセラー! 100年を超えて世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」 その誕生に秘められた感動の物語優秀な才能たちが贅沢に表現する、一途に生きた女性の心 英国ヴィクトリア朝の保守的な気風が色濃い時代に、当時としては珍しく職業を持って自立した女性、ビアトリクス・ポター(1866~1943年)。いまも大…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

『TAXi④』

フランスで2700万人が観た!! 爆発的大ヒットシリーズ最新作、日本上陸!  “新感覚カー・アクション”として全世界のド肝を抜き大ヒットした『TAXi』から9年、その勢いはさらに加速、シリーズ4作合計のべ2700万人の動員を達成!! 待ちに待った大ヒット・シリーズが帰ってきた! 2月14日のフランス公開は、熱狂的なファンに迎えられ8…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

「お知らせ」

ただいまPCが故障のため、記事作成、コメントの返事等、滞っています。復旧の目処がまだたっておりません。ご迷惑をおかけします。しばらくお待ちくださいませ。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『ダイ・ハード4.0』

ハリウッド期待の新鋭監督と若き共演者を迎え、“バージョン・アップ”  企画段階から意欲満々で本作に取り組んだブルース・ウィリスは、現在52歳とは思えない引き締まった肉体とスキンヘッドの精悍な風貌で登場。過激なアクション・シーンを気迫たっぷりにこなしつつ、マクレーン独特の無鉄砲さとユーモア、そして年を重ねて…
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

『アポカリプト』

前人未踏の神話アクション・アドベンチャー  『ブレイブ・ハート』(95)でアカデミー賞を受賞し、『パッション』(04)でセンセーションを巻き起こしたメル・ギブソン。映画監督してつねに新たな可能性を追求する彼が、再び衝撃的な作品を製作した。マヤ文明が崩壊する激動の時代を舞台にした、血沸き肉踊る神話アクション・アドベンチャー『アポカリプト…
トラックバック:12
コメント:12

続きを読むread more

『映画人気ランキング』(アクション編)

『ダイハード4.0』公開記念ということで、今回はアクション映画の人気度・ランキングにスポットを当ててみようと思います。日常生活では味わえない、カーチェイスや銃撃戦、マッチョな肉体同士の格闘バトルなどアクション映画ならではの興奮を約束してくれる上位ランキング作品! それでは早速、栄光の第1位は♪やっぱりこの映画『ダイ・ハード』(88)で…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

『300』(スリーハンドレッド)

最強の男たちとともに、桁違いの映像革命、誕生! そこでは、戦えない子どもは谷底に捨てられ、成人の儀式では飢えた猛獣に独り敢然と立ち向かわねばならない。生き残った者だけが一人前と認められる過酷にして厳格なルールのもと男たちは育てられ、世界史上類を見ないとてつもない国家を作り上げた---それが、スパルタだ。侵略をもくろむペルシア帝国1…
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more

『雪にねがうこと』

もとは農耕馬だったという輓馬(ばんば)たちが数百キロ以上もあるソリを曳きながら障害を越える、北海道の開拓精神が生んだレース”ばんえい競馬“。 巨体を前かがみにしながらありったけの力を尽くす輓馬は、ときに歩みを止め、呼吸を整えがら、ゆっくりと確実に進んでいく。 そんな馬たちに、つまずきながらも明日を見つめて生きていこうと奮闘するひとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スパイダーマン3』

 スパイダーマンが黒に染まる。  待望のシリーズ最新作『スパイダーマン3』では、スパイダーマンが謎の黒い液状生命体に取りつかれ、赤と青のコスチュームを黒に染められてしまう。ブラック・スパイダーマンとなったピーター・パーカーは、今まで以上のパワーを手にするが、同時に自身の心まで黒に染めていく。憎悪や高慢、怒りといった悪の感情が湧きあがり…
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more

『バベル』

神よ、これが天罰か。 言葉が通じない。心も伝わらない。想いはどこにも届かない。 かつて神の怒りに触れ、言葉を分かれた人間たち。 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことができないのか? モロッコの片隅で偶然放たれた一発の銃弾がアメリカ、メキシコ、日本の孤独な魂をつなぎ合わせてゆく。 耳を澄ませば聴こえてくるはずだ。初めて世界に…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

『ロッキー・ザ・ファイナル』

1976年、アメリカ建国200周年のこの年に、2つの名前が知れ渡った。ロッキー、そしてスタローン。 『タクシードライバー』『ネットワーク』『大統領の陰謀』といった強力なライバル作を退け、見事に1976年のアカデミー作品賞に輝いたその映画は、当時無名の俳優が書き上げた脚本を、彼自身の主演で映像化した低予算作品だった。 無名のボクサーが…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more

『ロッキー4 炎の友情』

先日、日曜洋画劇場にて放映しておりました。シルベスター・スタローン監督・主演のシリーズ4作目です。『ロッキー』は1976年に公開され、同年度アカデミー作品賞を受賞しました。以後、『ロッキー2』『ロッキー3』と本作、さらに『ロッキー5 最後のドラマ』と続き、現在公開中の『ロッキー・ザ・ファイナル』でシリーズ完結になります。私がシリーズの中…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

『2006年度興行収入ランキング~いまさらやけど』~そして2007年は・・・

今年も早や4ヶ月が経ち、アカデミー賞も終わり、続々と待ち遠しい映画が公開されてきますがその前に、ちょっと昨年を振り返ってみましょうか・・・ 2006年度外国映画興行収入ランキング 順位 作品名(億円) ハリー・ポッターと炎のゴブレットパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストダ・ヴィンチ・コードナル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『M:i:Ⅲ』

『ミッション:インポッシブル』という映画をご存知ですか? 『M:i:Ⅲ』はこのシリーズの3作目で、3作ともトム・クルーズがプロデュース兼主演をしています。 監督は3作とも違っていて、本作はTVシリーズ『LOST』『エイリアス』を手掛けたJ.J.エイブラムスが抜擢されています。 今回、前2作と違うのはトム演じるイーサン・ハントが結婚…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

『レオン』~誕生物語

『レオン』を知るにはまず『ニキータ』の物語を知っていなくてはならない。ヴィクトル、『ニキータ』の掃除人。ヴィクトルが存在したのはほんの10数分程。 もちろん、演じたのジャン・レノです。 ヴィクトルが生まれたのは、真夏のある日、パリの道すがら、ある建物の表玄関でのことだった。年の頃50代…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

「昭和なつかし博覧会」

先月、地元の博物館で「昭和なつかし博覧会」なるものが、開催されていたので行ってみました。 生まれてからずぅーっと住み続けている町なので、なつかしく想うのはこの町だけです。 永く住み続けているからか、ホント変わり映えのしない町だなーと思っていましたが、昔からすると、けっこう変わっているもんですね~! 今でこそ、シネコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『DEJA VU(デジャヴ)』

「デジャブ」=「既視感」・・・初めて体験することなのに、以前にどこかで体験したような、奇妙な感覚。会った事も無いのに以前にどこかであった事があるような場面が頭に浮かんできたりすること スリルと緊張感が物語の全面的に散りばめられた映画です。いきなりの爆発シーンから始まり、一気に観客をその物語の中に惹きこんで行…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more