テーマ:(ア)行

『アイアンマン2』

 2008年、全米でウルトラヒットとなり、全世界で5億8500万ドル(約600億円)の興行収入を記録した『アイアンマン』。特殊能力を持たない普通の男という主人公のユニークなキャラクター設定や人間味、ヒネリの効いたアップテンポのストーリー展開、パワードスーツのクールなビジュアル、迫力のVFX映像は、多くの観客を熱狂させ、魅了した。そして2…
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』

 タイムリミットまで、あと12時間!! ミクロになって、魔王の手から世界を救え! 3Dと模型を組み合わせる3Dライブアクション。この技法が生み出したリアルな映像世界が話題を呼んだファンタジー・アドベンチャー『アーサーとミニモイの不思議な国』。 第2章となる今回は、マジカルでスリル感満載の物語が、遥かにスケールアップ! 人間の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

『インビクタス/負けざる者たち』

 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。  誰もが驚くのはこれが実話だということ。そしてほとんど知る人がいないこと。“インビクタス”とは、マンデラが…
トラックバック:41
コメント:4

続きを読むread more

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

驚異的な治癒能力と高度な戦闘能力、すべてを斬り裂く超合金の爪を武器に持つ危険な男、ウルヴァリン。最強にして、謎めいた過去を持つ孤高のヒーローの、壮絶かつ壮大な知られざる物語が、遂に封印を解かれる――。 ローガン/ウルヴァリンを演じるのは、この役によってブレイクしたヒュー・ジャックマン。映画やブロードウェイの舞台で活躍し、最近では「…
トラックバック:26
コメント:4

続きを読むread more

『ウォッチメン』

アメコミ史上最高傑作グラフィックノベル1985年、もうひとつのアメリカ。マスクをつけたヒーローたちの尽力により、ベトナム戦争に勝利したアメリカでは、リチャード・ニクソンが大統領の座に居座り続けていた。ソビエト連邦との緊張関係は沸点に達し、核戦争が現実の様相を帯びている。世界の終わりを告げる時計は深夜O時5分前を指し、自警活動を違法とする…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

『WALL・E』

彼の名はウォーリー 地球型ご処理ロボット。 700年もの間、 人間のゴミを片付け続ける ―――どんなときも、たったひとりで。 昨年観た映画ですが、昨年中にUPできなかったので、2年越しの記事です。 映像がすごくきれいです。さすがピクサーと申しましょうか。 正直、ピクサー映画を観るのは、『モンスターズ・インク』以来かも知れま…
トラックバック:23
コメント:4

続きを読むread more

『アイアンマン』

 2008年5月2日に全米4,015館で公開され、週末3日間で興行収入1億ドル突破を記録した『アイアンマン』。この驚異的な記録は、米公開時2008年度全米オープニング興行収入1位、さらに続編・シリーズものではない作品として、全米オープング興行収入歴代2位を記録(因みに歴代1位は2002年公開の『スパイダーマン』)しメガヒット。またこの勢…
トラックバック:5
コメント:7

続きを読むread more

『ウォンテッド』

アキレスの時代以来 神の変わり「運命の意思」を実践してきた 秘密の暗殺組織“フラタニティ” 君は、その王位継承者である 羊のように群れて生きるか それとも潜在意織のなかの狼を目覚めさせるか 逃れようとしても無駄だ すでに運命は選択されているのだ 我々の目的は世界の秩序を守ること “1を倒して、1000を救う” …
トラックバック:12
コメント:26

続きを読むread more

『インクレディブル・ハルク』

 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレディブル(驚くべき、信じられない)”な本作。そのキャストもBIGスターが名を連ねた。…
トラックバック:18
コメント:8

続きを読むread more

『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』

本年度のゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞し、アカデミー賞の主演女優賞、脚色賞の2部門にノミネートされた、美しくち切攻い愛の物語。  『スウィートヒアアフター』や『死ぬまでにしたい10のこと』などで注目され、“過去10年間でカナダが生んだもっとも偉大な役者のひとり”と評価される女優サラ・ポーリー。短編で監督としての手腕を発揮してきた…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

この夏、世界中の映画ファンが待ち望んだ、巨大なエンターテイメントの幕が開ける!!  ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ。誰もが認めるハリウッド最強・最高の実力者。その二人が1977年のハワイで誓った初の共同企画は『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』として1981年に実現し次々と興行記録を塗り替えた。…
トラックバック:13
コメント:11

続きを読むread more

『エリザベス:ゴールデンエイジ』

敵を制し、愛を制し、国を制した 女王の物語 1998年、ジェシカール・カブール監督作『エリザベス』。 革命的な一作との評価を得て、世界の映画賞16部門を制した。 その革命から9年後・・・カブール監督の新たな挑戦がここに!! 最初はそんなに観ようと思っていたわけじゃないのですが、宣伝と予告編でだんだんと観てみたいと思い映画…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

『ウォーター・ホース』

 ネス湖に眠った、ひとりぼっちのふたりの想い。世界で最も有名な“1枚の写真”に隠された、孤独なふたつの魂の出逢いと別れの物語。 『ベイブ』の原作で知られる、イギリスを代表するベストセラー作家の夢あふれる小説を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞に輝いたスタッフが完全映画化。神秘が眠る国スコットランドの美しい風景を舞…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

『アーサーとミニモイの不思議な国』

巨匠リュック・ベッソンを虜にしたファンタジー・ワールド 『レオン』(94)、『フィフス・エレメント』(97)のリュック・ベッソン監督最新作は、少年アーサーが体長2mmのミニモイ族の世界に入り込むという、驚異のファンタジー・アドベンチャー大作。いまだかつてない<ライヴアクション>と<3Dアニメーション>の融合が未体験の感動をもたらす…
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

『アポカリプト』

前人未踏の神話アクション・アドベンチャー  『ブレイブ・ハート』(95)でアカデミー賞を受賞し、『パッション』(04)でセンセーションを巻き起こしたメル・ギブソン。映画監督してつねに新たな可能性を追求する彼が、再び衝撃的な作品を製作した。マヤ文明が崩壊する激動の時代を舞台にした、血沸き肉踊る神話アクション・アドベンチャー『アポカリプト…
トラックバック:12
コメント:12

続きを読むread more

『エラゴン~遺志を継ぐ者』

先月『エラゴン~遺志を継ぐ者』を観てきました。 私は結構ファンタジー系が好きなのでこの類は良く観ています。 物語の主人公(17歳の少年)の名前がエラゴンです。最初タイトルを聞いたときは てっきりドラゴンの名前だと思っていました。 このエラゴンがある日、ドラゴンの(青い)卵{%e…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more