テーマ:HOT CINEMA

『ドラゴン・キングダム』

これほどニュースに溢れた映画が他にあるだろうか。現代のアクション映画を牽引する2大巨頭、ジャッキー・チェンとジェット・リー。決してかなわないと思われた夢のコラボレーションがハリウッドの手によってついに実現した。公開前から、その話題性は全世界を席巻、2大スターが揃った北京プレミアの情報は世界のメディアを賑わし、4月18日の全米公開では、3…
トラックバック:11
コメント:6

続きを読むread more

『崖の上のポニョ』

Impressions...5歳にでもわかるように作ったというこの作品。確かにそう言われればそうなのかも。ホントに? すべて鉛筆で描くという原点にもどって絵を動かす手法は、一本一本の線が丁寧に描かれ優しさのようなもの感じてきます。マジで? ではストーリーの方はどうでしょうか?5歳にもわかるということで、どちらかというと感覚で…
トラックバック:13
コメント:9

続きを読むread more

『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』

本年度のゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞し、アカデミー賞の主演女優賞、脚色賞の2部門にノミネートされた、美しくち切攻い愛の物語。  『スウィートヒアアフター』や『死ぬまでにしたい10のこと』などで注目され、“過去10年間でカナダが生んだもっとも偉大な役者のひとり”と評価される女優サラ・ポーリー。短編で監督としての手腕を発揮してきた…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

『奇跡のシンフォニー』

僕の“家”では……みんなが音楽を邪魔した。 でもひとりだと音楽はわき起こる。 もし僕に演奏ができたら伝わるかも。 パパとママに“僕はここ”と。 ひどい仕打ちも受ける。 でも音楽を信じてる。 おとぎ話を信じるように。 僕の心の音楽は、両親からの贈り物だ。 きっとパパとママが出会った夜に聞いた音。 音楽がふたりを結びつ…
トラックバック:6
コメント:12

続きを読むread more

『つぐない』

あなたを愛しています。私のもとに帰ってきて…。 壮大なスケールで描く切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン イギリス本国のみならず、現代文学を代表するブッカー賞作家イアン・マキユーアンの最高傑作として名高い世界的ベストセラー「贖罪」(新潮社刊)の完全映画化が遂に実現しました。  その構成の緻密さ、文学性の高さゆえ映像化は困難と…
トラックバック:19
コメント:4

続きを読むread more

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

この夏、世界中の映画ファンが待ち望んだ、巨大なエンターテイメントの幕が開ける!!  ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ。誰もが認めるハリウッド最強・最高の実力者。その二人が1977年のハワイで誓った初の共同企画は『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』として1981年に実現し次々と興行記録を塗り替えた。…
トラックバック:13
コメント:11

続きを読むread more

『ランボー 最後の戦場』

混迷の21世紀。 “世界最強の一人軍隊(ワンマンアーミー)”が帰ってきた。 最後の戦場は、男に何を与え、何を奪うのか? アクション映画の歴史を変えた大ヒットシリーズ、遂に衝撃の決着へ!  1982年、一人の男が、ヒーローの歴史を変えた。それまでの完全無欠なスーパーヒーローではなく、深い悲しみを胸に抱くベトナム帰還兵が、全…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

『最高の人生の見つけ方』

末期ガンで、余命6ヶ月。 そう宣告されたら、 誰もが後はもう待つだけと思うだろうか? ところがこのふたりの場合、人生は、 終わりを知った瞬間から輝きだした。 それも、今までなかったほど溌剌と!  ジャック・ニコルソンと、モーガン・フリーマン、アカデミー賞受賞とノミネート、ふたり合わせて16回、まさしくハリウッド最高の名優…
トラックバック:11
コメント:12

続きを読むread more

『NEXT』

わずか2分だけの予知能力で、世界が救えるのか? 予知能力を持つ男。見えるのは自分の未来。そして、LAを脅かす核爆弾テロ――。  秒刻みで展開されるスリルとアクション、加えてロマンスやコミカルな要素もたっぷりと盛り込まれた本作『NEXT-ネクスト-』の原作は、『ブレードランナー』、『トータル・リコール』、『ペイチェック消された記憶…
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

『紀元前1万年』

『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が、ついにその照準を過去に向けた! アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、20世紀最高裁大の傑作とも称された大ヒット作『インデペンデンス・デイ』、そして21世紀の今まさに起こりうる近未来を描き、全世界を凍りつかせた『デイ・アフター・トゥモロー』。 その視…
トラックバック:13
コメント:8

続きを読むread more

『クローバーフィールド/HAKAISHA』

2007年7月2日の夜、映画史上前代未聞の映像が何の前触れもなく、全米の映画館で一斉に解禁となった。ニューヨークの街が正体不明の巨大な“何か”に蹂躙される衝撃映像と、断片的な映像のみで構築されたドキュメンタリー・タッチのティザー・トレーラー(特報)が、全米で3億ドルを超えたメガ・ヒット作『トランスフォーマー』の上映館に出現したのである。…
トラックバック:15
コメント:4

続きを読むread more

『君のためなら千回でも』

全米300万部を超える大ベストセラー小説の映画化! 『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォースター監督が贈る感動巨編 2003年、その衝撃が世界中を感動の渦に巻き込んだ。無名の新人作家カーレド・ホッセイニのデビュー作がNYタイムズ・ベストセラーリストに64週間ランクイン。あまり知られていないアフガニスタンの生活を舞台に「…
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

『エリザベス:ゴールデンエイジ』

敵を制し、愛を制し、国を制した 女王の物語 1998年、ジェシカール・カブール監督作『エリザベス』。 革命的な一作との評価を得て、世界の映画賞16部門を制した。 その革命から9年後・・・カブール監督の新たな挑戦がここに!! 最初はそんなに観ようと思っていたわけじゃないのですが、宣伝と予告編でだんだんと観てみたいと思い映画…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

『テラビシアにかける橋』

『ナルニア国物語』のスタッフが再び集結し、児童文学の最高傑作を完全映画化! 『テラビシアにかける橋』は、子どもたちが抱える葛藤や喜び、かけがえのない友情、想像力のすはらしさと勇気、そして生命の尊さを謳った、心を揺さぶる真の珠玉作だ。原作は、「子どもの本のノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞など数々の賞を受賞したキャサリン・パターソ…
トラックバック:8
コメント:10

続きを読むread more

『ウォーター・ホース』

 ネス湖に眠った、ひとりぼっちのふたりの想い。世界で最も有名な“1枚の写真”に隠された、孤独なふたつの魂の出逢いと別れの物語。 『ベイブ』の原作で知られる、イギリスを代表するベストセラー作家の夢あふれる小説を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞に輝いたスタッフが完全映画化。神秘が眠る国スコットランドの美しい風景を舞…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

『ニュー・シネマ・パラダイス』

この映画は私の中ではかなりのお気に入り作品のひとつです。けっこう有名な作品なので観た人も多いと思います。 昨年、久しぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する作品はそうあるものではありません。 まだ観たことない人は是非一度ご覧になってください。  Story... 1980年代のローマ。成功した中年の映画監…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』

今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。 R-15指定ということでまずは思わず館内に入ってくる人を横目でチェック! 「微妙やな~お前ら15なってるんかい!」とか「ジョニー・デップが出てるからってだけで観に来てるんやろ?R-15やから気つけろよ!」とか心の中でウダウダ云いながら、いざ鑑賞。 案の…
トラックバック:31
コメント:20

続きを読むread more

『ベオウルフ/呪われし勇者』

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01~03)にも匹敵する壮大なストーリー、『300』(06)をも凌駕する刺激に満ちたアクション。 最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす! 最新の映像技術のもとに初めて実現した驚異のアクション・ファンタジー『ベオウルフ/呪われし勇者』。 アカデミー賞監督ロバート・ゼメキ…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

『スターダスト』

豪華俳優陣演じるユニークなキャラクターたちが贈る、愛と冒険のファンタジーが誕生!  いま映画界を席巻するファンタジー・ブームの中、最新作『スターダスト』はストーリーも登場人物もひときわ異彩を放つ作品である。夢と空想の鈍エンターテインメントでありながら、シニカルでエッジの効いた魅力はこれまでと一線を画している。果たしてその世界観とは…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

『グッド・シェパード』

ロバート・デ・ニーロ13年ぶりの監督第2作  『ゴッドファーザー PART II』と『レイジング・ブル』で2度のアカデミー賞を受賞し、“現代最高の名優”と謳われるロバート・デ・ニーロ。その妥協のない演技スタイルによって”デ・ニーロ・アプローチ”という言葉を生み出し、後に続く映画スターにも多大な影響を与えた彼は、地元NYでトライベッカ映…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

『ローグアサシン』

世界に名を轟かす、伝説の殺し屋“ローグ”とは何者なのか? 戦闘マシーン、ステイサムVSジェット、 謎に彩られた、迫真のバトル・エクスプロージョンが詐裂! 当代最高のアクションスター、東の『英雄~HERO』ジェット・リーと西の『トランスポーター』ジェイスン・ステイサム。ここに、夢の対決が実現!伝説の暗殺者ローグと復讐に燃える…
トラックバック:5
コメント:14

続きを読むread more

『パンズ・ラビリンス』

現実と幻想が表裏一体となったギレルモ流ラビリンスヘようこそ! 〈3つの試練〉を乗り越え、オフェリアと永遠の幸せを探す旅へ。 残虐なファシストに対しレジスタンスの火の手が上がる恐ろしい現実世界と、オフェリアの無垢な心が生んだ童話的世界をメビウスの輪のようにつなぎ合わせた、スペインの鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の“ラビリンス(迷宮)…
トラックバック:11
コメント:12

続きを読むread more

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』

 「スパイダーマン」より長い歴史を誇り、「X-MEN」よりも早く集団ヒーローの歴史に名を刻んだマーベル・コミックスの最高峰「ファンタスティック・フォー」。2005年、待ち望まれていたその映画版『ファンタスティック・フォー[超能カユニット]』は原作のファンを熱狂させるのみならず、コミックに馴染みのない観客をも魅了してファン層を拡大した。そ…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

『アーサーとミニモイの不思議な国』

巨匠リュック・ベッソンを虜にしたファンタジー・ワールド 『レオン』(94)、『フィフス・エレメント』(97)のリュック・ベッソン監督最新作は、少年アーサーが体長2mmのミニモイ族の世界に入り込むという、驚異のファンタジー・アドベンチャー大作。いまだかつてない<ライヴアクション>と<3Dアニメーション>の融合が未体験の感動をもたらす…
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

『ミス・ポター』

111カ国で1億部のベストセラー! 100年を超えて世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」 その誕生に秘められた感動の物語優秀な才能たちが贅沢に表現する、一途に生きた女性の心 英国ヴィクトリア朝の保守的な気風が色濃い時代に、当時としては珍しく職業を持って自立した女性、ビアトリクス・ポター(1866~1943年)。いまも大…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

『TAXi④』

フランスで2700万人が観た!! 爆発的大ヒットシリーズ最新作、日本上陸!  “新感覚カー・アクション”として全世界のド肝を抜き大ヒットした『TAXi』から9年、その勢いはさらに加速、シリーズ4作合計のべ2700万人の動員を達成!! 待ちに待った大ヒット・シリーズが帰ってきた! 2月14日のフランス公開は、熱狂的なファンに迎えられ8…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

『ダイ・ハード4.0』

ハリウッド期待の新鋭監督と若き共演者を迎え、“バージョン・アップ”  企画段階から意欲満々で本作に取り組んだブルース・ウィリスは、現在52歳とは思えない引き締まった肉体とスキンヘッドの精悍な風貌で登場。過激なアクション・シーンを気迫たっぷりにこなしつつ、マクレーン独特の無鉄砲さとユーモア、そして年を重ねて…
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

『アポカリプト』

前人未踏の神話アクション・アドベンチャー  『ブレイブ・ハート』(95)でアカデミー賞を受賞し、『パッション』(04)でセンセーションを巻き起こしたメル・ギブソン。映画監督してつねに新たな可能性を追求する彼が、再び衝撃的な作品を製作した。マヤ文明が崩壊する激動の時代を舞台にした、血沸き肉踊る神話アクション・アドベンチャー『アポカリプト…
トラックバック:12
コメント:12

続きを読むread more

『300』(スリーハンドレッド)

最強の男たちとともに、桁違いの映像革命、誕生! そこでは、戦えない子どもは谷底に捨てられ、成人の儀式では飢えた猛獣に独り敢然と立ち向かわねばならない。生き残った者だけが一人前と認められる過酷にして厳格なルールのもと男たちは育てられ、世界史上類を見ないとてつもない国家を作り上げた---それが、スパルタだ。侵略をもくろむペルシア帝国1…
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more

『スパイダーマン3』

 スパイダーマンが黒に染まる。  待望のシリーズ最新作『スパイダーマン3』では、スパイダーマンが謎の黒い液状生命体に取りつかれ、赤と青のコスチュームを黒に染められてしまう。ブラック・スパイダーマンとなったピーター・パーカーは、今まで以上のパワーを手にするが、同時に自身の心まで黒に染めていく。憎悪や高慢、怒りといった悪の感情が湧きあがり…
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more